ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
     
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2018/11/16

夢を見つけ、夢をかたちに

| by 校長
 2年生が不在だとさぞかし校内も静かだろう・・・と思って一回りしてみました。様々な掲示物、皆さん観てくれているとは思いますがどれもしっかり作ってありますよ。
   
  ▲左から美術館鑑賞レポート集、1学年通信(カラー版)、2学年修学旅行新聞(カラー版)

 本日は通常4限授業の後、1年生は国立大学の先生をお招きして「人文、外国語・国際、法・政治、経済・経営・商、教育、理、工、医、看護、薬、農」の各分野で模擬授業を実施(詳しくは後日「パブリックスペース」にてご覧ください)。3年生は個別面談と希望者対象の特別補習(古文、数学)実施。待機している先輩方は静かに自習しています。さすが東高生、改めて感心しました。
        
       ▲11月中旬の特別補習ご案内  ▲廊下の自習スペースで静かに学ぶ3年生

 放課後の校内外。各部活動で先輩がいない分、1年の皆さんが元気に声を出して普段とそれほど変わらぬ様子で取り組んでいました。
 天気予報よりも天候が変わる周期が速くなってきた感じがしますが、こpれこそまさしく秋が深まりつつある証拠です。来週は暦どおりグッと冷え込むとのこと、体調管理に気を付けてください。
             
           ▲1階の自販機にもホットがセットされました!
16:10
カウンタ
COUNTER103053
2017/4/13 設置