お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

TOPICS

TOPICS
12345
2020/03/09

卒業式を挙行しました

| by 教頭 2
今年度の卒業式は新型コロナウィルス感染症拡大の恐れを受け、3年生と職員のみで実施させていただきました。保護者、来賓、在校生が参加せず、時間もかなり短縮された卒業式となりましたが、心温まる立派な卒業式でした。

    令和元年度千葉県立千葉女子高等学校第119回高校第72回卒業証書授与式

 
卒業生入場です。職員の盛大な拍手により迎えられました。
 
前後の間隔を大きくとり、306名が着席しました。
 
開式の辞に続き、国歌斉唱を行いました。今回は時間短縮のため校旗の入場は行いませんでした。
 
卒業証書授与 普通科266名総代 松本さん、家政科40名総代 佐々木さんが授与されました。
 
皆勤賞73名代表の山本さんが授与されました。
 
校長式辞がの後、在校生送辞は事前に卒業生に配布されており、すぐに卒業生答辞となりました。牧内さんが卒業式の形式変更に伴い急遽答辞の内容を変更してくれました。
 
最後の校歌斉唱をしっかりと歌いきりました。  今回の卒業式は来賓も招待できませんでした。

卒業証書授与式終了

卒業生退場の前にサプライズ!
 
卒業生を代表して牧内さんからお世話になった上野学年主任へ花束の贈呈がありました。そして、レミオロメンの『3月9日』を卒業生全員で熱唱しました。
 
規模は縮小されましたが、こころ暖まる卒業式となりました。そしていよいよ退場です。
 
先生方から大きな拍手えを受けなが明日に向かって千葉女子高校から巣立っていきました。
最後にお世話になった3学年職員で記念撮影を行いました。

13:34
2020/02/20

AED実施を実施しました

| by 教頭 2
1年生の保健の授業を利用してクラス毎に1年生全員が心臓マッサージ、AED使用の実習を行いました。
 
最初に一通りの流れを、ストーリーをつくり、先生と代表生徒が演技しながら説明しました。

 
グループに分かれて役割分担を決め、まずは心臓マッサージの練習をしました。
 
AED使用の練習です。いつどこでも対応できるように真剣に取り組んでいます。

順番に交代しながら1年生全員が、要救助者に対して声掛け気道や確保心臓マッサージ、AEDの使い方等をしっかり練習しました。

本校のAEDは保健室前と体育館2階の2ケ所に設置してあります。
12:30
2020/02/07

「みんなの2020」イラスト・キャッチフレーズ最優秀賞受賞者

| by 教頭 1
   1月31日(金)県文化会館に於いてオリンピック・パラリンピック教育報告会が開催され、イラスト・キャッチフレーズの作品受賞者表彰が行われました。イラスト部門で129校1665作品の応募があり、下記のとおり本校の生徒(美術部)が受賞しましたのでお知らせします。
県教育委員会HPに紹介されています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

高等学校の部

最優秀賞

県立千葉女子
高等学校
佐藤 みゆ さん

優秀賞

 

県立千葉女子
高等学校
入井 翠 さん

県立千葉女子
高等学校
本田 葉乃佳 さん


08:36
2020/01/31

合唱部アンサンブルコンテスト金賞

| by 教頭 2
1月26日(日)第30回千葉県合唱アンサンブルコンテストが千葉市民会館大ホールにて行われました。
今回も2組(LunaとSol)が出場しました。

Lunaは「無伴奏女声合唱曲集 なみだうた」より、「涙」、「雨のあと」
Solは「グレゴリオ聖歌の主題による4つのモテット 作品10」より、「すべて美しい」、「Wind Song(ウィンド・ソング)」
を熱唱しました。
 
 Luna(左)とSol(右)写真です。全力を出し切りました。

今大会は高校生38団体が参加しました。
結果発表
 金賞(2位)千葉女子高校合唱部 Luna
  金賞(4位)千葉女子高校合唱部 Sol


Luna、Solともに金賞を受賞し、3月に行われる関東大会に出場することになりました。

最後に全員で記念撮影しました。3月の関東大会にむけて頑張ります!!
応援よろしくお願いします。
 
関東ヴォーカルアンサンブルコンテスト
3月7日(土) 新潟県民会館(新潟市)

 

07:53
2020/01/30

千葉県教育委員会のホームページで紹介されました

| by 教頭 2
日頃の千葉女子高校の活動が千葉県教育委員会のホームページに掲載されました。

今回は、フォトニュースに1月20日に行われた家政科ファッションショーの様子が掲載されました。また、千葉女子高校の魅力発見の記事も掲載されております。
是非ごらんください。

魅力発見はこちら(中程にあります(千葉県教育委員会))
ファッションショーのページはこちら


09:35
2020/01/23

百人一首歌留多大会が行われました

| by 教頭 2
1月21日(火)、23日(木)の2日間で校内歌留多大会が開催されました。
1・2年生の各クラスから代表1チームが選出され、合計16チームのリーグ戦で競い合いました。21日は1回戦と2回戦が行われ、4チームが勝ち上がりました。23日には準決勝、決勝戦が松籟会館にて行われました。

 
1回戦は大会議室にて16チームが同時進行で熱戦を繰り広げました。
 
この試合で8チームが勝ちあがり、続けて2回戦が行われ、4チームが決まりました。。
 
札を詠むのは百人一首歌留多部の生徒です。とても美しい声でした。
2回戦を勝ち残ったのは2A・2D・2F・2Gと全て2年生でした。
1年生は来年頑張ってくれることでしょう。

1月23日(木)準決勝・決勝戦は2年生4チームによる戦いとなりました。
会場を松籟会館に移し、畳の上で戦いました。
 
上の句を詠みはじめた瞬間に札を取る手が動き、白熱した試合となりました。
 
集中力を切らす事無く頑張りました。

結果発表
 
優勝 2年D組   準優勝 2年A組 
3位 2年F組    4位 2年G組

大会に参加されたみなさん本当に頑張りました。生徒たちは百人一首を全て暗記し、一生懸命に練習を重ねて望みました。1年生のみなさんには来年の頑張りを期待します。
17:32
2020/01/22

家政科被服製作発表会(ファッションショー)開催

| by 教頭 2
家政科3年生の選択授業『ファッション造形』選択者25名が自分でデザインし、製作したドレスなどの衣装を自分で着てお客様に披露しました。
会場には家政科の保護者をはじめ、在校生や先生方などで満員の文化ホールは熱気と感動ににつつまれました。
 
デザインの決定、生地の購入から始まり思い思いの服がやっと完成しました
 
今年のテーマは『CHANGE』です。
 
今回のファッションショーには千葉テレビが取材をしにきてくださいました。
 
約400人が入る千葉女子高校文化ホールですが、お客様で満員となりました。
 
約30分間におよぶステージでしたが、あっという間でした。
家政科3年間の集大成の見事なファッションショーでした。

今回のショーは照明等は演劇部の方々に協力していただくなど、全て生徒たちの手作りで行われました。ご協力いただいた方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 
ショーの終了後、代表生徒が千葉テレビのインタビューを受けました。
このファッションショーの様子は当日の夜「NEWSチバ930」で放映されました。

テレビ局の方々も普通の高校生がこんなに素晴らしいドレスや服を作れることに感動しておりました。
07:30
2020/01/21

京成ホテルミラマーレのランチメニュー

| by 教頭 2
先日、この記事で報告させていただいた京成ホテルミラマーレのランチメニューを取材しました。

10月に開催された牛乳普及協会主催の牛乳料理コンクールで、家政科3年生の佐々木さんが最優秀賞をとった記念に、ミラマーレホテル階のカフェレストラン『ミレフォリア』にて期間限定でランチメニューとして提供されることになりました。

販売期間1月18日(土)~26日(日)11:30~15:00
1日限定20食だそうですが、事前の予約をおすすめします。

ミラマーレの入り口に今回提供されるメニューがありました。


  1階 カフェレストラン『ミレフォリア』


店内は落ち着いた高級感があり雰囲気でした


サラダ、パンに続き、千葉県大会優秀賞(2位に輝いた「イカの塩辛パスタ」
が出てきました。

塩辛という名前ですが、クリ-ミィでとっても美味しいパスタでした。
続いて大会最優秀賞に輝いた『牛乳どこ!?水餃子酸辣湯』が登場

タイトルのとおり、牛乳を使っているようには見えません
実はこの水餃子酸辣湯には1人分で250mlの牛乳が使われています
牛乳を加熱し、酢を加えてカッテージチーズとホエーに分けます
カッテージチーズはみじん切りのタマネギや椎茸と混ぜ合わせ、餃子のあんにします(
ホエーは、がらスープのや醤油などで味を調整して酸辣湯にします
牛乳の成分を余すこと無く使っているのに牛乳感が全ありません
酸味がちょうどよくとても美味しい一品でした

この『牛乳どこ!?水餃子酸辣湯』のレシピは、
千葉酪農農業組合製造の『千葉の大地 おいしい牛乳』の牛乳パックの側面に掲載され、2月下旬頃(予定)よりスーパー等の店頭に並ぶ予定です。お楽しみに

店頭においてある看板のアップです


佐々木さんとランチメニュー(1月17日千葉テレビの取材)


この取材の様子はついて、
1月21日(火)21:30『NEWSチバ930』
1月22日(水) 6:45『シャキット!』

で放送予定です
17:20
2020/01/15

チアリーディング部千葉南高校と合同発表会

| by 教頭 2
1月12日(日)本校文化ホールにて毎年恒例のチアリーディング部の発表会が行われました。
今回は特別ゲストとして、千葉南高校ダンス部の皆様に出演していただきました。
多くのお客様に来場していただき、会場は熱気に包まれました。
会場には千葉南高校の富田校長先生、岩井教頭先生も応援に駆けつけてくださいました。

  第1部は千葉女子高校が9曲、千葉南高校が6曲のダンスを披露しました。
  第2部は千葉南高校6曲、千葉女子高校が7曲のダンスを披露しました。
 
 
  
 
 
途中千葉女子高校3年生による特別なダンスも披露してくださいました。
 
 
演技が終わると開場からは割れんばかりの拍手をいただき、アンコールの声援にお応えしました。

2時間の元気溢れる発表はとても短く感じられました。
最後に千葉南高校ダンス部と千葉女子高校チアリーディング部の部員で一緒に記念写真を撮りました。
千葉南高校ダンス部の皆様、保護者の皆様、関係者の皆様、心温まる声援をありがとうございました。
今後とも応援よろしくお願い致します。
19:20
2020/01/09

なぎなた部壮行会

| by 教頭 1
 1月7日(火)始業式後になぎなた部の壮行会が行なわれました。なぎなた部は千葉県高等学校新人体育大会で団体優勝を果たし、3月に開催される全国高等学校選抜大会に出場します。
 まずは、全国大会に出場する選手が登壇しました。代表して部長が、壮行会開催への感謝と大会への意気込みを述べました。
 

 続いて、生徒を代表して生徒会長から激励の言葉を伝えました。全国大会での活躍を期待しています。
  
07:41
2020/01/06

家政科3年生のレシピがホテルのランチに!

| by 教頭 2
1月18日(日)~25日(日)のランチタイムに京成千葉中央駅に直結している「京成ホテルミラマーレ」1階『カフェレストラン MILLE FOGLIA(ミレフォリア)』にて、家政科3年生佐々木清楓さんの考案したレシピがランチメニューとして提供されることとなりました。


ミラマーレ 2020迎春号(1/1→2/29)より抜粋

佐々木さんの作品『牛乳どこ!?水餃子酸辣湯』は、昨年10月に行われた牛乳普及協会主催の牛乳料理コンクール千葉県大会で優勝、翌11月に東京で行われた関東大会(県大会1位と2位のみ出場)でも見事優勝しました。



家政科3年佐々木清楓さん『牛乳どこ!?水餃子酸辣湯』が千葉県大会・関東大会優勝

今回のホテルでのランチは、千葉県大会2位・関東大会4位の八千代松陰高校の遠藤理子さんのレシピとともに提供されます。
期間中の1日20食限定となっております。
この機会にホテルでランチなんていかがでしょうか。

京成ホテルミラマーレより詳しい案内が届きました。→ミラマーレホテルランチ.pdf
16:00
2019/12/31

教員基礎コース1年生:教育体験Ⅰ 子どもルーム

| by 教頭 1
 冬季休業に入っての2日間、12月24日(火)、25日(水)に教員基礎コース1年生が近隣の子どもルームでのボランティア体験を行いました。
 私が訪問したルームでは専門家をお招きしてみんなでクリスマスソングを楽しそうに歌っていました。
  

 また、別のルームでは小学校の校庭でサッカー、縄跳び、ドッジボールなど、子どもたちが元気よく遊んでいました。教員基礎コースの生徒は子どもたちの活動を見守る貴重な体験をさせていただいています。
  
 このような活動を支えてくださる千葉市社会福祉協議会の方々、そして近隣児童ルームの職員の方々、本当にありがとうございます。
09:30
2019/12/27

東邦大学理学部との高大連携事業:サイエンスカフェ

| by 教頭 1
 12月23日(月)終業式の午後、東邦大学理学部との高大連携事業:サイエンスカフェが開催されました。講義タイトルは『超低温の世界を体験しよう!』で、東邦大学理学部物理学科教授 西尾 豊先生による実験を中心とした講義です。
 
 
 液体窒素(摂氏ー196度)を用いての低温の世界を体験しました。極低温の世界では空気も液体あるいは固体となったり、ある物質は超伝導性を示します。超伝導性は磁石を空中に浮遊させたり、一旦、電流を流すと永久に電流が流れるなど、一般常識では考えられないような現象を観ることが出来ました。
  
 
 気体を液化または固化させ、その性質や形態を観察し超伝導体を用いて新しい自然法則に触れる体験となりました。西尾先生、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
  
08:41
2019/12/25

家庭クラブ 台風被災者のための義援金募金を県庁へ

| by 教頭 2
家庭クラブ(家政科1年~3年)の活動として、去る11月21日に校内で、29日にJR稲毛駅で行った募金活動で集まったお金を12月23日(月)千葉県防災危機管理部防災政策課を通して台風被災者へ送らせていただきました。

2学期の終業式も終わり、午後から代表生徒4名が千葉県庁を訪問し、防災危機管理部長の岡本和貴様とお話させていただきました。


岡本部長に家庭クラブでの今までの取組み,校内やJR稲毛駅での活動内容等を詳しく説明しました。

集まった募金63,652円を台風被災者の役にたててくださいと、岡本防災危機管理部長に手渡し致しました。

担当してくださった防災政策課の中山貴子副主幹からは、
『実際に募金活動を実施した生徒さんにも来ていただき、より具体的なお話しを伺うことができてよかったです。生徒の皆さんを見て、私たちも改めて頑張らないといけないなという気持ちになりました。

皆さんからお預かりした義援金は、市町村を通じて、被災された方に支給されます。

私たちも、被災された方に一日も早くお届けできるよう、事務を進めてまいります。』というお言葉をいただきました。


募金していただいた方々、募金活動に関係してくださいました多くの方々に感謝致します。ありがとうございました。今後も千葉女子高校は様々な活動を行って参ります。


募金活動の様子が12月25日千葉日報に掲載されました
12:47
2019/12/24

表彰式:二学期末

| by 教頭 1
 12月23日(月)、2学期終業式です。式に先立ち、表彰式が行なわれました。今学期も多くの生徒が様々な分野で力を発揮しました。
 県読書感想文入賞者、校内優良図書利用者、なぎなた部が表彰されました。なぎなた部は3月に行なわれる全国選抜の出場も決定しています。
  

 オーケストラ部、家政科(家庭クラブ):各種料理コンテスト、写真部が表彰されました。オーケストラ部は全国高等学校合奏コンクールで千葉市長賞(3位)を受賞しました。家庭クラブの生徒が令和元年度牛乳料理コンクール関東大会で優勝、『かむ子・のびる子・元気な子』料理コンクールにて千葉県知事賞(優勝)、準優勝しました。写真部は日本工学院専門学校が主催する『第10回高校生デジタルフォトコンテスト』にて、応募総数1650点の作品の中から、グランプリ(最優秀)に選ばれました。
  
 
 山岳部:ボルダリング部門県5位、書道部:全国学生書道展団体全国優良賞、千葉県高等学校英語スピーチコンテスト、レシテーション部門(二,三年生)5位の表彰が行われました。
  

 続いて生徒会役員の認証式が行われ、代表して生徒会長の羽澤さんが挨拶をしました。年度をまたいで6月までの任期となります。
 最後に生徒指導部長より冬休みの諸注意等を伝え、各教室に戻りHRです。
 冬休みはそれほど長い期間ではありませんが、計画的に有意義に過ごしましょう。
  
07:53
2019/12/20

オリパラ教育:上田 藍選手講演会

| by 教頭 1
 12月19日(木)、文化ホールにて1年生を対象にオリンピック・パラリンピック教育推進の一環で上田 藍選手(トライアスロン)をお招きし講演会を実施致しました。上田選手の所属は、ペリエ・グリーンタワー・ブリジストン・稲毛インターで2年前にも本校で講演をしてくださいました(出身は京都です)。タイトルは「向上心に限界はない」です。
 
 
 冒頭で、トライアスロン競技に関しての説明をし、今年ケープタウンで行なわれたワールドカップ大会で優勝した時のお話しをしてくださいました。上田選手は北京、ロンドン、リオと3大会連続でオリンピックに出場していますが、常に順風満帆というわけではなかったことを語ってくださいました。高校時代は陸上部、2年生の時にトライアスロン競技を知り、偶然、自分の学校に自転車部があったので(当時部員0)、自転車競技を教わることができました(水泳は元々習っていたそうです)。高3の夏、初挑戦したローカル大会で優勝を果たしました。
  

 高校卒業後、単身で千葉に移り、山根コーチ(稲毛インター)のもとでトレーニングに励みました。トライアスロン競技、コーチとの出会いは偶然ではあったと思いますが、積極的に「動いたこと」によりもたらされたものだったと思います。上田選手は、講演を通じて物事をポジティブに考える大切さを伝えてくださいました。今年、2度のけがとリハビリの期間がありながら、ワールドカップで4度も優勝できたことは、間違いなく、プラス思考の産物だと思います。
 講演後、生徒会の生徒から御礼の言葉と花束を贈りました。 
  

 上田選手には客席に移動していただき、なぎなた部の演技で元気をつけていただき、(華麗な動きで、よくまとまっていました。)
 

 チアリーディング部のパフォーマンスで活力を注入させていただきました。(スタンツも決まり、リズムに乗った軽快な動きです。)
 

 上田選手から、なぎなた部、チアリーディング部に感謝の言葉をいただきました。最後に全員で記念写真です。上田選手、ありがとうございました。東京オリンピックに向けて頑張ってください。千葉女子高校は応援し続けます。
 
17:57
2019/12/18

人権講話:情報モラル教育

| by 教頭 1
 12月18日(水)、全校生徒対象に人権講話:情報モラル教育講演会を実施しました。講師にA’s child 株式会社 青木 勲氏をお招きし、「スマホ・インターネットの安全な使い方」についてお話をしていただきました。
 はじめに、青木氏はご自身の会社に関して「子どものためのデータ分析をミッションに、データ分析技術で、子どもの未来を明るくするサービスを手掛けて行く会社です。ネット上でこどもが直面するトラブルに関する情報提供を中心に行い子供たちの問題を解決していきます。」と紹介しました。その技術の一部を紹介すると会場から「オー」という驚きの声が・・・
 

 青木氏はライン、SNSの利点も説明した上で、文字だけによるコミュニケーショントラブル等についての危険性にも触れました。ネット依存、SNSの落とし穴等の動画を視聴し情報を共有しました。ラインで情報が拡散されると世界で3億人を越える人が、日本でも4千万の人が、その情報を目にすることになるそうです。
 インターネット、スマホは便利ですが、使用方法、使用時間を適切にしなければ様々な問題を引き起こす事になることを改めて実感しました。
  

 講演後のアンケートでは「毎日使っているスマホは危険と隣り合わせであることがわかりました。」「ネット依存、SNSの怖さがよく理解出来た。」「スマホ依存にならないために時間制限をしていこうと思います。」「知り合いに自分の情報を公開されてしまうという危険性があるので、自分だけではなく、社会全体で取り組む必要がある。」などの感想が多く見受けられるので、今後の日常生活に生かされるものと確信しています。
15:01
2019/12/16

教員基礎コース:教育基礎講座Ⅰ⑦

| by 教頭 1
 12月14日(土)教員基礎コース1年生、教育基礎講座Ⅰの最終回です。今回は場所を千葉経済大学短期大学部子ども学科の教室に移動し、1限目は子ども学科長・教授 大沼 徹 先生による講義です。
 
 
 「幼児理解の基礎」として、子ども理解の基礎について、その方法の初歩を資料を使い学んでいきました。E.キーンの時間空間分析を用いての具体的な学びです。
 「終わりに」のスライドでは「今日は人間の行動の背景にある時間分析を中心にお話しした。他者理解と同時に自分自身の理解にも役立ててください。」とまとめられていました。
  

 講義の終わりに、2限目に参加する「こども造形教室」についてのオリエンテーションを短大生の方々が行ってくれました。とてもわかりやすく、助かりました。ありがとうございます。
  
 
 2限目は多目的ホールへ移動し、こども学科教授 田村 俊夫先生の指導の下、こども造形教室に参加しました。今年のテーマは「発砲スチロール・で・クリスマスオブジェを!」です。
 

 構想を練って、作業に取りかかります。さすが、美術部の生徒です。立体的にトナカイを作成し、こどもたちも出来上がった作品に興味津々でした。造形教室の終わりに、田村先生は歌も披露してくださいました。
  

 講義の終わりに、田村先生、大沼先生より千葉女子の生徒に向けての励ましの言葉をいただきました。今回の講義で教育基礎講座Ⅰが終了です。冬休みには教育体験Ⅰで子どもルームを訪れます。学んだことを少しでも実践でいかしていきましょう。
 入り口付近には発泡スチロールのオブジェとクリスマスツリーが飾られていました。素敵ですね。
  
11:20
2019/12/12

看護出前授業が行われました

| by 教頭 2
12月12日(木)に千葉県看護協会の協力により、看護出前授業が行われました。
1年生と2年生の看護系に興味がある約40人が受講しました。
講師には千葉県救急医療センターより看護師の甲斐晃子様においでいただきました。

 
前半は自己紹介及び勤務先の救急医療センターの紹介から始まり、看護師の仕事、看護師になる方法、勉強等今から取り組むべき事、大学と専門学校の違い等を自分の体験やメリットやデメリットをしっかりと整理して分かりやすく丁寧に教えて頂きました。生徒達はメモをとりながら熱心に聞き入っていました。

 
一通りの説明のあとは、看護師体験ということで、脈の取り方、血中酸素濃度の測定、聴診器の使い方を体験しました。

 
いろいろと教えてもらいながら代表の生徒たちが先生方の血圧を測定しました。

最後に、事前に参加生徒達から頂いた質問にご自身の体験を基に丁寧に答えて頂きました。
看護師として、高校の勉強で数学や理科は大切ですが、カルテ等に文章を書いたり、患者さんとコミュニケーションをとるためには国語の力が一番大切であるとおっしゃっておりました。また、看護師はいつも楽しい仕事ではなく、特に最初の頃は辛いことが多いけど、人の命を左右する責任重大な仕事なので、しっかりとした志望動機を持って看護師を目指して欲しい。とアドバイスを頂きました。

生徒達にはとても勉強になり、貴重な時間となりました。お忙しい中お越し頂いた千葉救急医療センターの甲斐先生に感謝申し上げます。ありがとうございました。
17:01
2019/12/09

税に関する高校生の作文:千葉東税務署長訪問

| by 教頭 1
 12月6日(金)放課後、千葉東税務署の坂入署長、松山総務課長補佐のお二人が本校3年生、田中さんを訪ねてこられました。田中さんは弁論部に所属し、各大会で活躍してきました。今回、彼女は国税局主催の「税に関する高校生の作文」に応募し、税の新たな仕組み等に関する自身の考えを、国語科名和田教諭に相談しながらまとめてみました。
 田中さんの作品はこちら 「幸せ」のために 田中小夏.pdf 
 応接室で校長先生を交えてしばし懇談をしました。田中さんの高校生活のことや国税局に勤めることは興味がありますか?など、話は多岐にわたり盛り上がりました。最後に坂入署長、田中さん、校長先生で記念写真を撮りました。

14:18
12345