所在地

〒260-0815
千葉県千葉市中央区今井町1478
TEL:043-264-6251
FAX:043-268-5524

アクセスマップはこちら
 

カウンタ

来場者数659937
 

メール配信システム

 千葉工業高等学校では、災害時の連絡や重要なお知らせを、保護者の皆様に向けて、一斉メールで配信するシステムを採用しております。配布済の「メール配信システム登録の御案内」を参照して登録して下さい。
 

オンライン状況

オンラインユーザー16人

応急手当普及協力事業所

   

 本校は応急手当普及協力事業所であり、AEDが設置されております。場所は次の2か所です。
【1階 事務室前】
【体育館前 自販機内】
  
 

校長あいさつ




 千葉工業高校は、蘇我駅から徒歩で20分ほどの東京湾を望む丘の上に学校があり、「お山の工業高校」と呼ばれています。全日制と定時制が併設されており、平成28年4月全日制課程に進学を重視した千葉県初の工業専門学科「理数工学科」を1クラス増設しました。現在、全日制は5学科21クラス、定時制は、2学科8クラスで構成されています。在籍生徒数は、1学年が279名、2学年が269名、3学年が271名で、全校生徒数は819名です。また、定時制の在籍生徒数は、1年次生25名、2年次生34名、3年次生20名、4年次生以上22名で、合計101名の生徒が学んでいます。本校は専門高校に属し通学区域の指定がありませんので、県内のどこからでも通学可能です。中学生の皆さん及び社会人の皆様で、工業の専門技術等に興味のある方は、工業高校で学んでみませんか?体験入学や学校説明会を行っていますので、ご参加ください。


 本校は、平成28年11月26日(土)に創立80周年記念式典を行った県内で最も古い工業系の高校で、卒業生は2万3千人を越え、良き伝統を引き継ぎ、日本全国はもとより、世界各国で工業技術者・技能者として活躍しています。創立80周年の記念品として、千工会・PTA・同窓会の御支援により、すべての教室に電子黒板機能付きのプロジェクターが設置されました。ICT(Information and Communication Technology)教育が注目を浴びる中、工業高校にふさわしい先端技術を駆使した教育環境が整っています。

 本校の特徴は、1年生から普通科目と同時に専門科目の授業があります。専門科目は、教室の授業と実習室での授業があり、ものづくりの基礎の勉強をします。実習は、5人から10人の班編制で行われます。また、部活動は、体育系と文化系のほかに、工業ならではのものとして、機械系の自動車部、機械発明創作部、旋盤競技部、電気・情報系は電気発明創作部、コンピュータ技術研究部などがあります。自動車部は1リットルで何キロメートル走行できるかを競うエコランに参加しています。また、機械発明創作部、電気発明創作部、コンピュータ技術研究部は相撲ロボットやライントレースカー、2足歩行ロボットなどのロボットを作成し、各種大会に参加しています。旋盤同好会は、ものづくりコンテスト旋盤部門に参加し、多くの賞を受賞しています。


その他の特色ある取り組みとして、平成26年度に新たに設立された「工業系高校人材育成コンソーシアム千葉」の中で産官学の連携を活用して、工業高校の活性化を図るとともに、若い技術者を育成し地元産業に有意な人材を育成するために、職員・生徒が一体となって取り組んでおります。 また、平成27年度には、文部科学省の「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」に研究指定を受け、工学的センスを持った生徒の育成に取り組みました。研究の内容は「①社会ニーズ、地域ニーズに応じた「課題研究」の実施、②クロスカリキュラムを活用した効果的な学習カリキュラムの編成と反転学習の実施、③大学・企業との連携による高度先進科学技術の学習、④外国人博士研究員や修士学生と連携したグローバル教育の充実、⑤インターンシップ・企業実習の実施」です。研究結果は報告書にまとめられています。


 本校の Web ページは、生徒・保護者・卒業生はもとより、広く中学生・県民の皆様にご覧いただけることを願い作成しています。ご覧いただいた皆様の御意見・御指導をいただき、一歩ずつ確実に歩んでいく所存です。今後とも、千葉工業高校に御支援をお願いいたします。



平成30年4月9日    

千葉県立千葉工業高等学校 

校 長  西 澤 康 男 


 
 

千葉工業高校の特色

・校訓
 自主責任(じしゅせきにん)
 勤労愛好(きんろうあいこう)
 信義礼譲(しんぎれいじょう)

・教育方針
 教育基本法の精神に基づき、高等学校普通教育及び工業技術教育を施し、将来工業界の有能な人材として活躍できる優秀な技術者を養成する。
校訓の「自主責任、勤労愛好、信義礼譲」を柱とする人間形成をめざし、文化・技術・伝統を尊重するする心を養い、心豊かなたくましい生徒を育成する。

・教育目標
(1)自ら学ぶ意欲と主体的に生きる力を培い、心身共に健康で、豊かな広い心を持った人間
   を育成する。
(2)豊かな知識と技術、創造性を身につけ、社会に貢献できる工業技術者を育成する。
(3)何事にも自ら進んでやり遂げ、そのことに責任を持つ人間を育成する。
(4)働くことを尊び、やらなければならない仕事は率先して最後までやり遂げる人間を育成
   する。
(5)責任と義務を果たし、礼儀正しく謙虚、誠実な心をもった人間を育成する。