ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
      
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2019/11/27

修学旅行最終日

| by 校長
 今にも雨が降りそうな曇り空、旅行も最終日を迎えました。起床・朝食・更衣の後、前日配付された送り状とともに各自が自宅に返送する荷物をトラックに積み込みました。代表から支配人さんへお礼の言葉を述べた後、各クラス別に最後の見学地に向かって出発しました。
   
 私は8組のバスに乗車し、旧山陰本線の線路を活用した嵯峨野観光鉄道・トロッコ亀岡駅に向かい、紅葉の保津川峡をトロッコ嵐山駅までのんびりと約25分の鉄道の旅を楽しみました。
 諸事情で亀岡駅の発車時刻ギリギリに到着したため私は着席するタイミングを失ってしまいましたが、かえって左右双方の車窓をじっくり楽しむことができました。保津川下りの舟を何度か見かけましたが、ひょっとすると他のクラスの皆さんだったかもしれません。
    
   
 到着後は渡月橋の向こうに色づく山々を観ながらの嵐山散策と、しばしの買い物タイム。昼食の後、バスは約50分で京都駅八条口に到着しました。
   
   
 
 京都ともこれでお別れ・・・来たとき同様、9クラスがのぞみ364号・372号の2本の新幹線に分乗し、全員17:10までに東京駅八重洲口団体出口を出て流れ解散となりました。
             
 実は今朝荷物を積むとき一瞬ぽつぽつと雨粒が落ちただけで、旅行期間中は一度も雨になりませんでした。長い引率経験の中でも大変珍しいことです。2年の皆さんは、もしかすると「もっている」のかもしれませんね。
 関東地方では「明日明後日と一気に季節が進む」という天気予報です。旅行団の皆さん(生徒も先生も)、しっかり休んで疲れをよく取り、金曜日に元気よく登校してください。
22:52
カウンタ
COUNTER142765
2017/4/13 設置