ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
     
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2018/12/19

改めて感じた「英語」の力

| by 校長

 18日午後、グローバル人材プロジェクトの一環で千葉大学外国人留学生との交流会が開催されました。石井俊幸先生をはじめとする国際教育部の先生方、ありがとうございました。詳細は別途記事をご覧いただきたいのですが、以下は日程終了後コーディネーターの土屋先生と5名の留学生が校長室においでいただいた時の報告です。
 校長室に飾っている何枚かの風景写真のうち、皆さんそろって富士山を気に入っていただけたようでした。そこで土屋先生のリードをいただき「富士山とはどんな山なのか」「上るにはどうすればよいのか」「実は火山だということは知っているか」「皆さんの国には火山はあるか」等々といったテーマで5人が互いに意見交換をしてくれました。幸い、何とかそれらの内容については聞き取ることができ大変勉強になりました。
       
       

 お恥ずかしい話ですが、私は英会話は得意ではありません。常に話す環境に自分の身を置けば、きっと上達もするのだろうという思いはあり、悔しく感じています。せめて聴く力だけでも、と思いBSワールドニュースの副音声視聴時間を日々できるだけ増やしています。
 私以上に皆さんはこれから海外の方々との交流機会が増えるでしょう。それぞれの出身国が違う中で、お互い最も安心して使える共通言語として英語はもはや不可欠。皆さん、ぜひ高校在学中に、「言葉の垣根」を乗り越えて各国の様々な人々と交流し自分の視野を大きく広げる意識をしっかり身に着けてください。


09:30
カウンタ
COUNTER116972
2017/4/13 設置