ようこそ
 千葉県立千葉東高等学校は千葉市稲毛区にあります。
昭和16年4月に千葉市立千葉高等女学校として開校し、同23年に新制の女子高等学校に、同25年に県に移管され県立千葉第三高等学校として共学の学校に変わりました。そして同36年4月、千葉東高等学校に改称され現在に至っています。
 平成31年4月現在で26,246名の卒業生を数え、わが国の各界で活躍しています。
 
校長挨拶
           「東高魂」で一緒に高みを目指しましょう
     
                                                 千葉県立千葉東高等学校長 渡部 徹
 
 平成31年4月に創立79年目を迎えた伝統ある本校。生徒は全員が勉学・部活動・学校行事のいずれにも、全力で取り組んでいます。その原動力を卒業生は、「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼び、「東高魂」は在校生の心の支えになっています。在学中は、確かに忙しい毎日を過ごしていますが、卒業生に聞きますと、異口同音に「その充実感があって希望校に進学できたと話しています。
 皆さん!一緒に充実した高校生活を過ごし「夢をかたち」にするために、「日本一充実した高校生活が送れる学校」千葉東高等学校への入学を心からお待ちしています。
 本校の取組について、下の「続きを読む」をクリックしてご覧ください
 

校長室だより
日誌
12345
2019/04/15new

いよいよ始まりました

| by 校長
 ようやく春らしく暖かさを満喫できる日差しが戻ってきました。日中は22℃を超え、動くと汗ばむ場面があったかもしれません。この陽気で正面玄関前のシダレザクラや野球場そばのソメイヨシノは「葉桜」化が進行していますが、目を校外に転じるとヤエザクラがこのあと「満開」を迎えそうです。月初めの寒波が幸いしてか、今年度は桜の色を長い間楽しめそうで少しうれしいですね。
           
 さて、今日からすべての学年で授業が本格的に始まりました。午前中と午後、廊下から各教室の授業の様子を見させてもらいましたが、1年の皆さんの真剣な表情が強く私の印象に残りました。進む速さやその内容など中学校とは段違いだと思いますが、まずは全ての科目の様子をリサーチしてみましょう。一方慣れたところからか、2・3年生の皆さんの中には、さっそく本気モードの人と開いていかないか心配な場面に出くわしました。いずれにしても、新入生にとって「良き先輩」であってほしいと願っています。 昼休みにはこの時期恒例の部員勧誘を兼ねたミニコンサートが屋外で行われました。校舎に向かって披露している様子、わかるでしょうか・・・
 
     
               ▲  音 楽 部
     
               ▲  吹 奏 楽 部

 1年生の皆さん、運動系・文化系の別なく数々見くらべて、ぜひ気に入った部活動に参加してみましょう。
16:52
2019/04/09

祝!入学

| by 校長
 本当に春爛漫、さわやかな青空のもとで入学式が挙行され、無事323名が本校新1年生となりました。
                
             ▲ 入場前の式場の様子です。      ▲ 各方面からいただいた祝電です。

 新入生の皆さん。高校入学後は、学びにおいても生き方においても「自らを律し、適切な負荷をかけながら自立する」ことが求められます。相手に対する思いやりや感謝の心を持ち、大いに議論しながらたくさんの仲間を作って、ぜひ充実した高校生活を送ってください。
 正午からぴったり60分間、各部活動の勧誘がそれぞれ趣向を凝らして行われました。先輩たちは全員、皆さんを待っています。その様子のほんの一部を紹介しておきましょう。
     
     
 明日は気温が急降下し、日中でも気温一ケタとの予報が入りました。できる限りの防寒対策をして臨んでください。
17:55
2019/04/05

準備は、いかに?

| by 校長
 本日は全員の先生がたが集まり、新年度最初の会議を持ちました。会議の冒頭で私から今月1日付けで本校に着任された先生方をご紹介し、私自身も「いよいよ新たな年度を迎えるのだ」と気持ちが引き締まりました。

 日中は南風の影響もあってずいぶんと暖かくなり、敷地内の桜の花が一気に満開となりました。しかしあまり風が強いとせっかくの花弁が飛ばされて、始業式や入学式まで持たないのではないかとやきもきしています。
   

 9日(火)にいよいよ新1年生を迎えます。皆さんには「本校先輩」としての心の準備をぜひお願いします。
19:58
2019/03/29

年度末を迎えて

| by 校長

 東京では桜が満開になりました。本校でも春の花があちこちで咲き、新しい年度の訪れを知らせてくれます。

         
 春の休業期間は各部活動にとって貴重な練習チャンスです。体育館やグラウンドでの練習や他校との練習試合、合宿等々。マンドリン楽部や吹奏楽部は、3年生部員にとって総仕上げとなる定期演奏会が5月に控えていますね。新学期が始まると平日まとまった時間での連取時間確保は難しくなりますので、この期間を有効活用してください。
 昨28日午後には音楽部の第36回定期演奏会が開催されました。会場の千葉市文化センターホールには、ご家族の皆様やOBOGの皆さんをはじめ多数ご来場いただき、本当にありがとうございました。先日までの米豪研修に参加していたメンバーもいる中、部員全員が心を一つにして素晴らしいハーモニーを奏でていました。

              
 さて、本日10時から今年度末でご退職ならびに異動となる先生方への辞令交付式を行いました。本校在勤期間に長短はありますが、皆さんや皆さんの先輩方のためにご尽力いただいた先生方とお別れするのはつらいものがあります。
 定年でご退職された先生方の中には、4月から再任用でご勤務いただく先生もいらっしゃいます。ご健康に留意いただき、ますますご活躍いただくことをお祈りします。

 週が明け4月1日(月)からはいよいよ新年度。春休みも、残り1週間です。


11:26
2019/03/25

【速報】米国研修団、無事帰国

| by 校長
 23日(土)のオーストラリア研修組に続き、本日アメリカ研修組も無事に帰国しました。本日は石井俊先生と私が空港第1ターミナルで待機しました。機材の関係から現地出発が大幅に遅れ、成田空港到着は予定よりも3時間ほど遅れましたが、加藤先生・河﨑先生はじめ研修団全員が元気に明るい表情で到着ロビーに現れ、ホッとしました。
   
    ▲(左側)「14:55到着予定のところ17:43に変更」と掲示(実際には17:23到着)

 出迎えにたくさんのご家族の皆様においでいただきました。年度末の平日でお忙しい中、誠にありがとうございました。
         
             ▲ 解散セレモニーの様子です。
20:12
2019/03/23

【速報】豪州研修団、無事帰国

| by 校長
 大変寒い一日、関東では前日よりも15度以上気温が下がって、身体には厳しかったですね。
 さて、オーストラリアの海外研修団は本日17:30成田空港に無事到着、帰国しています。木村先生と私でお迎えしました。保護者の皆様も多数お迎えに来ていただき、ありがとうございます。全員元気な表情でホッとしています。

 なお、研修後半の様子については、本日の解散式の様子も含め後日別稿で掲載されますのでご期待ください。
    
19:31
2019/03/15

新たなスタートに備える

| by 校長
 春に三日の晴なし、といわれるほどこの時期の天候は安定しないと一般に言われていますが、幸い今週は12日(火)から今日(金)まで晴れの状態が安定し、気温も比較的暖かめでした。残念ながら明日は雨の予報が出ていますが、それでも草花にとっては恵みの雨になりそうです。セミナーハウス付近に咲き、素敵な香りを漂わせてくれている沈丁花の花も一息つけそうですね。
     
 本日は4月に入学する予定の皆さん対象の説明会を開催しました。会場いっぱいに椅子を並べたのですが、ここ数年9クラス分を設営してきた側にすると、だいぶ会場に余裕を感じることができました。
     
 あと半月少々ありますが、時間を上手に使って準備をお願いします。
16:02
2019/03/14

今年もトビタテ!東高生

| by 校長
 今日は海外研修の出発日。見送りのため成田・羽田双方の空港に出かけました。アメリカ研修・オーストラリア研修のいずれも、約半年間・週1回の事前研修を行ってきたこともあり、空港に集合した皆さんの表情には、不安や緊張感よりも「いよいよ本番だ!」という高揚感から自然にあふれる笑顔で一杯でした。頼もしかったです。見送りに来ていただいたご家庭の皆様、ありがとうございました。
 午後2時半集合の成田空港(アメリカ研修、~25日)では石井俊幸先生が司会進行で出発式を行い、引率の加藤先生・河﨑先生とともに16名が笑顔で出国しました。
     
 この後私は急いで京成スカイライナーに乗車、数回乗り換えて京浜急行線経由で羽田空港へ移動。午後7時半集合の羽田空港(オーストラリア研修、~23日)では及川先生進行で出発式を行い、浅野先生・西原先生引率で24名がそろって出発しています。
     
 私自身の経験からも、外から自分の国を見て考えることはとても大切だと断言できます。いずれにしても皆さんが無事に充実した研修を終え、一回りも二回りも大きくなって帰国することに期待しています。
22:10
2019/03/11

3・11

| by 校長
 東日本大震災から今日で8年です。皆さん一人一人には、当日の記憶は残っているでしょうか。千葉県内はもちろん、各地で数多くの方々が亡くなり、様々な被害が出ました。そして、いまもなお以前のような穏やかな暮らしに戻ることができない方々もいらっしゃいます。
 
 これまで私は自らの思いとして「あの経験は忘れてはいけない、語り継ぎたい」と伝えてきました。しかし先日、ある被災者がメディアのインタビューに対して「何でもかんでも一律に『この日のことを忘れないで』と言われること自体が苦痛だ」というお話にハッとさせられ胸が痛みました。あの日の受け止め方は人によってそれぞれ異なってよい、ということに私自身が今まで十分気が回っていなかったことに気づかされた次第です。
 
 自然の前で、人間は無力です。自然災害の恐ろしさは、私たちの想定をはるかに超えた被害をもたらすところにあります。しかし人間の力強さは、一度受けた災害を検証・分析して、次に同様の事態に直面した際にはダメージを確実に軽減できるように備えることができるところにあります。
 災害発生時にはどうしても行政等の公的支援に頼らざるを得ない部分がありますが、私的視点をもとに多くの人々の証言の分析や災害発生時の初動体制の在り方、ビッグデータの解析そして被災した人々の心身のケア等々を検討しておくなど、人々が主体的にできることは数多くあります。皆さんもぜひ「自分にできることは何なのかを必ず考える日」として、3月11日を心に刻んでください。
14:46
2019/03/07

「18歳」の皆さんへ

| by 校長
 心配していた雨も強まることなく、本日は予定どおり卒業証書授与式を挙行することができました。あらためて、本日晴れて本校を卒業した皆さんとその保護者の皆様に心からお祝いを申し上げます。
 式の終了後、部活動の謝恩会やクラスでの友人との語らいで3年生の皆さんが多数名残惜しそうに学校に残っていました。皆さんにとって、そんな母校であることはうれしい限りです。
          

 卒業する皆さんへのはなむけは式辞で述べたとおりですが、将来的な成人年齢である18歳に達したみなさん(場合によっては新年度すぐに18歳になる現2年の人にも)へのメッセージを1つ付け加えさせてください。
 
 新年度には統一地方選(千葉県議会議員選挙もその一つです)や参議院議員選挙が予定されており、18歳の皆さんには自ら一票を投じるチャンスが訪れます。実は近年、全国的に投票率があまり上がらず、場合によっては20%台という選挙もあったりして、個人的に非常に残念に思っています。さらにそれ以前の問題として、選挙の仕組みや法的な規制、さらには政治について若者同士が意見交換する意義についても知らないままにしてしまう傾向にあることも否定できません。

 民主主義社会における重要な意思表示の権利はもっと尊重されるべきであり、そのためにも私たちが知っておくことは数多くあります。「私たちが拓く日本の未来-有権者として求められる力を身に付けるために-」(初版平成27年、総務省・文部科学省)は学校でもお目にかかっているはずですが、本年度一部改訂されたものが総務省のホームページで公開されています。
  http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/senkyo_nenrei/01.html
時間を作ってぜひ研究してもらい、有権者になったらしっかりと権利を行使する意識を持ってほしいと考えています。
        
16:20
12345
カウンタ
COUNTER88978
2017/4/13 設置