令和元年度(平成31年度) 年間行事予定

白帆祭 文化の部

白帆祭文化の部のポスターです。
 

お知らせ

東洋大学「現代学生百人一首」表彰
東洋大学が主催している「現代学生百人一首」に1学年生徒全員で応募し、全国からの応募総数57446首の中から100首が選定され、その中に本校から3名の生徒の短歌が入選しました。また、今回の1学年の多数の優れた作品の応募に対し、「学校特別賞」をいただきました
2月7日に東洋大学から選考委員長の菊池教授、広報課の方が来校され、表彰式を実施しました。

                      

【入選作品】
授業中ウトウトして
いる君の目は憂鬱な時間楽しくさせる      大木 晴香

蝉時雨お墓の前で木霊する聞こえてますかひいおじいちゃん  佐々木 萌

「あ、そう」と父のLINEの言葉にはただの相槌怒りに見えた     府金 詩子
         
         *受賞、おめでとうございます*
                       
                                  

 

お知らせ

千葉大学 こどもセミナー2018冬 
                       12月26日(水)・27日(木)
「2050年問題 解決するのは君だ!」と題した未来予測とその対策を考えるワークショップに本校1年生9名が参加しました。夏季休業中に実施した“FutureSkill養成講座”と同様に「課題を知り、解決に向けて考える」をコンセプトとし、今回は2050年のさらなる少子高齢化問題とコンピュータの関連について、千葉大学予防医学センター 臨床疫学教授 藤田伸輔先生に御指導いただきながら2日間のセミナーに参加しました。本校生徒の他に中学生、小学生も参加しており、通常の学校生活とは違った環境の中、グループワークやプログラミング体験をとおして「私が考える2050年問題」「私はコンピュータをこう使う」という内容でプレゼンテーションを実施しました。
こういう機会がなければ知り合うことのないメンバーと共通の課題を解決するために協力し合いながら、答えのない答えを生み出していくという貴重な体験ができた2日間でした。今後も藤田先生と協力しながら新しい学びに向けて、生徒のためによりよい企画ができればと思います。

          講義、プログラミング、グループワーク 多彩な内容でした。         
              

      「高齢者と若者」 高齢者の特徴と若者の特徴を考える
             

プレゼンテーション 千葉大学院生が聴衆として参加する中、堂々と発表できました。
    
     
             参加者記念撮影