豪州高校交流プログラム
豪州高校交流プログラム 3/14~3/23  参加生徒24名

第1日 3/14(木)

 本日から10日間のオーストラリア海外研修が始まります。出国に先出ち、羽田空港にて結団式を行いました。校長、引率教員、生徒代表の決意表明の後、22時に出発、9時30分(現地時間)に無事シドニー空港に到着することができました。



第2日 3/15(金)
 
 飛行機の揺れがひどく、十分な睡眠を取れなかった生徒もいましたが、体調不良者等でることなく無事に入国が完了しました。本日はブルーマウンテン観光をした後、シドニーのホテルに向かいます。
  
    

ブルーマウンテンでは、生徒はハンバーガー、フィッシュアンドチップス、スパゲティなどを注文し、各班写真撮影などで盛り上がった後、昼食を楽しみました。
 
壮大な自然を前に、生徒からは感動の声があがっていました。明日はいよいよ現地学校訪問とホストファミリーとの対面です。

3日目 3/16(土)

 本日はホテルでの朝食バイキングの後、バスで現地学校へ向かいました。
   
 現地学校ではホストファミリーが車や徒歩で生徒を迎えに来てくれました。最初は緊張していた生徒も、ホストの方に優しく話しかけてもらい、笑顔で各家庭に向かっていきました。

 本日と明日は、生徒は各ホストファミリーと過ごす予定になっています。

第5日 3/18(月)
 本日はいよいよ現地学校での授業に参加します。生徒はそれぞれのホストファミリーに車で送迎してもらい、学校に登校しました。学校では、バディ(現地学校で相棒になってくれる生徒)からの熱烈な歓迎とプレゼント交換で盛り上がりました。モーニングティー*や昼食の時間はおしゃべりで親交を深めました。
  *午前中にある授業間の20分程度の簡単なおやつ休憩の時間
  
車での送迎。生徒は1日ぶりに会う友人たちとホームステイの話題で持ちきりでした。
  
ウェルカムパーティーの様子。生徒はおかし、ぬいぐるみ、メッセージカード等を受け取りました。
  
  
英語レッスンの時間の様子。積極的に英語で発言している生徒が目立ちました。
  
日本のアニメや漫画に興味を持っているバディもおり、多くの生徒がすぐに打ち解けることができました。 学校は3時に終了し、各ホストファミリーの送迎で下校しました。午後はそれぞれの家庭で過ごします。


第6日 3/19(火)

 本日は昨日に引き続き、英語レッスン・モーニングティー・現地授業への参加を行いました。現地授業では、生物、メンタルヘルス、ビジネスなどについて学びました。英語で高度な内容を扱っていましたが、日本で学んだ知識を生かして、理解ができた生徒もいました。
     
英語レッスンでは、英語のゲームやオーストラリアの概要について学びました。
 
放課後は、各ホストファミリーと過ごし、ショッピングモールなどで買い物などをした生徒もいました。

7日目 3/20(水)
 本日は昨日に引き続き、午前中は英語のレッスン、午後は各バディの授業に参加しました。
 
英語レッスンではオーストラリアについて学びました。疲れがたまっているようで、休憩中に仮眠を取っている生徒も多くいました。
  
数学の授業では担当の先生が日本の紹介をする時間を設けてくれ、生徒は英語で日本の学校生活について説明しました。

授業の後半には、生徒が前に立ち現地生徒からの質問に答えました。「1日の睡眠時間」「休日の日数」などについての質問があがり、盛り上がりました。明日はいよいよグループプレゼンテーション発表があります。

第8日 3/21(木)
 本日は午前中は英語の授業、午後は日本で4か月以上の準備を費やしてきた日本を紹介するプレゼンテーションを現地の小学校3年生に行いました。その後、日本から練習してきたパフォーマンス(ダンス)を現地の高校2年生に向けて、講堂で披露しました。
  
午前中の英語の授業では、オーストラリアのお菓子の試食会を行いました。英語の授業でお世話になったマリア先生にthank you メッセージとプレゼントを渡しました。
  
午後のプレゼンテーション及びパフォーマンスでは、練習の成果を発揮することができ、大変盛り上がりのあるものとなりました。現地で知り合ったバディたちと最後の別れを惜しみました。

第9日 3/22(金)
 早朝、現地でお世話になった学校を出発しました。ホストファミリー、またバディとの最後の別れを惜しみながら、シドニーへとバスで旅立ちました。本日はシドニー中心街をバスで観光しました。
   
最後の別れを惜しむ生徒たち
  
シドニー大学、ミセスマッコーリーズチェア、ボンダイビーチを訪れました。最終日は天候に恵まれ、観光を大いに楽しみました。明日はいよいよ日本に帰国の日です。

第10日 3/23(土)
 本日は朝の4時半に起床し、空港へと向かいました。フライトは予定通り進行し、成田空港には予定通り到着することができました。成田空港では、校長先生、国際部の先生、そして多くの保護者の方々に出迎えていただきました。
   
生徒代表挨拶の様子
 今回の研修では、小さなトラブルこそありましたが、生徒達は大変有意義な時間を過ごすことができました。現地で出会ったバディ、ホストファミリー、そして先生たちと過ごした時間は、生徒達にとってかけがえのないものとなりました。この経験を糧に、生徒はそれぞれが日本での生活における新たな決意を胸に秘めているように感じました。この研修を行うにあたり、本当に多くの方々のご理解、ご協力を賜りましたことを、感謝申し上げます。

海外高校交流沿革 Overseas High School Exchange History.pdf