米国高校交流プログラム
米国高校交流プログラム 3/14~3/25  参加生徒16名
第1日 3月14日(木)
平成31年度米国派遣は生徒16名(男子6名、女子10名)が参加して、引率2人とともに成田空港を飛び立ちました。

校長激励の挨拶

参加者で記念撮影

12時間の飛行を経てデトロイト空港に着きました。4時間の乗り換え時間で各自夕食を済ませニューヨークへと飛び立ちました。

現地時間3月14日23時頃にニューヨークに到着。空港からホテルまでは貸切バスで約1時間。ニューヨークの街並みをみてバス内は歓声の渦。疲れきっていた生徒の眠気も吹き飛び、バス内をシャッター音が鳴り響きました。

ホテル到着は24時頃。生徒の気持ちは最高潮です。

第2日 3月15日(金)

天候は晴れ。半袖で過ごせる程のホカホカ日和。ニューヨーク市街を散策しながら、国連ビルへ向かいました。

まず訪れたセントパトリック協会


ロックフェラーセンター

出発から2時間後、国連ビルに到着。ガイドツアーに参加し、様々な国連について説明を受けました。英語での説明に必死に耳を傾けていました。

会議室1で記念撮影。


午後はメトロポリタン美術館を訪れました。1日では回りきれない広さ、数々の素晴らしい作品が印象的でした。

夕方にはエンパイアステートビルへ。86階屋上展望台から見る夕焼けの景色は、とても美しく壮大でした。

第3日 3月16日(土)

気温は昨日とは変わり、終日厳しい寒さでした。幸いにもお日様が出て、自由の女神が綺麗に見えました。生徒の友人が来てくれて、アメリカ人と英語での交流も楽しみました。

自由の女神の前で記念撮影

午後は9.11
の歴史を聞き、跡地グランドゼロを見学しました。祈りを捧げる生徒の姿がありました。マンハッタンの景色を楽しみながら、ブルックリンブリッジを歩いて渡り、ホテルへ向かいました。

マンハッタンをバックにブルックリンブリッジで記念撮影

夜はタイムズスクエアで記念撮影後、ブロードウェイのミュージカル「オペラ座の怪人」を鑑賞しました。本格的なオペラに感動し、最後は感極まってスタンディングオベーションをキャストに送りました。


第4日 3月17日(日)
朝早くホテルを出て、空港へ。デトロイトまで2時間のフライトを終え、遂にホストファミリーとのご対面です。

メールでやり取りをしていたこともあって、ホストと抱き合う姿、握手する姿も見られました。

日米生徒恒例の記念撮影後、スーツケースを受け取り、各家庭に別れました。ホームステイの開幕です。


第5日 3月18日(月)

今日からクラークストーンでの生活が始まりました。1限は7時25分開始。緊張した表情の中、1限から4限まで日本の文化について英語でのプレゼンがスタート。パワポが映らない、動画の音が出ないアクシデントもありましたが、落ち着いて臨機応変に対応していました。笑いをとり、活動に巻き込む場面もありました。

  
午後はスクールバスに乗り、直ぐ近くのクラークストーン中学校へ。6限目でプレゼンをしました。中学校は14時40分頃放課で、各自ホストに迎えられそれぞれの家へと戻りました。
                
18時から、ホストによるポットラック(一品持ち寄りの)パーティーがホスト宅にてありました。日米の生徒同士が食卓を囲んで会話する様子や、ゲームを一緒に楽しむ様子が見られました。
                


6 319日(火)

クラークストーン高校での生活2日目。昨日と同様の日程でプレゼンをしました。
  
朝食・ランチは昨日のパーティーの残り物を美味しくいただきました。

昨日と同様スクールバスで中学へ向かいます。

米の生徒も積極的に活動に参加してくれました。
放課後15:30頃、ZAP ZONE(ゲームセンター)へ。みんなでレーザータッグを楽しみました。


日米混合で2チームに別れて戦いました。

第7日 3月20日(水)

アメリカでの生活も7日目で後半になりました。

昨日同様に5時間のプレゼンをしました。各自プレゼンの無い時間を使って、ホスト生徒と一緒に授業を受けました。どの生徒も新しい発見があって楽しかったそうです。5時間目には、全員で中学校の美術の授業に参加し、中学生との交流も楽しみました。

放課後、生徒はホストと一緒にボウリングに出かけます。
  


第8日 3月21日(木)

クラークストン高校での生活も残すところ2日。日本に帰りたくないとの声もあがってきました。生徒のプレゼンも初日に比べかなり上達を見せ、現地の生徒も楽しく参加していました。今日は各自空いている時間を使って、購買に行きました。学校のロゴ入りの、グッズがたくさん置いてありました。お昼はカフェテリアで昼食。放課後、生徒はホストと一緒に、モールに買い物に行きます。
  


第9日 3月22日(金)
朝から冷え込み、日中は雪が少し吹雪き寒い日でした。クラークストン高校への登校も最終日。全てのプレゼンが終わり、生徒はどこかホッとしている様子です。
18:00-22:00の間、ホストのBrandonさん宅でお別れ会が開かれました。生徒はイースター(復活祭)のイベントであるエッグハントを楽しんだ後、ご馳走とともに、ホスト生徒とのひとときを過ごしました。最後には各ホストから生徒へサプライズのプレゼントもあり、涙ぐむ生徒の姿もありました。
                  
        クラークストン高校のお世話になった学び舎です。
            
         クラークストン中学校の生徒と一緒に記念撮影
           
            ホストのBrandonさん宅です。
           
              日米生徒で記念撮影。

第10日 3月23日(土)

今日は学校もお休み。天気も快晴で心地よい1日で、各自ホストファミリーとの1日を過ごしました。博物館に出かけたり、ショッピングに出かけたりと、ホストファミリーとの最後の時間を楽しみました。

第11日 3月24日(日)
Clarkston高校に8:00に集合し、バスは8:30に出発です。12:45頃(日本時間の深夜1:45)Detroit空港を出発し、12時間のフライトで帰る予定です。
         
        Clarkston 高校の前でホスト生徒と最後の記念撮影。涙のお別れです。

第12日 3月25日(月)
 機体トラブルがあり、予定より3時間遅れての到着でしたが、無事帰国しました。
大きな問題もなく、体調不良者もなく最後まで元気に笑顔で過ごすことができました。 
    ▲「14:55到着予定のところ17:43に変更」と掲示(実際には17:23到着)
 生徒はホストファミリーや現地の学生たちとの交流を通して、英語のみならず言葉の壁を超えたコミュニケーション、アメリカの文化、歴史なども学ぶことができ、大変有意義な12日間となりました。
         
 出迎えにたくさんのご家族の皆様においでいただきました。年度末の平日でお忙しい中、誠にありがとうございました。
         
             ▲ 解散セレモニーの様子です。
            校長先生はじめ、先生、保護者の方々お出迎えありがとうございました。
         
             12日間大変お疲れ様でした。


海外高校交流沿革 Overseas High School Exchange History.pdf