ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成30年4月現在で25,890名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
          
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成30年4月に創立78年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌
12345
2018/06/19new

校長先生対象の研修会

| by 校長
 本当に久しぶりに青空と太陽を見た気がします。気持いいですね。
 中庭では、朝はダンス同好会の皆さんの練習、昼休みには山岳部の皆さんによるテント日干し作業、そして放課後はジャグリング同好会のメンバーが熱心に技術を磨いている姿がそれぞれ見られました。4階の各教室からきこえてくる東雲祭に向けた歌声も、次第に力強さとまとまりが感じられるようになってきています。
 
 さて、先週15日(金)に、本校のセミナーハウス2階で県内公立高等学校の校長先生を対象としたe-ポートフォリオ研修会が開催されました。e-ポートフォリオとは、大雑把に言うと「高校在学中の活動をそれぞれ自分で電子データで記録し、その記録が将来大学入試で活かされるようになっていく」しくみのことです。大事なポイントは、自分が自分の言葉で自らのあゆみをしっかり記録しておかなければならないところです。
          
 既に1・2年生の皆さんには、阿部先生が情報の授業の中でe-ポートフォリオを紹介しており、実際に自分のページを開いて書き込む練習も始めています。自分の家のパソコンやスマホからも書き込めますから、皆さんは入力について一刻も早く慣れることが大事ででしょう。
 研修後半の質疑応答では、私を含む各校の校長先生から様々な質問が出され、予定した時間を大幅に上回る研修会となりました。当日の内容については、職員会議後などを活用して、できるだけ早いうちに私から各先生方に情報提供していきます。
18:45
2018/06/15

教職を目指して

| by 校長
 本日は「千葉県民の日」で授業はありませんでしたが、東雲祭の準備や部活動で多くの人が登校していました。急な降雨で外の運動部は大変でした。

 なかなか時間がとれなかったので、今日は12名の教育実習の先生と私とで研修会を行いました。前日の教務主任藤野先生による講義を受けて、「主体的・対話的で深い学び」の在り方について先進事例を紹介したほか、不祥事防止に向けてクループで演習を行ったりしました。午後からは3週間にわたる実習について、地﨑教頭先生から個別面談がありました。
                           
 卒業生の中から、教壇に立とうという意欲を持って実習に臨む方が毎年いることが本校の強みだと考えます。12名の皆さんの夢がかたちになることを祈っています。
           
19:05
2018/06/14

本物に触れる大切さ

| by 校長
 14日(木)は芸術鑑賞会、日比谷・日生劇場でオペラ「魔笛」を観ました。初めて劇場でオペラを観たのですが、ちょっと言葉にならないくらいの感動・・・。皆さんはいかがだったでしょうか。
 本物に直に出会い、直感的・本能的にすばらしいと感じることが、その後の人生に大きな影響を与えます。多感な高校生世代はなおさらでしょう。学校が実施する芸術鑑賞会はきっかけ作りとして大きな意義があります。これからもぜひ、積極的に様々な芸術・芸能を味わってください。
   
20:28
2018/06/10

梅雨空が続きますが・・・

| by 校長

 週末9日(土)に1年保護者進路ガイダンスを実施しました。お暑い中、多数の皆様にお集まりいただき感謝申し上げます。現在そして今後の学校生活や、進路関連情報については、今後も随時様々な形でお知らせしていきます。
     
 今月はこのあと23日(土)に2年保護者対象ガイダンスを実施する予定です。


 梅雨時というのは学校にとってつらい時期です。グラウンドやコートの状況で練習内容が大きく左右される野球部・テニス部もそうですが、何より気温の変動が大きく、真夏日になったかと思うと翌日は4月中旬ぐらいのひんやりした曇天になったりします。天気予報を目安に、身体もこころも健康維持につとめましょう。
   


16:42
2018/06/03

6月、スタート。

| by 校長

 中間考査開けの週末は、梅雨入り前の好天でした。

 2日(土)、午前中に短時間だけ登校しました。セミナーハウスでの「千葉大学連携・基礎教養講座」に加えて、校内外での部活動練習に東雲祭の準備と、授業が行われていないだけで平日の活気ある東高が戻ってきた印象を受けました。

 この日は午後から本校同窓会の総会が開催されました。多くの先輩方のご出席をいただき、昨年度の活動や本年度の予定など様々な案件について審議・了承をいただきました。ご参加いただいた皆様にあつくお礼申し上げます。
 各界で活躍されている本校の先輩方はいつも母校の活動全般にエールを送ってくださいます。現在本校で高校生活を送っている皆さん、ぜひこうした先輩方との「絆」も意識して、一層励んでください。


16:24
2018/05/28

さあ、中間考査!

| by 校長
 いよいよ明日29日(火)から前期中間考査です。先週金曜日放課後に校内をさっと巡回したところ、1年生のクラスでは友人同士で勉強を教えあっている姿が多数見られました。数学科準備室前の3階渡り廊下や講義室でも、納得のいくまで先生に質問する皆さんの姿があり、うれしく感じた次第です。

 定期考査には万全の準備で臨み、全力で取り組まなければならないということは言うまでもありません。高得点を目指して頑張ってください。しかし、大切なのは返却された答案の扱い方です。点数だけにとらわれてはいけません。定期考査にある「確認」、すなわちこれからの学習の充実に向けて自分の弱みを早い段階で見つけ、征服するという意義を忘れないでください。考査を存分に活用すれば、受験に役立つ基礎力が鍛えられます。
17:23
2018/05/19

第3学年進路ガイダンス

| by 校長
 千葉大学教育学部大講義室を会場に、第3学年保護者対象の進路ガイダンスを実施しました。休日朝早くからお集まりいただいた保護者の皆様、そして千葉大学の関係者の方々にこの場をお借りしてお礼申し上げます。会場の大講義室は開会の段階で空席がほとんどない状況でした。
    
 これからもご家族と本校の先生方が力を合わせて、3年生の皆さんの「夢をかたちに」していく体制を作っていきます。しかし、皆さんにとって大事なことは「高校生活の締めくくりの1年に悔いを残さない」こと。受験の準備もさることながら、今までがんばってきた部活動に、そして最後の東雲祭に『東高魂』で臨んでください。皆さんにはそれだけの底力が備わっています。
18:35
2018/05/10

皆で「創る」学校行事

| by 校長

 サッカーの部については雷鳴と降雨により残念ながら午後1時前で途中中止としましたが、本日スポレク大会を何とか実施できてホッとしています。開会式を盛り上げてくれた体育委員の皆さん、今年は「掛け合い」もあって楽しかったですね。
 雨に加えて終日気温があまり上がらず、私も季節外れの寒さを痛感しました。皆さん、事後の体調管理をぜひともよろしくお願いします。

  私は学校行事のたびに、裏方で準備してくれている人への感謝の気持ちを大切にしたいと感じています。特に今回はサッカー会場が本当に大変でした。また保健体育科や関係部活動顧問の先生、そして保健室の大津山先生・三瓶先生は、皆さんの活動の「数歩先」まで見通し、細かなところまで配慮されていました。ありがとうございました。
  

  

 
 勝敗もさることながら、一体感を味わえるところがチーム競技のよさです。これからクラスや各団体で取り組む東雲祭が控えています。ぜひ今日の反省や感動を生かして成功に導きたいところです。


16:42
2018/05/08

18歳選挙権

| by 校長

 なんとも肌寒い日でした。明日スポレク大会の予定でしたが、天候とグラウンドコンディションの面から保健体育科の先生方に十分検討していただき、開催を翌10日(木)に順延することにしました。その関係で、生徒会役員改選に係る立会演説会と投票は明日9日(水)午後に繰り上がります。
  
 選挙といえば・・・選挙権が18歳に引下げられてからまもなく2年です。国政選挙になると全国的にメディアでも大きく取り上げられ意識しやすいのですが、実際には各市町村長選挙をはじめとする地方選挙が各地で頻繁に行われていますので、3年生の皆さんにとっては、気がついたら授業等で取り上げられる前に当事者になっているということが十分考えられます。自分の考えを代弁してくれる人物を選ぶことができる大事な権利としての選挙権。その仕組みについては総務省と文部科学省が以前作成した副読本「私たちが拓く日本の未来」で学ぶことができます。
(総務省HPに掲載、http://www.soumu.go.jp/main_content/000386873.pdf

1・2年生の皆さんも、ぜひ早いうちに読んでおきましょう。
 投票自体を身近にするために、各地で様々な取組がなされています。しかし、身近にするだけではなく、選挙制度の本質を考えることが大事だという点で興味深い記事がありましたので、以下にご紹介しておきます。(NHKオンラインより)
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0507.html?utm_int=detail_contents_tokushu_001


 皆さん、生徒会役員を選ぶという権利を「適切に」「確実に」行使してください。

 なお、明日は今日と同じかそれ以上に肌寒く感じられるという天気予報の情報があります。立会演説会の会場は体育館です。風邪を引かないよう準備してください。


16:56
2018/05/06

部活動のよさ、再発見。

| by 校長
 今日でゴールデンウィークが終了します。3日(木)午前中を除けば、さわやかさばかりか多少の暑さも感じる安定した天候でしたので、屋外の運動系部活動の皆さんにとっては充実の期間だったのではないでしょうか。

 私は4日(金)の吹奏楽部、6日(日)のマンドリン楽部双方の定期演奏会に出かけました。双方とも3年生にとって締めくくりの行事ということで、ご家族の方や友人の皆さん、そして本校の各先生方に多数来場いただき、千葉市民会館大ホールはほぼ満席の状態でした。皆様、休日にも関わらず本当にありがとうございました。
 両部ともに趣向を凝らした3~4部構成で、聴くものにとっては本当にあっという間でしたが、この日に向けて部員の皆さんがどれだけの努力を積んできたかは容易に想像できます。両部の代表のスピーチには奇しくも共通して「苦悩、対立、挫折もあったが、仲間がいたから乗り越えられた」という趣旨の言葉がありました。

 部活動のすばらしいところは、限られた時間の中でもがき苦しみながら、周りの皆さんのサポートも受けながら、仲間とともに同じ目標に向かって努力することを体験できることです。これは皆さんの人生にとって大きな自信となります。併せて、部活動を続けるなかで、陰に陽に支えてくださるご家族や顧問の先生方の存在がいかに大きいかということにも気づくことができます。

 さて、明日から普段の生活に戻ります。天気が心配ですが、休日モードから上手に切り替えて流れに乗りましょう。・・・そろそろ中間考査がやってきます。
21:04
12345
カウンタ
COUNTER45034
2017/4/13 設置