\ 学科別紹介資料が新しくなりました /
      
      
      
 ↑クリックするとPDFが表示されます。
 

お問い合わせ

千葉県立千葉工業高等学校
〒260-0815
千葉県千葉市中央区今井町1478
TEL:043-264-6251
FAX:043-268-5524

所在地/アクセスはこちら
 

メール配信システム

 千葉工業高等学校では、災害時の連絡や重要なお知らせを、保護者の皆様に向けて、一斉メールで配信するシステムを採用しております。配布済の「メール配信システム登録の御案内」を参照して登録して下さい。
 

応急手当普及協力事業所

   

 本校は応急手当普及協力事業所であり、AEDが設置されております。場所は次の2か所です。
【1階 事務室前】
【体育館前 自販機内】
  
 
アクセス数935357
オンラインユーザー7人

(定時制の課程 機械科に関する内容も載せています。)
 
工業科 機械コースの授業紹介
令和2年度よりスタートした千葉工業高校 定時制工業科では,
1年次に工業技術基礎・情報技術基礎の授業を通して,工業の基礎を学びます。
2年次より,機械コース・電気コースに分かれ,より専門的な学習をします。
ここでは機械コースが担当する科目ごとの説明と,その授業風景を紹介します。

工業高校では実習で「ものをつくることが中心の授業をおこなっている」とのイメージを持っている方が多いかと思われますが,
実際は
座学(教室でおこなう授業)が半分以上を占めます。

「単位」とは1週間のうち,何時間授業があるかを表しています。(例:2単位=週に2校時分の授業がある)
 

機械コースで挑戦できる資格
機械コースで挑戦できる資格には,次のようなものがあります。(機械科の在校生も挑戦できます。)
リンクがあるものはクリックすると、実施団体等のページ(外部サイト)が表示されます。
 

機械コースで参加しているコンクール等
機械コースで参加しているコンクール等には,次のようなものがあります。(機械科の在校生も参加できます。)
授業(工業技術基礎・実習・課題研究)や部活動(機械研究部)で技能・技術を高め,全日制と同じように様々なコンクールに挑戦できます。
リンクがあるものはクリックすると,競技ルール等のページ(外部サイト)が表示されます。
 

機械コース・機械科 日誌

2019/10/08

【機械科】2019年度(令和元年度) 課題研究の様子⑦

| by 定時制機械科
2019年度(令和元年度) 定時制 機械科 課題研究の様子⑦です。

今回は、C班 鋳造・鍛造によるものづくりの研究
鋳造(ちゅうぞう)作業の様子を動画でご紹介します。

古代鏡製作の研究です。
鉛と銅をるつぼに入れ、火床(ほど)で加熱し、型に流し込みます。
冷え固まったものを鏡のようになるまで磨いていきます。。
(Internet Explorerをお使いの場合は、動画ページからご覧下さい。)

13:00 | 今日の出来事