校長室だより
日誌
12345
2020/03/31

皆様へのご挨拶

| by 校長

 今日が令和元年度最終日。思えば本年度はスタートして1か月で年度途中で元号が替わりました。夏が過ぎ秋が訪れてからは、台風の影響で帰宅不能になった皆さんとの学校宿泊、来年度始まる予定であった大学入学共通テストにおける英語民間試験導入の直前中止、年が明けてからは新型コロナウィルス感染症の全世界的大流行、そして3月4日(水)からの臨時休業及び部活動対応、保護者と在校生が参加できなかった卒業式。本当に色々ありました。日常のさまざまな悩みや不安を、仲間と学ぶ学校で、休み時間や部活動の時間に何気なく会話する機会すらなくなってしまったことは、皆さんにとって辛かったと思います。毎朝通信制課程や衛生看護科の記念碑が設置されているセミナーハウス前で声をかけていた私にとっても、皆さんの顔を突然見られなくなったことが大きなショックでした。


 皆さんと会えなかった1か月間に、私は改めて「一人一人にとって豊かな人生とは何か」を考えてみました。たどり着いたのは「自らどのように社会貢献できるか」を問い続け様々に実践を続けることだという答えでした。以下に少し書いてみます。
 将来的にグローバル化や社会情勢の複雑化が一層進行することが確実な中で、今後を生き抜くため欠かせない能力は、対人コミュニケーション力であることは論を待ちません。コミュニケーション力を高める重要な3つの要素が
 1 相手と関係性を築き安易に他の意見を排除しない(寛容)
 2 安易に他に頼らず自分自身で考え抜く意欲を持つ(思考力と判断力)
 3 あきらめず我慢して取り組み続ける(忍耐力と精神力)
であり、この3つは教養との相乗効果によって人間力をはぐくみ、各自の実践に向けた大きな原動力になるわけです。
 人に相談することはコミュニケーションの基本ですが、人に頼り人に決めてもらうのではなく、「自らの決断で」「あきらめずに自分を信じて」「全力で挑戦し続ける」ことがここ千葉東高等学校で学ぶ皆さんの責務です。進路実現のその先にあるものを見据えて、皆さん自身の人生がより豊かになるよう一層励んでほしいと願っています。
     
    ▲ 創立80周年を迎える本校の「伝統」にも思いを寄せてください。
       (記念碑の由来については、新年度ぜひ再確認を!)


 既に新聞発表がありましたが、本日を以て私は定年で本校を去ることになりました。大変充実した3年間を本校で過ごすことができ、改めて皆さん一人一人をはじめ多くの方々に感謝しています。私は高校の教壇に立ちたいという夢をかなえるために大学に進み、千葉県公立高等学校教諭として採用されてからの38年間で、数多くのすばらしい方々と出会い、何ものにも代え難い数多くの貴重な経験ができました。この経験を活かしながら、明日以降また別の立場から社会貢献できるよう実践し続けたいと考えています。
 皆さんのますますの健康とさらなる活躍に期待し、ここでペンを置くことにします。 
                                  校長 渡部 徹


12345
日誌

2019/08/01

2019さが総文文芸部門に参加しました

| by 千葉東05
去る7月28日~31日に文学部3年吉田赳君が、
第43回全国高等学校総合文化祭2019さが総文に、
文芸·俳句部門の千葉県代表として参加しました。

吉田君は昨年度開催された県高文連文芸大会に投句した作品 
 睡に光とろりと溜まりけり
 夕端居小五の弟(おと)の影長し
 月白に追われ家路の長きこと
が優秀賞を獲得し、今回の出場となりました。

28日に佐賀入りし、文芸部門の開催地伊万里へ。
この日は全国から集められた部誌の展示を見学しました。










              千葉県の他の代表生徒と共に

29日(2日目)は唐津市内の史跡を巡る文学研修。
鏡山、虹ノ松原、名護屋城跡を見学しつつ、句作に励みました。
この時作った吉田君の俳句が地元記者の目に留まり、
佐賀新聞に掲載されました。

        「工事中の立て札赤し山暑し」

30日(3日目)は全体交流会で他県の生徒たちと交流を深めた後、
部門毎に分かれて分科会が行われました。
俳句分科会では、午前中に事前に提出した課題句で句会を行い、
午後は前日の研修で創った吟行句の句会が行われました。

                  俳句分科会 句会の様子

31日(4日目)は報告会に出席し、すべての日程を終えました。

全国から集まった同好の生徒たちから、
レベルの高い刺激を受け、
ますます精進の意を強くした四日間でした。