ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
     
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2018/12/07

中間考査直前ですが・・・

| by 校長
 今日の午前中は三上浩司先生が本校にいらっしゃいました。3年生の皆さんが本校に入学したときの校長先生です。本校でご退職の後千葉大学にご勤務で、同大学の入試関連情報広報や高大連携事業振興のために幅広く活躍されており、本校をはじめ県内各高等学校にとって心強い限りです。
 3年生の皆さんに「重要な時期が近づいている今からこそ、ぜひ自分自身に自信を持ち平常心で取り組んでほしい」とエールをいただきました。
             
          ▲ 三上前校長先生(左)と写真を撮りました。
 
 三上先生をお送りした後、4階生物室に向かいました。本年度も北川先生はじめ理科担当各先生のご尽力で、(株)日立ハイテクノロジーズのご厚意により来月末まで電子顕微鏡(数百万円の精密機器です!)1台をお借りすることができました。考査終了後、今月26日には皆さん向けに電子顕微鏡に関する特別講座を実施するほか、授業での活用も計画しているとのことです。
       

 さて、来週から中間考査です。天気予報では、期間中はようやく暦どおりグッと冷え込むとのことです。皆さん各自で体調管理を徹底しつつ、悔いを残さぬよう万全の準備で臨んでください。
18:20
カウンタ
COUNTER95365
2017/4/13 設置