ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
      
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2019/11/25

修学旅行第2日

| by 校長

 朝練習を希望していた部活動の人は5時半に玄関に集合し、西尾先生・牛山先生とともに眠い目をこすりながら外に出ていきました。起床時間午前6時には結構多くの人が目を覚ましていたようです。名物の足湯で気持ちをほぐす男子グループもいました。
 
   

 今日は1・2・3・5・6・7組が着付体験。皆さん見違えるような装いでクラスで集合し記念写真を撮っていました。
 
  

 午前9時過ぎから判断ごとに三々五々研修に出かけていきました。先生方にも分担して各方面をくまなく巡回していただきました。
        
     

 私も錦市場や京都駅前、果てはJR奈良線の上り電車車内で声をかけてもらえました。事前に計画した綿密なスケジュールで研修に臨んでいたのだと思います。
 
   
 道路渋滞やバス混雑、そのほかの理由があって若干帰着時間が遅れた班もありましたが、しっかりどのような理由で送れるか本部に事前の連絡があったのは待つ側にとって安心でした。何よりも、全員がけがなく無事宿舎に戻り、ほっとしました。
   
 夕食後は方面別に分かれて夜間参拝。私は永観堂コースに加わり、皆さんと一緒に紅葉を楽しみました。夜なのに内外の観光客がたいへん多く、路線バスの停留所には見学地から滞在先に帰る「足」を待つ長蛇の列ができていました。海外の人々にも「京の秋の彩」は大きな感動を与えてくれるのです。
   
 修学旅行も折り返し点。各自が2日間の反省を生かし、健康で充実した「後半戦」にしてくれることに期待しています。
 
         


22:04
カウンタ
COUNTER142767
2017/4/13 設置