ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成30年4月現在で25,890名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
           
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成30年4月に創立78年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2018/11/28

「ながら」の危険

| by 校長

 私は以前耳栓を使って周囲の雑音をシャットアウトしていましたが、最近世間では集中するためにむしろ音楽を聴くことが一般的になったようです。スポーツ選手が試合前の精神集中や気分高揚のためにイヤホンで音楽を聴く姿はよくテレビ等でも映しだされますし、皆さんの中にも通学時に実践している人は多いと思います。

 一方でこの行為は、周囲の様子が分かりにくくなり危険であるという側面もあります。先週木曜日の朝、通勤のためJR船橋駅で千葉行電車を待っていたときのことです。男子高校生(本校生ではありません)が外に音漏れする音量でスマートフォンを介し音楽を聴いていました。画面を注視している彼のからだは明らかにホームの先端に向かって少しずつ近づいています。駅の放送は「2番線に下り電車が参ります。危険ですから黄色い線の内側に下がって~」とアナウンスを繰り返しますが、この高校生は気づいていない様子・・・私は思い切って彼の肩を軽くたたき「君、少し下がらないとあぶないよ」と声をかけました。彼は一瞬怪訝そうな顔をしたのですが、すぐに表情が変わり「あっ、ありがとうございます」と慌てて後ろに下がって事なきを得ました。

 ところで、このような報道がありました(同じ事件についての記事です)。
(産経新聞) https://article.auone.jp/detail/1/2/2/9_2_r_20181127_1543313591742177
 (読売新聞)   https://article.auone.jp/detail/1/2/2/162_2_r_20181128_1543363112174600


「○○しながら▲▲」の危険性は以前から数多く指摘されています。特に「自転車に乗りながら両耳イヤフォン」は平成27年6月改正の道路交通法第71条で、傘さし運転等とともに違反行為になっています。軽車両である自転車を運転する高校生は、当然違反行為があれば取締り対象であり、違反行為を伴って事故になった場合には、その高校生が被害者から賠償請求される可能性があります
    大丈夫ですか?


15:15
カウンタ
COUNTER73498
2017/4/13 設置