ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
     
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌
12345
2019/08/22new

少しずつ秋の気配が

| by 校長

 ひとときの暑さが和らぎ、朝夕はセミ以外の虫の鳴き声が聴かれるようになってきました。正面玄関には茶華道部の皆さんが作品を展示してくれて、季節の移ろいを感じさせてくれます。
            
 明日は、体育館で来春高校受験者対象の学校説明会が開催されます。事前にお申込みいただいた皆様の座席は確保されていますので、時間までにお気をつけてお越しください。


16:35
2019/08/19new

戦後74年

| by 校長

 ひところの暑さも一段落して、気が付いたら夏季休業も残り10日です。部活動や補習で登校している皆さんは心配ないかと思いますが、「学校モード切替」はなるべく早い方がいいと考えます。夜型で自宅で学習していた皆さん、休み明けにいきなり寝坊して遅刻はカッコ悪いですよね。

  さて、去る8月15日は終戦記念日でした。昭和・・・平成・・・そして本年は令和元年。今回もまたいろいろなことを考えさせられました。

 戦争は数多くの尊い命が理不尽に奪われ、人々の生活や精神をことごとく破壊するものとして、いつの時代でも絶対に避けなければいけません。私が小さいころは、祖父母や親の世代は太平洋戦争の実体験がある人々がまだ健在だったので、多くの人々の経験談を様々な場面で聴くことができ、本能的に「恐ろしいこと」「体験したくないこと」として戦争をとらえていた気がします。
 時は流れさまざまなことを学ぶ中で、戦争を考えるときの切り口は「恐怖」だけでは語り切れないことに気づきました。将来にわたって継続的に冷静かつ論理的に時代を振り返り検証し続けることが求められます。
 戦争の傷跡は、74年たった現在も明らかに残っています。奇しくも同一日でしたが、8月8日の朝日新聞朝刊記事『モノ語る1945-2019』「ゲンバク 破られた卒業証書」と、NHKEテレ『バリ・バラ』「障害者×戦争」は私にとって衝撃的でした。図書館やNHKホームページでぜひ概要に触れてみてください。


 忘れてはいけないし、知らないままではもっといけない。私に今何ができるのか、そして、皆さんはどうすべきか。


10:54
2019/08/07

山岳部の帰還報告

| by 校長
 本日お昼にインターハイ南九州大会(宮崎会場)に千葉県代表で出場した山岳部の皆さんが引率の眞田先生、住吉先生とともに結果報告に来てくれました。
    男子、女子ともにそれぞれ目指していた目標には今一歩及ばなかったのが悔しそうでしたが、何より昨年のインターハイ終了後から同じ目標をもって仲間と励まし合い、厳しい練習を積み重ねて「高め合う」経験ができたことは、一人一人にとってこれからの人生の大きな財産になると確信しています。心から選手の皆さんの健闘を称えます。
 何よりも、台風8号の影響が心配される中、全員無事に帰還してうれしかったです。そして報告してくれた後の皆さんの笑顔が大変さわやかでした。本当に、お疲れさま!

       
13:31
2019/08/05

吹奏楽部の熱い一日

| by 校長
 気温の場合には「暑い」を充てますので、明らかに皆さんの活躍が「熱かった」お話を一つご報告します。 
 本日、県文化会館で県吹奏楽コンクールが開催されました。本校もA部門に出場、藤崎先生がタクトを振り部員が一丸となった音を奏でていました。銀賞を受賞しました
  記念撮影の際の皆さんの表情は、達成感も手伝って大変さわやかでした。お疲れ様!              
                                
        
13:49
2019/08/02

進学フェア、参加します!

| by 校長

 8月最初の週末を迎えた本日も、朝から補習や部活動で多くの人が登校しています。また猛暑の中担任との面談で来校いただく保護者の皆様には、改めてお礼申し上げます。

  午前中に校内外を回ってみました。教室で熱心に音を合わせているマンドリン楽部や吹奏楽部の皆さん(吹奏楽部は来週月曜開催の県コンクール、頑張ってください!)、蒸し暑い体育館で他校と合同練習してスキルアップを図っている女子バレーボール部の皆さん、ピッチングマシンを使い打撃と守備の練習に余念がないソフトボール部の皆さん、そして中庭でグループごとに真剣に炊事練習(これがまたおいしそうな出来栄えでした!)をする山岳部の皆さん。・・・くれぐれも熱中症には十分注意してください。


 さて、明日3日(土)と4日(日)に幕張メッセで開催される「県内高等学校合同進学フェア」には本校も参加します。中学生の皆さん、会場は十分すぎるくらい涼しいので、ぜひ本校のブースにもお立ち寄りください。


11:53
2019/07/30

それぞれの夏、到来。

| by 校長
 一応夏季休業期間中ですが、補習や部活動で登校してくる皆さんが多いので、チャイムが鳴らないだけでさほど「夏休み」を感じません。これもまた東高らしさというところです。
 関東は29日(月)昨年より30日も遅い梅雨明けでしたが、途端に昨年並みの猛暑が到来しました。皆さんも体がついていけてないのではないでしょうか。日中を中心とした熱中症対策、さらには睡眠と栄養補給で、「自分のペース」を作り夏を乗り切りましょう。

 さて、現在佐賀県で全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」が開催されています。本年度千葉県高等学校文化連盟会長を拝命した関係で、27日(土)の総合開会式に出席し、併せて自然科学部門で参加している本校化学部の2名の活躍ぶりを見てきました(文芸部門で参加している文学部のもとには、残念ながら場所と時間の都合で伺えませんでした)。
          
   ▲ 総合開会式(佐賀市文化会館)で出演した佐倉高生と千葉県教育次長さん他

  
▲美術・工芸部門(佐賀県立美術館・博物館)を千葉県教育振興部次長さん・同学習指導課長さんらと視察

         
  
   ▲自然科学部門(佐賀大学)息もぴったりの本校化学部2名による発表です

    
   ▲ 器楽・管弦楽部門(佐賀市文化会館)演奏終了後の県立船橋高の皆さん

  
    ▲ 演劇部門(鳥栖市民文化会館)には朝から入場を待つ長い行列が・・・
    
  
         ▲ 写真部門撮影会(吉野ケ里歴史公園内)

 高校生の文化の祭典として、毎夏全国各都道府県で持ち回りとなっているこの大会。本年度の運営担当・佐賀県の高校生の皆さんには、手作り感とおもてなしのあふれる対応で大変お世話になりました。来年担当の高知県からは数多くの先生がたや高校生が遠路貸切バス!で視察に来ていました。大いに参考になったことと思います。
 
 数々の作品や発表を観て、高校生の発想の柔軟さと全力で打ち込み仲間と協力して目標に向かっていくエネルギーの大きさに、改めて感動した次第です。
10:52
2019/07/19

急に蒸し暑くなりました・・・

| by 校長

 本日は夏季休業前の全校集会があり、賞状伝達式と生徒会役員認証式、さらにインターハイ(沖縄・宮﨑)に出場する陸上競技部・山岳部、全国高等学校総合文化祭(佐賀)に参加する文学部・科学部の皆さんの壮行会は、その後の講話で話した「自らのよりどころとしての母校」「活気のある学校」に繋がる一コマとして、本年度4か月間を総括する大変印象深いものでした。皆さんの活躍に大いに期待しています。

     
       ▲ 前後して行われた各学年別の集会の様子です。

 午後は職員会議を挟んで、家庭科室で千葉市主催のエコレシピ講習会が、そしてセミナーハウスでは毎年恒例の救命講習会がそれぞれ開催されました。
 救命講習会では、各部活動から1名代表を選んで、日本赤十字社の大河内さん・狩野さんの指導の下で、AED使用法の実習や熱中症対策に関する講義を受けました。本年度本校に着任された先生がたにも加わっていただき、「万一の際にもひるまずに協力できるよう」真剣に取り組みました。
     

 さて、週末を挟んで夏季休業がいよいよスタートします。何事もはじめが肝心といいますが、この週末に40日間のスケジュールを組み、皆さん一人一人にとって有意義な期間になることを祈っています。

 【 追 伸 】

 21日(日)には参議院議員選挙があることは、皆さんご存じの通りですね。様々なメディアによる報道も盛んになっています。選挙権を有する3年生にはもちろん投票所に足を運ぶことをお願いしますが、1・2年生の皆さんもぜひ「選挙権とは何か」様々な角度から考えてみましょう。
 メディアの情報はあくまでも参考、鵜呑みにせず自分の視点で考え判断するということをお忘れなく。選挙とは、皆さんの未来に深く関係するものなのです。


18:20
2019/07/13

善戦しました

| by 校長
 今日は第一カッター球場(習志野市秋津)で千葉黎明高との2回戦があり、応援に出かけました。前回に引き続き、野球部保護者会の皆様やOBOGと吹奏楽部の皆さん、さらに土曜日ということもあって3年生の有志の皆さんも多数応援に駆けつけてくれました。ありがとうございます。      
 
 同球場での第1試合が延びたため、予定より約1時間半遅れてプレイボールとなりました。初戦でみられた硬さがとれてバットもよく振れており、各所で好プレーが見られました。しかし敵の長打が続き、懸命の応援も空しく残念ながら敗戦しました。
        
 試合後、選手から応援の皆さんへのお礼の言葉を聴けました。身近で見守ってくれた親御さんへの感謝の言葉、監督や部長、コーチへのお礼の言葉、そして仲間や後輩に託す思い等々・・・3年間苦しいことがあったけれどもやり遂げたという達成感が伝わってきて、胸が熱くなりました。選手の皆さん、大変お疲れ様でした。
         
17:55
2019/07/11

野球部、逆転で初戦突破!

| by 校長
  きょうの袖ケ浦球場第1試合、対君津商業高戦に臨んだ東高ナイン。
野球部保護者会の皆様やOBOG、そして吹奏楽部とダンス同好会の皆さんによる力強い応援を受けて熱戦を繰り広げました。
  
 序盤と中盤に先行され、一時は沈滞した雰囲気が漂いましたが、何と終盤8回裏一挙に逆転、さらに9回表に追いつかれますがその裏に1点をもぎ取り4x-3でゲームセット。劇的な勝利に1塁側スタンドは歓喜の渦に包まれました。

  

 試合終了後、校歌を歌うことができました。応援した全員が「千葉東高等学校」を改めて誇りに思った瞬間だったと思います。
 応援ありがとうございました。そして野球部の皆さん、次の戦いでも健闘を祈っています。
           
13:10
2019/07/07

東雲祭当日の様子から

| by 校長
 2日連続で肌寒く小雨交じりの天気となってしまいましたが、多くの方々においでいただいた第56回東雲祭一般公開が間もなく終わろうとしています。

 皆さんクラスの発表に一生懸命だったと思いますが、各文化系部活動の発表も充実していました。
            
 
 このほかの東雲祭関連記事は、後日別ページで紹介される予定です。

           
15:17
12345
カウンタ
COUNTER116579
2017/4/13 設置