〒263-0043 千葉市稲毛区小仲台5-10-1    
  TEL 043-254-1188   FAX 043-255-4170

 

オーケストラ部

 
 

オーケストラ部は、1966(昭和41 )創立のストリングオーケストラ部を前身とし、1987年、学校創立90周年記念事業の一環として管楽器・打楽器群の整備が行われ、フル編成のオーケストラとなりました。そのレパートリーは交響曲・協奏曲から映画音楽まで幅広く、クラシックバレエ、日本舞踊、琉球舞踊、フラメンコ、和太鼓等にも挑戦してきました。毎年5月に習志野文化ホールで行われるスペシャルコンサートの他、四部合同の定期演奏会、JR千葉駅、学校でのコンサートや福祉施設でのボランティア演奏など、地域に根ざした演奏活動にも力を注いでいます。また、1996(平成8年)のオーストリア公演を皮切りに、2年に一度ヨーロッパ公演を行っています。

 

オーケストラ部活動報告

TOPICS
12345
2019/04/14

黒木雪音さんとの練習

| by 顧問
スペシャルコンサート特別出演の黒木雪音さんと初めて練習をしました。

曲はラフマニノフ作曲の「パガニーニの主題による狂詩曲」です。

千葉女子高校文化ホールで練習です。
黒木さんの演奏に部員は聞き惚れてしまいました。


第26回スペシャルコンサート
月日:2019年5月6日(月・祝)
開場:14:00
開演:15:00 終演:18:15予定
場所:習志野文化ホール(JR津田沼駅下車すぐ)
入場料:1,500円(全席自由席) 高校生以下500円
チケット販売:習志野文化ホール  047-479-1212 
                    管楽器専門店ダク(東京・JR新大久保)03-3361-2211
        千葉女子高校事務室(平日のみ販売) 043-254-1188
        オーケストラ部後援会 090-6471-0317
曲目:チャイコフスキー 交響曲第6番ロ短調 作品74「悲愴」
    ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 ピアノ独奏 黒木雪音
    ビゼー カルメン組曲より
    R.ロジャース サウンドオブミュージック
特別出演:黒木雪音(昭和音楽大3年)
    ショパン国際ピアノコンクール in Asia プロフェッショナル部門金賞
    多数 コンクール入賞
    関ジャニ∞Theモーツァルト音楽王優勝
18:09 | 報告事項
2019/04/12

朝の勧誘活動と離退任式

| by 顧問
学校の始業前に新入部員の勧誘活動を行いました。

今日は弦楽器が中庭で演奏をしました。

ビオラ・チェロ・コントラバスパート。全員二年生です。

バイオリンパートです。

オーケストラ部に入りませんか?

一緒に演奏しましょう!

朝の掃除もしました。

午後から体育館で離退任式がありました。

校歌と蛍の光を演奏しました。

ギターの弾き語りをする先生もいらっしゃいました。
先生方のお話を聞いて涙ぐむ部員もいました。素敵なお話を聞くことができました。

先生方、今までありがとうございました。
22:00 | 報告事項
2019/04/11

第22回全国高等学校オーケストラフェスタ交流会

| by 顧問
毎年参加している全日本高等学校オーケストラ連盟主催のオーケストラフェスタですが、3年前の交流会の様子が動画で公開されています。
「花は咲く」を会場の高校生と演奏しています。
会場は温かい雰囲気に包まれて良い思い出として残っています。
動画はこちら ↓
https://www.youtube.com/watch?v=vDkSh_H9bbg
10:55 | 連絡事項
2019/04/09

入学式で演奏しました。

| by 顧問
今日、入学式がありました。朝の7時30分から体育館で準備、練習をしました。


式前のBGMを担当させていただきました。

式前に演奏した曲は、歌劇「カルメン」より”アラゴネーゼ””前奏曲”、間奏曲”
チャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」より第1,2,3楽章
歌劇「カヴァレリアルスティカーナ」より間奏曲、メモリー、計7曲でした。

式では、校旗入場の曲、入場曲として歌劇「ニュルンベルクのマイスタジンガー」より前奏曲、君が代、校歌、校旗退場の曲、新入生退場の曲としてエルガーの「威風堂々」を演奏しました。BGMとあわせると13曲演奏したことになります。

新入生の皆様、ご入学おめでとうございました。
14:28 | 連絡事項
2019/04/04

お花見

| by 顧問
千葉女子高校内の桜の下で写真を撮りました。

千葉女子高校の桜は見事です。

練習が終わってから撮影大会。

木管パート。

チェロパート。

金管パート

セカンドヴァイオリンパート

新学期が始まります。スペシャルコンサートまであと一ヶ月。
みんながんばれ!
21:53 | 連絡事項
2019/04/02

全日本高等学校選抜オーケストラオーストリア公演2019

| by 顧問
本校オーケストラ部員二人が、全日本オーケストラ連盟主催のオーストリア(ウィーン)公演に参加しました。

 2回の国内合宿後、羽田空港からウィーンに向かいました。

ウィーン市内

演奏会場となる楽友協会近くのホテルに泊まりました。
演奏家もよく利用するホテルです。

ラジオ放送局のスタジオで練習です。

指揮は、洗足学園音楽大学名誉教授の河地良智先生です。
ウィーン国立音楽学校に訪問し、歓迎演奏を聞きました。


高い演奏技術に驚かされました。

全日本ユースオーケストラはベートーヴェンのエグモント序曲を演奏しました。

ウィーン市内観光で、シェーンブルン宮殿に行きました。

中央墓地に行きました。


大作曲家のお墓ばかりです。


中央墓地の入り口

フォルクスオーパー(歌劇場)でベルリオーズ作曲のロメオとジュリエット(バレエと歌)を観ました。素晴らしい踊りと歌(独唱と合唱)でした。

楽友協会ホールの入り口です。ブラームスザールで演奏会を開きます。

市内観光で聖シュテファン寺院を見学。

とても大きな教会でした。

シュテファン寺院のすぐ側にあるモーツァルトの家(フィガロハウス)


シュタットパークにあるシュトラウス像。

ベートーヴェン像の前で記念撮影。

演奏会は無事終わりました。会場はほぼ満員でした。迫力ある演奏を聞かせてくれました。
演奏会後、河地先生と記念撮影。

演奏会の翌朝、ザルツブルクに行きました。

出発時にドレミファソラシドを歌ってくれる電気機関車。さすが、オーストリアです。

ミュージカル「サウンドオブミュージック」の舞台となった町です。


ミラベル宮殿

美しいザルツブルクの町並み

モーツァルトの生家


ホーエンザルツブルク城

ハイリゲンシュタットのベートーヴェンハウスに行きました。

これもベートーヴェンの家です

ベートーヴェンの散歩道

ハイリゲンシュタットから歩いて15分のところにドナウ川がありました。

ウィーン市内にもベートーヴェンの家がありました。
旅行中、天気が安定しており気温も20度を越える日もありました。
全日本高等学校オーケストラ連盟では、毎年オーストリア公演を企画しています。
来年もウィーンで演奏会を開く予定です。詳しくはHPをご覧下さい。
https://nippon-seinenkan.or.jp/orchestra/
20:49 | 報告事項
2019/03/21

スプリングコンサート

| by 顧問
スプリングコンサートがありました。
一曲目は、ラフマニノフ作曲「パガニーニの主題によるラプソディ」でした。

ピアノ独奏は、千葉大学教育学部の本田萌さんでした。
感動的な演奏を聞かせていただきました。

後半は、チャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」全楽章を初めて演奏しました。

ミスもありましたが、最後まで集中力が切れずに演奏ができました。

OGや保護者もたくさん演奏を聞きに来ていました。

本田萌さんと



部員は、みんな本田萌さんのファンです。
21:37 | 連絡事項
2019/03/16

卒部式(第41代)

| by 顧問
41代の卒部式がありました。

1年生(43代)2年生(42代)3年生(41代)が全員集まりました。総勢123名です。

3年間の活動を記録したスライドを見た後、オーケストラ部後援会の楳澤会長さんからお言葉をいただきました。

42代(2年生)の部長の挨拶です。

43代(1年生)と42代(2年生)が、チャイコフスキー悲愴交響曲の第3楽章を演奏しました。

41代(卒業生)と42代(2年生)でリムスキーコルサコフのスペイン奇想曲を演奏しました。

10ヶ月のブランクを感じさせないような素晴らしい演奏でした。保護者から大きな拍手をいただきました。

メモリーも演奏しました。美しい響きでした。

41代(卒業生)の部長の挨拶です。

顧問から卒業生へ最後のメッセージです。

先輩たちの演奏を聞く43代(1年生)

最後は全員で記念撮影をしました。

式の後は、パートに分かれてプレゼントの交換をしました。

木管パートです。
卒部おめでとうございました。これからもオーケストラ部のことをよろしくお願いします。

41代からいただいたメッセージです。
ビオラのNさん
私が千葉女子に入ったのは中学の時にコンクールでイタリア奇想曲を聴き、私もこんな風に演奏したいと思ったからです。入部していろいろなことを教えていただき、音楽が心から大好きになりました。できることならみんなとずっと演奏をしていたかったです。大学生になってもオーケストラは続けていきます。

バイオリンのSさん
私はオーケストラ部だったことを誇りに思っています。顧問の先生の愛に包まれて、講師の先生にあたたかく見守られ、大切な仲間に出会って、音楽に囲まれた日々が大好きでした。

バイオリンのNさん
私は中学生の時からバイオリンを始めましたが、バイオリンが嫌でしかたありませんでした。他の楽器を希望していたこともあり、練習も不真面目で部活に対する熱い思いもありませんでした。高校に入り、3年間続けた千葉女子オーケストラ部を引退し、部活から離れてみて中学の頃には感じなかったさびしさを感じました。
「私はバイオリン、そしてオーケストラが好きだったんだ。」
千葉女子オーケストラ部での経験が私を強くしてくれたことに気づき、今では胸を張ってオーケストラ部員だったと言えるようになりました。

フルートのMさん
私は、8月の学校説明会で千葉女子オーケストラ部の演奏を初めて聞いて、迷わず千葉女子を受験することを決めました。その時、部員がイタリア奇想曲をみんな笑顔で演奏していて本当に素晴らしいことだと思っていました。
千葉女子オーケストラ部に入部し、いろいろなことを学びました。
「音楽は人に自慢するために演奏するのではない。」
「上手な演奏よりも、良い演奏を。」
「音も心も見ることも触ることもできないが感じることはできる。」
「私たちは作曲者の思いを届けるメッセンジャー。」等々。

私はただ演奏して自分が楽しめて満足できれば良いと考えていました。
心から演奏しているつもりでもなかなか伝わらないし、何も届かない。
私はただ演奏することしかできない人なのかなと長い間思っていました。
そんな考えを変えたのはドイツでの演奏会でした。スペイン奇想曲の演奏後の大きくて温かい拍手とスタンディングオベーションは一生忘れられません。自然と涙が溢れ出ました。
私は素敵な仲間に出会えて幸せ者です。41代で本当に良かった。
これからも辛いことがあった時は、千葉女子オーケストラ部で過ごした楽しい時間を思い出し乗り切っていこうと思います。いつまでも千葉女子オーケストラ部を愛し、見守り続けます。
21:52 | 報告事項
2019/03/10

第26回スペシャルコンサートのお知らせ

| by 顧問
第26回スペシャルコンサートの詳細です。是非、お越し下さい。

月日:2019年5月6日(月・祝)
開場:14:00
開演:15:00 終演:18:15予定
場所:習志野文化ホール(JR津田沼駅下車すぐ)
入場料:1,500円(全席自由席) 高校生以下500円
チケット販売:習志野文化ホール  047-479-1212 
                    管楽器専門店ダク(東京・JR新大久保)03-3361-2211
        千葉女子高校事務室(平日のみ販売) 043-254-1188
        オーケストラ部後援会 090-6471-0317
曲目:チャイコフスキー 交響曲第6番ロ短調 作品74「悲愴」
    ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 ピアノ独奏 黒木雪音
    ビゼー カルメン組曲より
    R.ロジャース サウンドオブミュージック
特別出演:黒木雪音(昭和音楽大3年)
    ショパン国際ピアノコンクール in Asia プロフェッショナル部門金賞
    多数 コンクール入賞
    関ジャニ∞Theモーツァルト音楽王優勝

黒木雪音さんとオーケストラ部員
19:51 | 連絡事項
2019/03/07

授賞式と卒業式

| by 顧問
3月6日に授賞式、3月7日に卒業式がありました。

41代ファゴットパートの宮國さんが松籟会長賞を受賞しました。

41代部長でハープパートの村田さんが桂月賞を受賞しました。

卒業式では3年間皆勤賞の表彰もありました。(オーケストラ部員は8人いました。)

授賞式を見守る部員たち。

卒業式が始まる前に演奏をしました。

BGM曲は、カルメン組曲より「前奏曲」「アラゴネーゼ」「間奏曲」
チャイコフスキー交響曲第6番より第2楽章、第3楽章
マスカーニ歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲
メモリーでした。


式では、入場の音楽「ニュルンベルクのマイスタジンガー」より前奏曲
校旗入場の曲、君が代、仰げば尊し、蛍の光、校歌
退場の曲は、エルガーの「威風堂々」でした。

3年生(41代)の皆さん、ご卒業おめでとうございました。
21:43 | 報告事項
12345