ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
     
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2018/12/20

昼のひととき

| by 校長
 寒さも緩み穏やかな本日の昼休み、行事が目白押しでした。

 校長室では都合により延期となっていた後期生徒会役員認証式を行い、会長以下8名に私から認証書を手渡しました。生徒会とは(各種委員会も含め)生徒の皆さん一人一人が支える組織です。役員に任せきりにしないで、積極的に活動に協力しましょう。
           
  そのあとは体育館工事の関係から屋外広場で実施されたダンス同好会発表会の様子を見学です。日ごろの練習の成果を存分に発揮された踊りに拍手喝采でした。
       
 締めは3年音楽Ⅲ選択者のファイナルコンサート。授業の成果をより多くの皆さんに聴いていただこうと、プログラムも作成されました。
それぞれのグループが取り組んだアンサンブルと合唱はどれも素敵で、満員の音楽室は演奏のたびに拍手に包まれました。
   
 いよいよ明日が「全員が登校する12月最後の日」となります。
14:21
カウンタ
COUNTER115892
2017/4/13 設置