東邦大学との連携講座

 千葉東高校の生物科では、平成22年度から東邦大学理学部生物分子科学科佐藤先生のご協力をいただき、「PCRによる遺伝子解析」の実験を実施しています。これは、1年次から3年次まで希望する生徒はほぼ全員参加することができます(40名程度)。
 実験内容は、アルコール感受性に関わる2種類の遺伝子を解析し、どれくらいお酒が飲めるか、お酒に強いかを調べます。

    佐藤先生の講義           マイクロピペットの練習      アガロースゲルに試料を注入


 これらの実験は、東邦大学の理学部実験室で行います。また、アシスタントとして、東邦大学の学生さんもついてくれます。実験だけでなく、大学の様子もわかるので、理系の大学に進む生徒には、大変有意義な講座だと思います。

 千葉東高校には、これ以外にも物理・化学・地学・数学分野でも大学と連携した講座が開かれています。興味がありましたら、ぜひ、参加してください。