ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
      
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2020/01/15

高校生の文化活動

| by 校長

 最近毎日天気予報が気になります。センター試験当日の天気は当初小雪混じりかとも言われていましたが、本日現在だと土曜未明まで雨、午前6時以降翌日の日曜日までは曇り空ということになっています。しかし寒くなることには変わりありません。
 3年生の皆さん、追い込みとともに防寒対策、そして直前の体調管理もよろしくお願いします。


 さて、今週は高等学校化連盟関係の行事が続きました。器楽・管弦楽専門部会の第14回ジョイントコンサート(12日・日)、千葉地区音楽会(15日・水)が、ともに千葉県文化会館で開催されましたので、少しだけ報告します。
 昨年11月1日(金)の千葉県高等学校文化連盟設立30周年記念行事でも話したことですが、会場確保の都合等もあり、千葉県では高等学校総合文化祭の一環として各専門部会が独自に企画して発表の場を設けています。各校の定期演奏会のように一部活動の発表で完結ではなく、参加した各学校が同じ会場で他校の部活動の様子を知ることができる非常においしい企画で、顧問の先生方も気合いが入っています。
   
   ▲ 本校音楽部・吹奏楽部のステージ(雰囲気だけでご容赦ください)
 さらにジョイントコンサートでは各校で活動する器楽・管弦楽関係部員をパートや技術力等で4カテゴリーに組み替え、他校生徒とともに普段とは違う先生の指揮で演奏することを通して、大人数オーケストラならではの醍醐味を味わうというものです。
       
    ※ ジョイントコンサートの様子は千葉女子高等学校ホームページ
      「オーケストラ部」をご覧ください。
 古今東西を問わず、芸術とは人々の心を豊かにするものです。特に作者の感情をどのようにして再現していくかが問われる音楽では「演ずる本人がしっかりと作品に向き合い、他に伝えることを楽しみ、喜びを感じること」が大切だと考えています。しっかりと伝えるために演ずる喜びは、作品を観聴きするものに確実に喜びや満足感を与えうると思います。高校生の文化活動全般が、今後も様々な方々から末永く支援されることを祈ってやみません。


19:32
カウンタ
COUNTER148869
2017/4/13 設置