携帯サイト


 

アクセスカウンタ

980997人目のお客様です。

気象災害交通障害への対応

気象災害・交通機関の異常等に対する対応

A 気象災害等に対する対応

1 千葉県北西部(東葛飾地区)に
ア 大雨警報および暴風警報が同時に発令されている場合。(波浪警報・洪水警報は除く) 
イ 暴風雪警報または大雪警報が発令されている場合。
(1) 午前7時で上記警報が発令されている場合 ※自宅待機
(2) 午前10時までに警報が解除になった場合(注意報に変わった場合を含む) ※12時30分に登校としSHR後,12時45分より午後の授業
(3) 午前10時の時点で警報が発令中の場合 ※臨時休校

2 午前7時00分または午前10時00分における警報発令の有無についてはNHKのニュースまたは気象庁のホームページによる。

3 警報解除後において気象災害等によりやむを得ず遅刻,欠席した者については事実を確認の上,遅刻,欠席の扱いとしない。

B 交通機関の異常に対する対応

1 東武野田線(柏〜船橋間)が不通の場合または,JR総武線・新京成電鉄・京成電鉄のうち2つが同時に不通の場合
(1) 午前7時で上記路線が不通の場合 ※自宅待機
(2) 午前9時までに上記路線が開通した場合 ※11時30分に登校としSHR後,11時45分より午前中1時限,および午後の授業(昼休み有り)
(3) 午前9時の時点で上記路線が不通の場合 ※臨時休校 

2 上記以外の路線(東西線・JR武蔵野線・北総線・東葉高速鉄道 等)やバス路線が不通の場合は臨時休校とはならない。

3 交通機関の異常によりやむを得ず遅刻,欠席した者については事実を確認の上,遅刻,欠席の扱いとしない。