所在地

〒260-0815
千葉県千葉市中央区今井町1478
TEL:043-264-6251
FAX:043-268-5524

アクセスマップはこちら
 

カウンタ

来場者数624014
 

メール配信システム

 千葉工業高等学校では、災害時の連絡や重要なお知らせを、保護者の皆様に向けて、一斉メールで配信するシステムを採用しております。配布済の「メール配信システム登録の御案内」を参照して登録して下さい。
 

オンライン状況

オンラインユーザー6人

応急手当普及協力事業所

   

 本校は応急手当普及協力事業所であり、AEDが設置されております。場所は次の2か所です。
【1階 事務室前】
【体育館前 自販機内】
  
 

理数工学科とは

 理数工学科の特徴として大きく2つあげられます。
 1つ目は、「理工系 大学進学」を目指す学科です。普通高校と同等の 「英語・数学・理科の授業時間数」の確保をし、一般入試の他,推薦入試やAO入試にも対応できる指導を丁寧に行い、進路実現を目指します。また、定期的に模擬試験 「スタディーサポート」「進研模試」を実施しています。
 工業科目では,機械・建築・電気電子・情報技術などの基礎を幅広く学び、大学進学後も即戦力となる技術の習得をします。
 2つ目は、全員 「タブレット ipad の購入」です。朝自習で利用したり、あらゆる授業でタブレットによる情報の検索や小テスト、テキストの配信、動画の配信等、様々な場面で利用します。
  
 

iPadの必要性

 千葉工業高校では、8:25~8:35 まで朝自習の時間を設定しています。
理数工学科は全員 iPad を持っていますので、朝自習はプリントではなく(他学科はプリント)、データを配信しています。担当教員が厳選した、国語、英語、数学を中心とした問題をテスト形式で配信をします。
 使用しているソフトはクラウド型学習支援システム「classi (クラッシー)」です。生徒自らクラウド上にある「Web ドリル(5教科)」を学習することもできますし、先生からのテスト配信や動画配信も見ることができます。
 また、大学進学を実現させるため、授業の補完としてクラウド型動画学習システム(某予備校と同じ) ウィングネット(5教科 有料)の受講を勧めています。受講者は、放課後 教室・図書室や自宅で勉強しています。
   
 

活動記録

理数工学科 >> 記事詳細

2019/01/26

理数工学科 産業工学研究 大学見学

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科

理数工学科「産業工学研究」は月に一度,大学や専門学校の先生に来校頂いておりますが,

1年生の9月は,大学を肌で感じる体験を行なっております。

今年度は,千葉工業大学を見学しました。

(記事の掲載が遅れ申し訳ございません。)


平成30年 9月22日(土)講義内容


(1年生・第5回)

千葉工業大学 特別講義・見学会

工学部 機械電子創成工学科 教授 関 弘和 先生

「人を支える福祉ロボット最前線」


先進工学部 未来ロボティクス学科 教授 南方 英明 先生

「エコな歩行ロボットを作ろう」


講師の先生方,入試広報課の皆様,対応ありがとうございました。

千葉工業大学 人を支える福祉ロボット最前線
エコな歩行ロボットを作ろう(1) エコな歩行ロボットを作ろう(2)
施設見学 食堂
21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項