お知らせ

            千葉県立千葉西高等学校 部活動に係る活動方針 
                                                                                
                                                          千葉県立千葉西高等学校

平成30年3月スポーツ庁策定の「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」、同年6月千葉県教育庁体育課改訂の「安全で充実した運動部活動のためのガイドライン」及び同年12月文化庁策定の「文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」、平成31年3月千葉県教育委員会策定の「持続可能で充実した文化部活動のためのガイドライン」に則り、本校の部活動に係る活動方針を以下のとおり定める。                                                                    


1 本校の教育目標
 自立した生徒の育成

2 本校における部活動の基本方針
(1)基本的な考え方
①部活動をとおして、豊かな学校生活を送るとともに、自主的自律的に行動できる規範意識を身に付ける。
②スポーツや文化等に親しむことで学習意欲の向上や責任感、連帯感を醸成する。
③地域に信頼される学校づくりの一環として、地域行事への参加等に取り組む。

(2)適切な運営のための体制整備
①生徒や教員の数・施設等を鑑みて適正な部活動を設置する。
②顧問の決定に当たり、校務全体が効率的に実施されるよう、他の分掌や経験等を考慮する。併せて、学校全体としての適切な指導・運営及び管理を行う。
③部活動ごとに活動目標を定め、活動計画及び活動実績を提出・公表する。原則として、活動計画は年間(または半期)単位で、活動実績は毎月単位とする。
④指導方法や安全対策等の研修機会を通じて、指導者としての資質向上に努める。
⑤経費の徴収や会計報告の作成等、会計処理に係る事項はルールに則り適切に対応し説明責任を果たせるよう努める。
⑥教員の勤務時間管理と併せ、顧問の負担が過度にならないよう努める。

(3)効果的な活動の推進
①生徒の心身の健康管理や事故防止に万全を尽くすとともに、体罰・ハラスメントの根絶を徹底する。
②活動目標や特性を踏まえた合理的でかつ効率的・効果的な練習方法の積極的な導入等により、短時間で効果が得られる指導を行う。
③発達段階や能力・適性を見極めるとともに、健康状態を確認しながら個に応じた指導を行う。

(4)適切な休養日等の設定
①学期中は、週2日程度の休養日を設ける。このうち少なくとも1日は土曜日及び日曜日(以下「週末」という。)に設ける。大会等のために週末に活動した場合は、他の日に休養日を振り替えるようにする。
②長期休業中は、学期中に準じた扱いとするが、生徒が十分な休養を取ることができるよう、まとまった休養期間を設ける。
③1日の活動は、平日は2時間程度とし、週末を含む学校の休業日は3時間程度とする。
(ただし、活動時間には、準備、片付け、ミーティング等の時間は含まない。)
④各部活動の実態に応じて、生徒の健康や安全に配慮して、月間、年間(または半期)単位での活動頻度・時間の目安を定める工夫も可とする。
⑤生徒の学習時間が確保できるよう、定期考査一週間前から部活動停止とする。ただし、大会等がある場合は、許可を得て活動する場合がある。