ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成30年4月現在で25,890名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
     
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成30年4月に創立78年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌
12345
2019/02/15new

季節は足踏み中

| by 校長

 久しぶりに皆さんの顔を見て、声をかけることができました。概ね元気そうで、ほっとしています。担任の先生がたも同じ思いでしょう。

 先週末以来6日間、世の中では様々な出来事がありました。皆さんはこの期間内に各自事前に各教科から示された「相応の」課題に取り組んだこととは思いますが、今朝登校する皆さんの荷物を見ていたら、観光地のお土産袋や某チョコレートメーカーの手提げ袋もちらほらと・・・ともあれ、先週末から「何かをして充実した」6日間であったはずです。
   
      ▲ いずれもよく見ると、雪の粒が確認できます。


 下校する時間帯には雪がちらつきました。調べてみたら、ちょうど三浦半島から千葉市方面にかけて、まとまった雨雲が移動していました。来週からはだいぶ気温も上がると予報されていますが、そうなると「魔の」花粉の季節到来です。アレルギー傾向の皆さんは、早めに対策を講じておきたいですね。


12:07
2019/02/04

やや早すぎる?春

| by 校長

 今日は立春、暦の上で春を迎えたことになります。最近は日没時間がだんだん延びていますし、本当の春までもう一息、というところでしょうか。テニスコートわきに小さな花をつけた水仙を見つけました。皆さんは気が付きましたか?
             
 それにしても本日は昼過ぎにかけて気持ちの悪いくらい暖かくなりました。さすがに18℃前後と季節を2か月も先取りした気温では体がきついです・・・。
当然ながら油断は禁物、明日からは10℃前後のいつもの気温に戻りそうですし、本校のマラソン大会予定日の天候はこれをさらに下回り、雨も少々心配されます。
 
 巷で猛威を振るっているインフルエンザですが、防止対策には適度な湿度が効果的といわれている中、先週末のテレビ番組で「今シーズンは予防接種を受けていてもインフルエンザに2度感染する人が急増している」というショッキングな情報を伝えていました。
 ともあれ、体調管理に万全を期して今週を乗り切りましょう。


14:52
2019/02/01

2月、スタート。

| by 校長

 皆さんの近所では昨晩の降雪はいかがでしたか?私も今朝は大事をとっていつもより早めに出勤したのですが、幸いにも学校周辺は大したことはなく何よりでした。

          
 今日から3年生は自宅学習期間が始まりましたが、いつものように登校して各自のリズムで「夢に向かって」追い込みに励む姿も見られます。それぞれのスタイルで大いに結構、自分を信じてできうる限り平常心で本番に臨んでください。

 一方で、本日と4日(月)は千葉県公立高等学校の前期選抜出願受付です。本校にも朝早くからたくさんの中学生が緊張の面持ちで訪れました。
 本校に限らず、普段乗り慣れない電車に揺られ、駅から志望校に向かい出願した県内中学生の皆さん。本日は大変お疲れさまでした。来週は寒暖の差が激しくなると予報が出ています。体調を整えて、本番では頑張ってください!


17:40
2019/01/22

マラソン大会にむけ練習中です

| by 校長
 しばらく晴天が続いており、体育の授業ではおおよそ計画通りにマラソン大会へとつながる持久走練習が佳境です。大きな時計が示されているので、目標を設定して取り組む皆さんが多く見受けられます。写真はいずれも本日の1年生の様子です。
      
 もちろん、体育科の先生がたで毎時間分担し、走っている皆さんの健康観察や計時、周回コース上の安全誘導、さらには伴走まで取り組まれています。
 
 長距離走は走っているとき苦しい分だけ、ゴール後の達成感は大きいものです。来月6日(水)の本番までにはまだ時間がありますので、皆さん十分調整し、万全の状態で臨んでください(終了後はぜひ手洗い・うがいを!)。
14:45
2019/01/21

放課後の学校

| by 校長

 昨日は大寒でした。一年のうちで最も寒い時期といういわれのとおり、本日も日中空がスッキリと晴れ渡り、北風が身を切るような冷たさでした。こういうときは大概、北日本の日本海側で猛烈な風雪となっています。
         
  さて、この写真は本日夕方、海外研修保護者説明会終了後に、4階・音楽室方面に至る階段の踊り場から撮ったものです。教室に残り部活動や勉強に取り組む皆さんも窓越しに確認でき、自分でいうのも何ですが「放課後の学校」らしい1枚になりました。
 学校を出ると、大きな満月がきれいでした。今晩は普段の満月よりも14%ほど大きく見える「スーパームーン」とのこと。皆さんも夜の息抜きに眺めてみてはいかがでしょうか。


 いくつかのクラスでは急にインフルエンザで休む人が増えています。しばらくの間、朝夕の防寒対策に加えて、手洗い・うがいや教室換気の励行、マスク着用等の「インフルエンザ防止対策」徹底をお願いします。


19:08
2019/01/17

「1.17」を風化させない

| by 校長

 早朝午前5時46分に発生したマグニチュード7.2、最大震度7の直下型地震・兵庫県南部地震が引き起こした「阪神・淡路大震災」から本日で24年が経過します。あちこちで家屋が倒壊し、道路が寸断されて火災の消火に手間取って、実に約6500名もの尊い命が奪われました。
 家族を失った方々、あれ以来故郷を離れざるを得なくなった方々は数多くいらっしゃいます。それだからこそ、昨日の歌会始で天皇陛下が詠まれた歌は、私を含め多くの人々の心に響いたのではないでしょうか。


 平成の時代に経験した未曽有の地震災害も、その後の驚異的スピードによるインフラ復興で、私たちが修学旅行で短時間神戸を訪問したぐらいでは震災の爪痕を感じることがなかなか難しくなりました。24年を経て、実際に当時を知る方々が少なくなってきたことも、震災を感じさせなくなる一因になっています。
 災害の記憶を忘れてはいけないのですが、記憶とは悲しいことに時間とともに確実に風化します。津波や原発事故のイメージが強烈な東日本大震災(2011年3月11日)は、残念ながら関東に住む私たちにとってさらに阪神淡路大震災のイメージを希薄にしつつあります。しかし、高架橋の倒壊で鉄道や高速道路網が使用できなくなり、避難をはじめ消火・救出活動ができなくなる恐ろしさを、首都圏では改めて認識したほうが良いでしょう。


 今朝の職員打合せの際に橘副校長先生は、本日が「防災とボランティアの日」に定められていることに触れられ、学校全体で安全・防災を考えるきっかけにしようと話されました。一番身近なことはわが身を守る、すなわち避難経路の確認・確保です。ぜひ皆さん各自で「経路上に邪魔なものが置かれていないか」学校でも自宅でもチェックしておきましょう。


13:37
2019/01/11

季節の風景

| by 校長
      
 この写真は、今朝6時過ぎに私の家の近所で撮りました。こんな空の色の変化がとても気に入っています。

 この季節は朝の冷え込みが厳しく、空気が澄み切っているので、通勤車内から富士山がよく見えます。県内各地には「富士見」という地名がありますが、きっと古来遠く富士山を臨むことができたことが命名の由来だったに違いありません。
 富士山は日本人だけでなく海外の方々にも人気がありますが、眺めてその美しさに感動するとともに「今日もがんばれ!」と励まされているような気持になれる不思議な魅力があります。信仰対象になるのも無理はありませんね。皆さんの通学時間鯛には車窓から富士山を確認できるでしょうか。

 そういえば、去る2日(水)朝は、上空で細い月と金星が接近して観測され、木星の輝きともども大変幻想的な眺めでした。6日(日)午前中は部分日食もあったとのことです。

 皆さん、たまには立ち止まって遠くの景色や上空を眺めてみてはどうでしょうか。よい気分転換になること間違いありません。
10:49
2019/01/09

体育館工事が終わります

| by 校長
 体育館の工事がようやく終わり、今日暗幕の設置が完了すれば完成となります。

   
  ▲ 入口からステージ側方向    ▲ステージ下から後方を見る 
 
 天井が高くなり、白く塗った関係で「なんとなく広くなったような」感覚を持ちました。まだ夜には入ったことがないのですが、照明がLEDに変更されましたので、かなり明るく(慣れるまではやや眩しく・・・)感じるかもしれません。

 工事期間中は体育の授業はもちろんのこと、バスケットボール部、バレーボール分の皆さんには長い間本当に不便をかけました。また、この間練習会場を提供してくださった近隣中学校の皆さんはじめ多くの方々に、あらためてお礼申し上げます。
12:51
2019/01/04

充実した1年に

| by 校長

 関東地区は昨年末以降穏やかな天気が続いていますが、全国的には結構な寒波や降雪に見舞われたところもあったほか、昨3日夜には熊本で大きな地震が発生との情報もありました。今年1年が自然災害の少ないとしてあることを祈らずにはいられません。

 さて、暦のうえでは本日が仕事始めです。学校も7日(月)を前に本格的に始動しました。私は今朝普段より早めに出勤し校内を一巡りしましたが、3年生の皆さんはセンター試験本番体験会に取り組んでいました。受験科目の関係で早めに登校したであろう人も、空いている教室や3階廊下の学習コーナーなどで真剣に受験前の確認に取り組んでいました。この入念な準備こそが「最後にものをいう原動力」です。夕方まで受験する人も結構いますが、体調管理に十分気を付けて「本番前の確認」に取り組んでください。

 部活動も本格始動です。午前中は野球部・サッカー部・吹奏楽部の皆さんが登校していました。一生懸命に取り組んでいる皆さんの姿を見ていて、こちらがエネルギーをもらえます。さて、部活動に所属している皆さんに今年は1つお願いがあります。ぜひ今年は、皆さん一人一人で「効率的な」部活動練習の在り方を考える年にしてください。メリハリのある練習で、さらに皆さんの成果が上がることに期待しています。


10:51
2018/12/25

同じ志の仲間とともに

| by 校長
 きょうの千葉県内は風も弱く穏やかな一日でした。3連休中、私は千葉県高等学校文化連盟の仕事の一環で、年明けに習志野文化ホールで開かれる第13回オーケストラ・ジョイントコンサートの最終練習会の様子を見学させてもらいました。
 千葉女子高等学校の文化ホールで、県内各地から集まったオーケストラ部所属の高校生300名以上が集まって一斉に合唱や演奏をする姿は壮観です。
         
            ▲合唱指揮指導する石塚先生(中央)
        
           ▲行進曲のタクトを振る安田先生(中央)

 今回は「平成の締めくくり」でもあり、恒例の参加者全員による演奏では、合唱部門で国府台高等学校の石塚校長先生が、合奏部門で津田沼高等学校の安田校長先生が、それぞれタクトを振られます。
 他校の仲間と一緒に演奏することで、日ごろの同じ学校の仲間同士の練習とはまた違った刺激を受けたことでしょう。

 天気予報では、この後さらに強い寒気が流れ込んでくるとのこと。本校部活動の1・2年生も、夢に向かって追い込み中の3年生も、年末年始は体調管理をお忘れなく。
15:49
12345
カウンタ
COUNTER78180
2017/4/13 設置