科学の甲子園

高校生の “科学技術・数学・理科等の競技大会” 

 
代表選手、県大会会場にて

科学の甲子園は、高等学校等(中等教育学校後期課程、高等専門学校を含む)の生徒チームを対象とした
理科・数学・情報における複数分野の競技会です。国立研究開発
法人科学技術振興機構(JST)により,
全国の科学好きな高校生が集い,競い合い,活躍できる場として,また科学好きの裾野を広げることを目的
として平成23年度に創設した事業で,各都道府県大会を勝ち抜いた1チームずつが全国大会に出場します。

昨年までの実績(千葉東高校チーム)
平成23年度 県大会準優勝
平成24年度 県大会
平成25年度 県大会
平成26年度 県大会
平成27年度 県大会3位
平成28年度 県大会6位 H28科学の甲子園千葉県大会
平成29年度 県大会5位 H29科学の甲子園千葉県大会
平成30年度       H30科学の甲子園千葉県大会 修学旅行と重なったため、1年生2チームが参加しました。

第8回県大会(予選)は平成30年11月17日県内で,全国大会は平成31年3月15日から18日に埼玉県でおこなわれます。
競技内容は県大会,全国大会とも筆記問題と実技試験からなります。

筆記問題: 理科(物理化学生物地学),数学,情報,教科の枠を超えた融合的な問題
      を団体戦で解き合計点を
競う。

  
実技試験: 実験,実習,考察等および科学技術を総合的に活用した物づくり能力,コミュ
      ニケーション
能力,プレゼンテーション能力により問題解決能力を競う。


出場メンバーの校内募集は7月中旬頃を予定しています。