緊急連絡
*緊急時には「千葉東高校緊急連絡Page」にて連絡をおこないます。
 
お知らせ

*各様式(治癒証明書・学割申請書等)は、ダウンロードのページからダウンロードできます。
*平成29年度分の日誌は「昨年度までの日誌」のページに移動しました。(H30.4.2)

*「卒業生のみなさんへ」のページに,教育実習関係の文書をアップロードしました。(H30.4.3)
 
新着情報
 

日誌

第3学年進路ガイダンス
学校案内
校長05/19 18:35
基礎教養講座第9・10回
パブリックルーム
副校長05/19 13:53
山岳部 県総体男女優勝! インターハイ出場
パブリックルーム
千葉東150105/14 11:12
基礎教養講座第7・8回
パブリックルーム
副校長05/12 08:58
マンドリン楽部第56回定期演奏会
パブリックルーム
千葉東160305/11 18:59
日誌
最近のできごと
12
2018/05/19new

基礎教養講座第9・10回

| by 副校長
 5月19日(土)基礎教養講座が行われました。今回は「⑨体育とスポーツを考える」
「⑩運動を考える」の2講座です。
  
 はじめの授業では杉山英人教授から、混同して使われている体育(Physical education)とスポーツ(Sports)について、教育、身体、文化等、様々な視点から検討し、体育(=身体教育)とはどのような教育領域なのか、またスポーツとはどのような文化領域であるのかを、体育の日がスポーツの日に変わることなども話題にして考えました。
 次に佐藤道雄教授が、専門とされる「器械運動とスポーツ運動学」の副題で、運動観察(他者観察・自己観察)とは何か、またその重要性とそこで何を見て、何を理解すればよいのかを考えました。後半では実例として、マット運動や鉄棒の動画を見ながら、いろいろな技について具体的にポイントを教えていただきました。
13:53
2018/05/14

山岳部 県総体男女優勝! インターハイ出場

| by 千葉東1501
 5月11日(金)~12日(土)、東京の奥多摩にある三ノ木戸山で千葉県高等学校総合体育大会登山大会登山競技が開催され、千葉東高校山岳部は、今年も男女ともに優勝することができました。(男子は13連覇・女子は5連覇です。)

 登山競技は、「山に登る」だけではなく、山に関する知識審査・天気図・設営・炊事・装備・読図・記録・計画書・マナーなど、多くの審査項目があり、それらの総合点を競うものです。1つのミスにも気を抜くことができない競技でもあります。

 この日のために、選手たちはたくさんの準備、努力を重ねてきました。男女とも2位の学校とは接戦でしたが、無事伝統を繋いだことに、選手たちも安堵の表情と笑顔で溢れていました。

 また、閉会式には、山岳部OB会の皆さんにも駆けつけていただきました。日々の練習活動を始めとする山岳部の様々な活動では、多くの方々にお世話になっております。この場を借りて、感謝申し上げます。
 
 今年のインターハイは、8月3日(金)~7日(火)三重県の鈴鹿山脈一帯で行われます。引き続き応援よろしくお願いします。


 
▲天気図。ラジオを聴き天気図を書きます。  ▲知識審査。山に関するペーパーテストです。
 
▲出発前に全員で見送り。伝統の光景です。 ▲B隊(選手以外の1~3年生)も登りました。
 
▲優勝旗、今年も持ち帰ってきました!     ▲月曜日、校長先生に報告をしました。

 


11:12
2018/05/12

基礎教養講座第7・8回

| by 副校長
 12日(土)基礎教養講座第第7・8回が本校音楽室で行われました。今回は揚原祥子先生に
 ⑦「ひとと音楽」⑧「ハーモニーを感じよう」の題で講義をしていただきました。
 
 「あなたはいつ、どこで、どんなふうに音楽を聴きますか?」の質問から始まり、現代の音楽の聴き方や身近にある音(西千葉駅での電車の発車の際の音?をピアノで再現していただきました!)について、また録音・再生(記録)機器の変遷から、LIVE(生)の音楽しかなかった時代までさかのぼり、楽譜により再現可能となった西洋音楽の歴史にも触れながら、「音楽とはどういうものか?」「なぜひとは歌を歌うのか?」などひとと音楽の関わりについて、様々な側面から考え、気づかせていただきました。
 後半ではみんなで「夏の思い出」を歌いながら、同じ和音でも根音や第三音を入れ変えることで変化をし、またハーモニーが変わると気分が変わることなど、「音楽がひとの心に直接働きかけること」を感じさせていただきました。
08:58
2018/05/11

マンドリン楽部第56回定期演奏会

| by 千葉東1603
5月6日(日)千葉市民会館にて、マンドリン楽部が第56回定期演奏会を行いました。

マンドリンオリジナルの楽曲の他、J-POP、千葉東高校マンドリン楽部の伝統曲である「引き潮」などを演奏し、この一年間一生懸命に練習してきた成果を披露しました。
当日はたくさんのお客様に来ていただきました。

 
 

3年生はこれが最後の大きな演奏会となります。保護者の皆様やOB・OGの皆様をはじめ、
これまで支えていただいた沢山の皆様、本当にありがとうございました。

次は文化祭で、新しいメンバーでの演奏をお届けします。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

18:59
2018/05/07

吹奏楽部定期演奏会

| by 千葉東1412
5月4日(金)千葉市民会館にて吹奏楽部が第46回定期演奏会を行いました。
当日は保護者の方、OB・OG、在校生をはじめ、多くのお客様に来ていただきました。
同窓会からは素敵な花もいただきました。

ストーリー仕立てのステージ構成や、演出などさまざまな工夫をした舞台でしたが
今後もみなさまに楽しんでもらえるような音楽を作っていきます。
 
 
17:28
2018/04/28

基礎教養講座第5・6回

| by 副校長
 28日(土)基礎教養講座第5・6回が、セミナーハウスで行われました。今回は鈴木宏子先生による「古典和歌の楽しみ方Ⅰ・Ⅱ」です。
 まず和歌のルールとして、万葉集、古今集の歌、また伊勢物語、源氏物語も題材に、枕詞・序詞・掛詞、縁語などについて学びました。
  鈴木宏子教授
 和歌は現在ではもちろん文学ですが、詠まれていた当時はコミュニケーションツールであったこと、九世紀半ばに万葉仮名からカタカナ、ひらがなが使われるようになり、一字一音の表音文字として音への意識が高まり、それが表現・技法に影響を与えていることも、楽しみながら教えていただきました。和歌から千年以上も前の日本人のものの見方や考え方、当時のくらしが見えてくるのもたいへん興味深く感じました。
 最後に、皆で「恋もするかな」を結びの決まり文句として、序詞を考えて和歌をつくってみました。【うち一句が以下】
 太陽の輝く裏で隠る星 昼間は見せぬ 恋もするかな
14:00
2018/04/27

第1回PTA理事会

| by 総務部
4月26日(木)14時より、第1回PTA理事会が開かれました。
新たに1学年理事17名の方々が加わって、初めての理事会です。
  
いくつかの質疑応答を経て、議題はすべて承認されました。
この後、PTA総会で審議されることになります。

PTA総会は、
5月24日(木)14:55~16:30、東高 会議室にて
開催予定です。
近日中に文書が生徒を通じて配付されますので
詳細はそちらでご確認ください。
この日は授業参観も実施されます。
保護者の皆様、ぜひ足をお運びください。
13:25
2018/04/23

基礎教養講座第3・4回

| by 副校長
 21日(土)基礎教養講座の第3・4回が千葉大学で行われました。今回は「心理学」とくに「教育心理学」について講義を受けました。
      大芦 治 教授
 「③心理学へのいざない」では、高校まででは科目として学んでいない心理学の入門編として、『心』とはどういうものなのかについて、錯視や記憶の例や実験をあげてわかりやすく教えていただきました。
 また後半では「④やる気を出すにはどうすればよいか」という興味深い題で、『やる気(=動機付け)を高めるために必要なものは、自分のことは自分でコントロールできているという気持ちである。』『やる気の強さはP×I(P・・主観的な成功確率、I・・魅力度、ただし、P+I=100%)で表せる』等のお話しをいただき、あっという間の180分でした。
 次回(4/28)からは、本校セミナーハウスで実施されます。
08:41
2018/04/18

テニス部 地区大会 男子団体準優勝

| by 千葉東1308

4月13、14、16日にテニス部第8地区大会が行われました。

男子団体
1回戦 シード
2回戦  市立千葉 2-0
3回戦  検見川   2-1
決勝戦 渋谷幕張 0-2

以上により準優勝で関東大会県予選への出場が決定しました。
4年連続の関東大会県予選出場です。

また、個人戦では男子シングルスで杉本君が10位で県大会出場を決めました。

  

  

  
17:38
2018/04/17

吹奏楽部中庭コンサート

| by 千葉東1412
新入生に向けて、吹奏楽部が昼休みに中庭コンサートを行いました。
曇り空の下でしたが、ベランダに出てきた生徒からノリよく手拍子をもらいながらの演奏でした。
 
16:26
12
通信制課程についてのお知らせ
通信制課程は平成18年4月に千葉大宮高等学校に移転しました。
通信制課程に入学希望の方は千葉大宮高等学校にお問い合わせ下さい。
千葉東高等学校通信制課程で卒業、在学した方の証明書は本校で扱っています。