ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
      
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2020/01/07

後期再開

| by 校長
 あっという間に冬季休業が終了し、後期再開となりました。今日は賞状伝達、集会、壮行会の後に1・2年生は課題テスト、3年生は残り少ない高校での授業にそれぞれ真剣に取り組んでいます。
              
    ▲ 校長室のデンマークカクタスの花が、休業中に一斉に開いていました。

 午後から小雨が降り出し、大変寒く感じます。ところが明日は雨は上がりそうですが南風が吹いて気温が高めに推移しそうだという予報が入っています。通学時間帯から天候が荒れる恐れもあり、事前によく注意しておくとよいでしょう。

  集会の際にも触れましたが、オリンピック・パラリンピックイヤーである本年ながら、世界に目を向けると緊張が高まっている中東情勢をはじめ越年してもなお出口が見えない香港や北朝鮮の問題等々、予断を許しません。オリンピック開催まで200日を切り解決に向けた道筋が見えることに期待しています。
15:42
カウンタ
COUNTER148875
2017/4/13 設置