ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
      
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2019/11/26

修学旅行第3日

| by 校長

朝のニュースでは関東は冷たい雨とのことでしたが、京都は冷え込みもなく班別行動には絶好のコンディションです。今朝はバイキング形式で、めいめいが好みのおかずを取り、朝食を楽しんでいました。
 
  

本日は3クラスが着付体験・写真撮影。学年主任の鵜澤先生と私は昨日に引き続き一緒に入れてもらいました。撮らせてもらいました。
         
   
 班別研修も2日目ですので、各班とも手慣れた様子で行動費やバスカードを持ち事前の計画に基づいて各々が第一見学先へと散っていきました
 
  
 昼過ぎからは青空が広がり、各所で見事な紅葉が堪能できたようです。皆さんは気づいていないかもしれませんが、宿舎である聖護院御殿荘の中庭も、紅葉が非常に見ごろとなっていました。
 
   
         
 バスの混雑等で午後6時の帰着予定時刻に間に合わない班がいくつかありましたがすべて事前に連絡は入っており、昨日の反省が生かされたようです。

    
 ロビーでは自宅に送り返す荷物の送り状や事前に依頼したお土産品の引取り、さらにはちゃっかり応接セットの一角を陣取って友達の誕生お祝いでケーキカットをしていたグループもありました。
        
   

 夕食後は皆さんが思い思いに「最後の夜」を楽しんでいました。
 部屋長会議も今晩が最後。各先生が「一人一人が周りへの感謝の気持ち・思いやりの気持ちを忘れない」ことで修学旅行を良い思い出で締めくくれる、とそれぞれの言葉で話されていました。  
     
22:40
カウンタ
COUNTER142766
2017/4/13 設置