ようこそ! 千葉西高校のホームページへ

校 長 挨 拶
~新しい時代を生き抜く『自立する青年』の育成~

            千葉県立千葉西高等学校長  永野 憲徳

 本校は昭和59年4月に開校しました。昭和50年代には千葉県内で市立高校を含めると実に61校もの高等学校が開校しました。本校の開校は時期的にはその後期にあたり、県下の公立高校の中では比較的若い学校の一つということになっています。
 本校はその名のとおり千葉市の西部に位置しており、道路を挟みすぐに東京湾に面しているので、まさに”ベイ・サイド・ハイスクール” ともいえます。校舎4階からは、東京湾を往来する船舶や沈む夕日、空気の澄んだ日には美しい富士の雄姿を望むことができます。また、夕刻には幕張新都心やスカイツリーのイルミネーションを楽しむこともできます。
 教室には冷暖房を完備し、校舎内には公立高校ではめったに見られない生徒のための憩いのスペースも設置、随所に芸術作品等を飾っています。また、中庭や庭園には保護者会のご協力による手入れの行き届いた季節の草花などが植えられ、心癒される空間がつくられています。
 清掃活動を含めこのような「きれいな千葉西」という伝統が今日でも守られ、「朝読書」の静寂に始まる充実した学校生活と生徒の明るく活力のある表情が校風を醸成しています。そして、すでに1万名を超える卒業生は、国内はもとより海外においても様々な分野で活躍しており、開校以来、引き継がれてきた「西高」の伝統と文化、生徒の気質は多方面から高く評価されています。
 
【 校 訓 】
  飛翔 ~ 未来へ、 そして世界へ ~
【重点目標】
 1 基本的生活習慣の確立と規範意識の涵養
 2 新しい時代に対応した学力の育成
 3 生徒一人一人のキャリアプランに応じた進路実現
 4 思いやりのある、心の教育の充実 
 5 学びの場に相応しい校内環境の整備
 6 保護者や地域と連携した安心・安全な開かれた学校づくり     
  
 本校生徒の四年制大学等への進学志望率は99%を超え、実際に、ほとんどの生徒が進学します。その一方で、部活動加入率も高く、いわゆる文武両道の進学校としての実績をあげています。もちろん、大学進学は大事なことですが、これからは、大学卒という肩書ではなく、「どのような力が身に付いたか」「どのようなことができるのか」等が問われることになるでしょう。
  そこで、本校では、生徒の皆さんが活躍する未来を見据え、今年度、学校教育目標を刷新しました。すなわち、どんな時代にも「生き抜いていける力」を身に付けた「自立する青年」の育成を目指し、上述の重点目標を念頭に置きながら、学校生活全体を通じて、生徒の皆さんに求められる、3つのSしなやかに:変化に対応できる柔軟な態度、スマートに:賢く、洗練された態度、積極的に:自ら進んでチャレンジする態度)の育成に取り組んでいきます。そして、校訓が示すように「未来に、そして世界に向かって飛び立ち、次代を担う活躍する人になれ!」ということを心から願うものです。
 中学生の皆さん、素敵な先輩方がいつでも皆さんを笑顔で迎えてくれます!
 ご来校をお待ちしています。