外部リンク

    PDFファイルについて

    このWebページでは
    一部PDF形式のファイルを利用しております。
    PDF形式が閲覧できない場合は
    お手数ですがこちらから

    Adobe Acrobat Reader

    をダウンロードしてください。

    Adobe Acrobat Readerの
    ダウンロード

     

    携帯サイト

     

    アクセスカウンタ

    トータル398053

    感染防止更新情報

    5月14日(木)
    メニューの
    「コロナウィルス対応」ページに、「レポートの提出について」が掲載されています。重要な内容なので必ずご確認ください。

    5月11日(金)Ⅱ
    メニューの「コロナウィルス対応」ページに、「臨時休校中の本校の教育活動について(お知らせ)」が新たに更新されました。ご覧ください。

    5月11日(金)Ⅰ
    メニューの「保健室より」のページに、休校に伴う定期健康診断の延期についての情報(PDFファイル)が更新されました。

    5月1日(金)Ⅱ
    追加情報です。
    メニューの「コロナウィルス対応」ページに、「緊急事態宣言に係わる5月11日(月)以降の対応について」が新たに更新されました。ご覧ください。


    5月1日(金)Ⅰ

    メニューの「コロナウィルス対応」ページに、「今後のスクーリング等について」が更新されました。ご覧ください。
     

    2020年度 学校説明会のお知らせ

    2020年度の学校説明会は以下の
    日程で開催される予定です。
    受付時間 13:30~
    開始時間 14:00~
    となります。

     回 日程 曜日
    第1回 4月17日 金
    感染防止のため中止とさせていただきます。 
    第2回 5月22日 金
    感染防止のため中止とさせていただきます。 
    第3回 6月26日 金
    感染防止のため中止とさせていただきます。  
    第4回 7月17日 金
    第5回 8月14日 金
    第6回 9月18日 金
    第7回 10月15日
    第8回 11月27日 金
    第9回 12月18日 金
    第10回 1月7日 木
    第11回 2月2日 火
    第12回 3月22日 月
    ※事前予約は必要ありません。疑問点等が
    ある方は、説明会後に個別相談も予定しています。




    「だれでも いつでも どこでも学べる学校!」
     

    令和2年度 一期入学者選抜の選抜・評価方法

     令和2年度一期入学者選抜の評価方法については、以下のPDFファイルを
    ご覧ください。

    R2一期入学者選抜評価方法.pdf
     

    令和2年度 二期入学者選抜の選抜・評価方法

     令和2年度二期入学者選抜の評価方法については、以下のPDFファイルを
    ご覧ください。

    R2二期入学者選抜評価方法 .pdf
     

    令和2年度入学者選抜におけるインフルエンザ等への対応

     令和2年度入学者選抜における千葉大宮高等学校の対応については、
    以下のPDFファイルをご覧ください。


    R2入学者選抜のインフルエンザ等の対応).pdf
     

    令和元年台風15号・19号、10/25大雨被災者に対する入学検査料減免について

    令和元年度台風15号及び台風19号、10月25日の大雨で被災された方(お子様)が令和2年度千葉県県立高等学校入学者選抜を受検する場合、入学検査料が減免されます。詳しくは以下のリンクから千葉県教育委員会の該当ページをご覧ください。

    https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shidou/press/2019/koukounyuushi/011217genmen.html
     

    千葉大宮通信制ブログ

    千葉大宮高校と通信制について紹介します!
    12345
    2020/06/02new

    スクーリングのスタートへ向けて

    | by 管理者

    全日制の高校などはすでに昨日から分散登校を始めていますが、本校も7日()からの第5回スクーリングを始められるよう様々な準備を進めています。

    開始の際に気を付けることを文科省や県からいろいろ求められているのですが、検温が一つのポイントになっています。小中学校などでは、おそらく毎朝自宅で検温して表に書いて登校時に持参するような形をとっていると思いますが、通信制で同様のことを行うのはなかなか難しく、工夫が必要です。詳しくは、方法がまとまったらお知らせしますが、少なくとも毎朝自分の体温を測って、普段の平熱を知っておくことを含め健康観察(記録も)を続けてほしいところです。

    きょうは館山総合高校水産校舎で協力校スクーリングが行われます。体育と書道の集中スクーリングなので本当に少人数ですが、順調に進められることを願っています。


    10:00 | 投票する | 投票数(4)
    2020/06/01new

    雨に降られずに済みました

    | by 管理者

    マルチチャレンジサポートプログラム、高所作業車の運転講習が終わりました。密を避けるため一人ずつ操作を行う形をとったことから、全員が終わるまで時間がかかりましたが、その間雨は降らず、かえって日差しの強い日よりも快適に行えたのではないかと思います。

    アームを伸ばすと4階に届くくらい高いところまで持ち上げられるので、高いところが平気な人はとても楽しかったでしょう。私は見ているだけで足が固まってしまいました。
    何かにチャレンジすることは、面倒なことでもありますが、できるうちにやっておかないと、とても後悔することになります。これからもチャンスがあったらチャレンジしていきましょう。
    17:07 | 投票する | 投票数(3)
    2020/06/01new

    マルチチャレンジサポートプログラム 2日目です

    | by 管理者

    昨日に引き続き、プログラムが開始されました。今日は屋外で実技研修。雨の予報なので、ひさしが張り出した昇降口で行うことになりました。風もなく、少し涼しい感じもしますが、受講生の皆さんは作業車を囲んで真剣に説明に聞き入っています。講師の方もたいへんていねいに説明してくれます。このあと、実際にひとりひとり操作を体験することになります。今のところ雨は降ってきていないので、このまま雨に降られずに全員の研修が無事に済んでほしいと思います。


    10:08 | 投票する | 投票数(2)
    2020/05/31new

    マルチチャレンジサポートプログラムを実施しています

    | by 管理者

    毎年この時期に行われる資格取得のこの企画は、一般財団法人 労働安全衛生管理協会の全面的な支援の下、2日間にわたって行われる講習会です。

    今回は、高所作業車の資格を取得するもので、23名の受講生が集まり、新型コロナウイルスの感染拡大防止に関する色々な手立てが行われる中、講習を受けています。今日は座学を主に行い、明日は実技、その他検定試験を実施し終了となります。午前中いっぱい、みっちり講習を受け、午後からも連続して講義を受けます。

    昨年の秋は次々と台風がやってきて、電線が切れ長期にわたる停電がみんなを悩ませました。このとき復旧作業で活躍したのは、高いところまで届くバケットのついた作業車でした。この作業車を運転する資格を取得するのが今回のプログラム。受講者が全員合格してくれることを期待しています。


    14:13 | 投票する | 投票数(2)
    2020/05/29new

    生徒の皆さんへのお知らせを郵送しました

    | by 管理者

    昨日までに、いろいろな準備を重ねて、全職員の会議を経てお知らせの内容が定まりました。なるべくわかりやすいよう、丁寧に説明したことから、3枚にわたってしまいましたが、最も大切なことを絞って「学校再開後の前期スクーリング等の開始と学習活動の転嫁について」を作成しました。さきほど、約1000通の封筒づめが終わり、郵便局に出したところです。

    内容は、直接届いたものを読んでもらうこととして、作成の際にいろいろな通知や新聞等に目を通しながら、どれほど今回の新型コロナウイルスの騒動が深刻な影響をわれわれに与えているかを実感しました。生活そのものを維持できなくなり学校どころではなくなってしまうケースもあるかもしれません。公立高校なので学費はかなり廉価に抑えられるものの、登校となると交通費は大きく、行きたくても行けない場合などもあるでしょう。学校から手を差し伸べる手立てが必要、と、職員はみな色々な工夫を考え出し検討しているところです。

    6月から県内の高校はどこも学校再開となり、本来の学習の形へ戻るステップを踏み始め、たくさんの生徒が動き始めます。本校の痛いところは、他の高校生の学習活動が自分の参考になりにくいことでしょう。通信制だけが持つ利点や問題点があり、誰かに相談しようとしても誰かから相談されても、回答を見い出しにくいのです。したがって、学習活動で困ったときに相談するのは本校の職員が一番です。生徒も一人一人、事情は異なりますし困っている事柄もいろいろですが、困ったら確かな相手に相談することです。

    相談する力も、生きる力の一つだと思います。ただし、問題を整理する努力も大切で、よくしおりやお知らせを読んで、困っていることの核心を自分でとらえてしっかり相談相手に説明する努力も大切。ポイントを紙に書いてから電話するなどの工夫を…私もよくやります。

    やめてしまおうかな、と思う前に、やれることはやってみて、それからまた考えましょう。時間はかかっても、その時間は有効活用された時間になると思います。そんな時間の積み重ねが、人生を素敵なものにしてくれるのかもしれません。
    14:22 | 投票する | 投票数(14)
    12345