国際交流 平成29年度
前年度までの活動は左側のメニュー欄から選んでください。

今年度の国際教育部の活動は以下にまとめてみました。

・国際交流報告会 4/10
2017/04/11

国際交流報告会

| by 千葉東1411
平成29年4月10日(月)14:15~14:45 @体育館

 最初に、米国研修(3/16~3/27)参加者16名がNY観光、クラークストン高校でのプレゼン、ホストとの交流等について流暢な英語で発表しました。続いて、豪州研修(3/16~3/25)参加者23名が現地での異文化体験やパシフィックヒルズクリスチャンスクールでのESL、プレゼン等を英語と日本を交えてわかりやすく報告しました。最後に、国際教育部長から語学研修の概要について説明がありました。
 

・学校説明会米豪研修参加者プレゼン 7/25
  第1回説明会 研修の概要説明、参加生徒によるプレゼン(米国8分、豪州2分)
  第2回説明会 研修の概要説明、参加生徒によるプレゼン(豪州8分、米国2分)

・日本ユネスコ協会連盟主催 第4回高校生カンボジアスタディーツアー 1名派遣 
 8/5~8/12
・全国高校教育模擬国連大会 2名参加 8/7~8/8
   国立オリンピック記念青少年総合センターにおいてユネスコ・アジア文化センターと全国中高教育模擬国連研究会の共催で第1回全国高校教育模擬国連大会が開催され、全国から188チームが、本校から1年生が2名参加しました。
   議題は核軍縮。参加生徒は議題と自校が大使として割り当てられた国の状況について事前リサーチを行い、課題や会議の進め方について知っていることを前提に模擬国連会議が進められました。高校生会場は3会場に分かれ、本校はB会場においてアルジェリア大使を務めました。英語と日本語で進める議長の下、各国模擬大使から任意スピーチがあったり、動議で承認を得られた作業部会において任意グループの折衝がなされたり、本格的な国際会議のようでした。今年は第1回ということで、日本語で議論がなされましたが、主催団体は近い将来英語で行うことを希望しています。

   1日目は核軍縮について決議案を提出し、その後の交流会では参加者同士和む場所もありました。2日目は修正案提出まで行きました。半年前からの準備を含め、当日の運営まで、理事校の高校生が全てを行った点は賞賛に値します。また、参加生徒の平和を希求する情熱、議題についての深い知識、そして秀でた言語能力が印象に残りました。

・国際交流新聞第30号発行 8/29
・ドイツ1カ年留学生受入 8/29
・海外高校交流プログラム説明会 8/30
・国際理解教育講演会(青年海外協力隊マラウイ共和国ルンピ県村落開発普及員と活躍
 された石井里佳様) 9/19
・BHプログラム説明会 10/4(予定)
・米国高校交流プログラム選考 10/10~10/11(予定)
・豪州高校交流プログラム選考 10/23(予定)
・JENESYS中国高校生訪日団受入 11/13(予定)
・千葉大学留学生交流会(留学生調整中) 12/18(予定)
・BHプログラム 12/24~12/26(予定)
・海外高校交流プログラム生徒保護者説明会 1/22(予定)
・米国高校交流プログラム 3/15~3/26(予定)
・豪州高校交流プログラム 3/15~3/24(予定)