日誌

2019/02/18

「人間力を育む千葉ESDの地域展開」成果発表会

| by 千葉東1805
日時:平成31年2月17日(日)
場所:千葉大学西千葉キャンパス
参加:千葉県ユネスコスクール加盟校生徒・教員 約150名
   千葉大学留学生60名

 千葉東高校はユネスコスクールに指定されており、地域社会及からグローバル社会までの幅広い貢献を1つの目標として掲げています。今回の成果発表会には、本校生徒3名が代表として参加し、千葉東高校が行った校内フェアトレードチョコレートの販売を軸とした慈善活動について英語で発表をしました。
 また、同会場に於いて、千葉県高校生による理数教育の成果発表会及び千葉大学留学生による研究発表会も行われており、大変活気のある会となりました。
 
英語で発表を行う様子

 「ESD*」
 今、世界には環境、貧困、人権、平和、開発といった様々な問題があります。ESDとは、これらの現代社会の課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。(文部科学省)