ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成30年4月現在で25,890名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
          
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成30年4月に創立78年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌 >> 記事詳細

2018/01/17

私は「1・17」を忘れません

| by 校長
 昨日が3月並みの気温だったことから、ずいぶんと肌寒さを感じる一日になってしまいました。

 23年前の今日、阪神淡路大震災が起こりました。関東地方に住む人間にとっては、日中発生した東日本大震災の印象がまだ生々しいのですが、神戸を中心に西日本一帯に大きな被害をもたらしたこの地震の発生時刻は午前5時46分、まだ眠っている人や朝食の準備で火を使っている人たちが襲われました。ほぼ直下型だったこの地震は、木造家屋だけでなくビルの倒壊を引き起こしたほか、阪神高速道路の支柱折損、神戸高速鉄道地下駅の被災、阪神電車車庫の崩落等、建造物の被害が甚大で、消防車両ががれきに行く手を阻まれ、火災によって焼かれた神戸の街の状況は筆舌尽くしがたいものでした。
 家屋倒壊や火災等で6434人が亡くなり、未だに3人の行方がわからないまま(数字は本日付神戸新聞による)の阪神淡路大震災。今日も各所で祈りの輪が広がりました。修学旅行で神戸を訪れた皆さん。ぱっと見ただけでは「そんなに大変なことがあったのか」とにわかに信じがたいところですが、観光スポットの神戸異人街やポートアイランドも大きな被害を受け、復旧まで相当な年月と費用がかかっているのです。
  阪神淡路大震災では、災害発生直後から情報発信の重要性(新聞やラジオ)やライフライン確保が大きな課題となることを多くの人々が知ることになります。また、直後から大きなボランティアの輪が広がった一方で、学校などの避難所の在り方や健康管理(たとえば「エコノミークラス症候群」)、さらに復興が進むにつれ地域社会の解体や復興住宅の独居老人孤独死などの問題もクローズアップされました。
 
 現在、世界では様々な出来事が起こっています。今年は阪神淡路大震災をトップニュースで取り上げられなかったメディアも結構ありました。犠牲になった方々のご家族や未だに苦しんでいる方々はどう思われたでしょうか。扱いが小さくなって、阪神淡路大震災自体を「風化」させることがあってはなりません。
16:56
カウンタ
COUNTER52662
2017/4/13 設置