日誌

令和5年度 科学研究発表会

11月11日(土)、千葉大学にて、「千葉県高等学校文化連盟自然科学専門部会 令和5年度科学研究発表会」が開催されました。

千葉東高校からは、化学部生物部が、下記の4件の題目で発表を行いました。
日頃の課題研究活動の成果を堂々と発表している姿が印象的でした。
他校の生徒と活発に議論を行うこともでき、今後の研究活動への課題を整理することもできました。

【発表題目】
〈化学部 2題〉
「界面活性剤の親水性部分が洗浄力に与える影響」
「メタリン酸や水が緑茶の酸化還元滴定に与える影響」

〈生物部 2題〉
「ジョロウグモが作る網の昆虫捕獲効率」
「ニホンイシガメとクサガメの種間雑種における形態形質のバリエーション」