ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成30年4月現在で25,890名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
     
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成30年4月に創立78年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2018/11/23

地域の方々に支えられて

| by 校長
 気持ちよく穏やかに晴れた勤労感謝の日の昼下がり、JR千葉駅ビル開業2周年記念イベントの一環として、本校音楽部の皆さんが、びゅうプラザ前特設会場で午前の部の県立千葉中・高等学校合唱部に引き続き「駅コンサート」を実施しました。
  詳細は別項に譲りますが、江澤修駅長様はじめJR千葉駅スタッフの方々のご尽力で今回すばらしい機会をいただけたことに大変感謝しています。また、おいでいただいたご家族・OBOGはじめ大勢の方々にもお礼申し上げます。音楽部の皆さん、お疲れ様でした!
          
    
   ▲ 江澤駅長様はじめJR千葉駅の皆様には大変お世話になりました。

 本校ではこれまでも吹奏楽部やジャグリング同好会、JRC等で部活動を通じた地域の方々との交流に取り組んでいます。日頃各方面から鉄道や自転車で通学してくる皆さん、学校所在地はもちろん、通学途中に通過してくる地域の方々に支えられて高校生活が送れるということを今一度しっかりかみしめたいものですね。
18:50
カウンタ
COUNTER84559
2017/4/13 設置