ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
      
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2019/12/27

ゆく年、くる年

| by 校長

 早朝までの雨が上がり、よい天気になりました。

 図書館は本年最後の開館日ですが、朝早くから一つ、また一つと自習する皆さんで席が埋まっていきます。もちろん空き教室や、やや寒い3階渡り廊下の自習スペースで黙々と自習する人もいます。3年生の皆さん、全国の受験生が皆同じ思いで励んでいる時期です。自分を信じてもう一踏ん張り、努力は必ず報われます。

 午前中には教頭先生と台風被害の復旧確認を含め屋上から敷地全体を俯瞰しました。そのあと改めて一人で校内を一回りしてみました。掲示物の一つ一つを眺めながら、本年を振り返ることができたような気がします。
   
 ▲屋上からの風景(左からグラウンド、体育館・小体育館・トレーニング室方面、練習している野球部の皆さん)

    
 ▲校内掲示物(左から 図書館入口の『案内』、百人一首大会結果、写真部修学旅行風景特集)


 年度途中の改元という貴重な経験ができた1年でしたが、皆さんにとってはどんな1年だったでしょうか。毎年思うことですが、大変充実した本校での高校生活では、あっという間に時が流れていきますので、自分自身が一旦立ち止まって考えることをついつい忘れがちです。集中して書に親しむ時間も少なくなりがちです。
 高校時代の「思索する時間」「読書する時間」はとても大切です。年末年始は何かと気ぜわしいものですが、1・2年生の皆さんは何とか工夫してそれらの時間を工面してみてください。必ず皆さんの将来にプラスに働きます。

 
 いよいよ来年は「オリンピック・パラリンピック・イヤー」、皆さんにとっても充実した「飛躍の年」になることを祈っています。

             


14:25
カウンタ
COUNTER148854
2017/4/13 設置