ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
      
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2019/12/23

冬季休業を前に

| by 校長
 最近寒かったり雨が降ったりとパッとしない天候続きでしたが、今日はようやく落ち着いた天気になりました。年末の大清掃では、校長室担当の2年7組の皆さんに窓をきれいに拭いてもらえて、部屋の中が心持ち明るくなった気がしました。ありがとうございます。
 全校集会では生徒指導主事の髙野先生から2点話していただきました。1つは「交通安全に関する注意喚起」です。今年は全県的に高校生の関係する自転車事故が多発しており、本校も例外ではありませんでした。気ぜわしい年の瀬だけに、改めて気をつけたいところです。2つめは「挨拶」、これは毎朝天候にかかわらず校門付近で皆さんに声をかけてくださっている先生だからこそ実感されていたことです。私も先生同様、最近皆さんの元気が若干下がり気味ではないかと懸念していたところであり、皆さん一人一人に考えてみてほしい指摘だと感じました。
            
 残念ながら来客等の関係でこの後の各学年集会やLHRの様子は見られませんでしたが、それぞれの学年に応じた各先生からの様々なアドバイスを参考に、短期間の休業を是非とも有効に活用してください。

 夕方、JRCと吹奏楽部の皆さんによるクリスマスイベント・轟町保育所訪問に同行させてもらい、私も少しだけお手伝いをしました。園児の皆さんはとても喜んでくれて、元気で明るい笑顔に心温かくなりました。
17:50
カウンタ
COUNTER148863
2017/4/13 設置