定時制 工業科スタート

令和2年度より 定時制
工業科スタート
詳しくは こちら
 

\ 学科別紹介資料が新しくなりました /
      
      
      
 ↑クリックするとPDFが表示されます。
 

所在地

千葉県立千葉工業高等学校
〒260-0815
千葉県千葉市中央区今井町1478
TEL:043-264-6251
FAX:043-268-5524

アクセスマップはこちら
 

カウンタ

来場者数829658

メール配信システム

 千葉工業高等学校では、災害時の連絡や重要なお知らせを、保護者の皆様に向けて、一斉メールで配信するシステムを採用しております。配布済の「メール配信システム登録の御案内」を参照して登録して下さい。
 

オンライン状況

オンラインユーザー20人

応急手当普及協力事業所

   

 本校は応急手当普及協力事業所であり、AEDが設置されております。場所は次の2か所です。
【1階 事務室前】
【体育館前 自販機内】
  
 

理数工学科とは

 理数工学科の特徴として大きく2つあげられます。
 1つ目は、「理工系 大学進学」を目指す学科です。普通高校と同等の 「英語・数学・理科の授業時間数」の確保をし、一般入試の他,推薦入試やAO入試にも対応できる指導を丁寧に行い、進路実現を目指します。また、定期的に模擬試験 「スタディーサポート」「進研模試」を実施しています。
 工業科目では,機械・建築・電気電子・情報技術などの基礎を幅広く学び、大学進学後も即戦力となる技術の習得をします。
 2つ目は、全員 「タブレット ipad の購入」です。朝自習で利用したり、あらゆる授業でタブレットによる情報の検索や小テスト、テキストの配信、動画の配信等、様々な場面で利用します。
  
 

iPadの必要性

 千葉工業高校では、8:25~8:35 まで朝自習の時間を設定しています。
理数工学科は全員 iPad を持っていますので、朝自習はプリントではなく(他学科はプリント)、データを配信しています。担当教員が厳選した、国語、英語、数学を中心とした問題をテスト形式で配信をします。
 使用しているソフトはクラウド型学習支援システム「classi (クラッシー)」です。生徒自らクラウド上にある「Web ドリル(5教科)」を学習することもできますし、先生からのテスト配信や動画配信も見ることができます。
 また、大学進学を実現させるため、授業の補完としてクラウド型動画学習システム(某予備校と同じ) ウィングネット(5教科 有料)の受講を勧めています。受講者は、放課後 教室・図書室や自宅で勉強しています。
   
 

活動記録

理数工学科
12345
2020/01/02

理数工学科の教育課程について

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
理数工学科は,従前の工業科と違い,理工系大学を目指すための学科です。
千葉県の工業高校・工業科設置校で唯一の学科です。
理数工学科と他の学科の大きな違いは,教育課程です。

特に
・火曜日と水曜日に7限授業の実施(50分7マス)
・大学・専門学校の先生による講義「産業工学研究」は月に一度実施。

普通科の高校と比較すると,国語・社会・芸術の時間数が少ない分,
工業科専門科目(工業の実習など)を実施し,工業の基礎知識を学び,
進学を目指しています。
また,情報や「総合的な探求の時間」に相当する科目は,工業科専門科目に含まれています。
図の太枠・灰色の部分が工業科専門科目です。(3年間で28マス)

中学生の皆さんは,高校選びの参考にしてください。

(図の凡例)
・※は学校設定科目
(理数工学科について)
・<1年科目選択> 音楽Ⅰ・美術Ⅰのいずれかの科目を選択(2単位)
・情報の科学(2単位)は情報技術基礎で代替
・総合的な探求の時間(3単位)は課題研究で代替
なお,某高校の時間割は選択例です。参考としてください。

教育課程
↓図のPDFファイルはこちらをクリック
教育課程.pdf


22:40 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/12/29

理数工学科「ウイングネット」冬季講習と「塾と教育」掲載

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
理数工学科は,従前の工業科と違い,理工系大学を目指すための学科です。
しかし近年,私学大学定員厳格化や,大学入試制度改革など,
大学受験を取り巻く環境は大きく変化しています。

他学科や他校とは違う,理数工学科の特徴として,公立学校では珍しい,
「学校内塾」とも言える, iPadを活用した学習支援として,(株)ウイングネット
(市進教育グループ)と学校が契約し,映像授業を希望者に提供しています。

今回,12月19日・20日の2日間,ウイングネット様から講師をお招きし,
冬休みの学習方法を学びました。また,今までの復習を行ないました。

冬季講習1 冬季講習2

理数工学科の取り組みは,塾の業界紙「塾と教育」に掲載されましたので,
ここに掲載します。ぜひ御覧ください。

塾と教育

↓ここをクリック
塾と教育.pdf(『塾と教育 vol.81』2019年9月号掲載/株式会社 塾と教育社)


23:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 今日の出来事
2019/10/05

理数工学科 産業工学研究(5) ビジュアルデザインの学習

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
理数工学科「産業工学研究」は月に一度,大学や専門学校の先生に来校頂いておりますが,
夏休み,国際理工情報デザイン専門学校において,Adobe Photoshopなどプロ向けの画像処理ソフトを
活用したビジュアルデザインを学習しました。

令和元年 7月30日(火)・31日(水)
(3年生・第3・4回)

ビジュアルデザイン科 植田 勉 先生 「産業工学研究インターンシップ」

生徒感想
・良いラベルのデザインを考えるのが難しく,いつも何気なく見ているラベルも見方が変わった。
・進路選択の参考になった。
・短い時間で内容がとても詰め込まれていて授業についていくのはとても大変でしたが,
 デザインを自分たちで考えるのは楽しかったです。
・最初のペットボトルラベルの作成は色が白黒になってしまい,失敗してしまった。
 2日目のラベルのデザインの考案は,独創的のあるデザインができたと思います。

講師の先生方,対応ありがとうございました。

講義・演習1 講義・演習2
プレゼンテーション1 プレゼンテーション2



14:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/10/05

理数工学科 産業工学研究(4) 大学見学

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
理数工学科「産業工学研究」は月に一度,大学や専門学校の先生に来校頂いておりますが,
1年生の9月は,大学を肌で感じる体験を行なっております。
今年度は,千葉工業大学を見学しました。

令和元年 9月21日(土)
(1年生・第5回)

千葉工業大学 特別講義・見学会

工学部 先端材料工学科 小山 和也 先生
「みなさんのスマホ「リサイクル」してみませんか?」

生徒感想
・鉱石から金を取るのではなく,いらなくなった電子機器をリサイクルして金を取り出す方が多く手に入ると言う事を初めて知った。
 これから不要な電子機器があればリサイクルしようと思った。
・滅多に触れることのできない貴金属などの重さを実感できて面白かった。
・講義だけでなく実験があったため,授業が面白かった。

先進工学部 知能メディア工学科 森 信一郎 先生
「コンピュータの歴史 ~アナログコンピュータVSデジタルコンピュータ~」

生徒感想
・計算は私の得意分野なので,意欲的に取り組めました。 計算尺を使うのは初めてだったので慣れなかったことを考えても,
 自分は暗算派だなと思いました。
・デジタルコンピュータとアナログコンピュータそれぞれの長所短所について考えることができた。
 コンピュータの発展の歴史についての話は特に面白かった。

講師の先生方,入試広報課の皆様,対応ありがとうございました。

工学部 先端材料工学科 先進工学部 知能メディア工学科
施設見学 食堂
11:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2019/09/29

理数工学研究部 千葉大学主催 高校生理科研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
9月28日(土),理数工学研究部の生徒が,千葉大学主催「高校生理科研究発表会」に参加しました。

(発表内容)
・LEGOマインドストームを使用した宇宙エレベーターの研究

(生徒感想)
・多数の高校が集まる中,自分たちの研究内容を発表し,フィードバックをもらうことで,良い刺激になった。
・想像より多くの人が集まり,色々と知ることができました。ポスターだけでなく,
 iPadを使った拡大図や実際に作った物を使って説明しているところもあって,分かりやすかったです。
・たくさんの方々の研究に触れることができ,様々なことについて学べた。身近な疑問や専門的なことまで,
 自分たちで答えを見つける姿に感激を受けた。
・一人だけでは気がつかないような着眼点から物事を研究している方が大勢いて,
 自分でもたくさんの事を考えられるようになりたいと思いました。

残念ながら入賞はできませんでしたが,今後も継続して参加したいと思います。

高校生理科研究発表会 Webページ

部員 ポスター
17:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/09/23

宇宙エレベーターロボット競技会全国大会出場決定!(理数工学研究部)

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
宇宙エレベーターロボット競技会 全国大会出場決定!(理数工学研究部)

9月22日(日)に日本大学船橋キャンパスで行われた,
第7回宇宙エレベーターロボット競技会(主催:同実行委員会,後援:文部科学省)
関東オープンA 中高生グローバル部門において3位入賞(チーム名:Chiba-Tech.理数研)し,全国大会に出場が決定しました。
また,中高生リージョナル部門において2位(チーム名:SMS)入賞しました。

宇宙エレベーターロボット競技会とは,レゴ マインドストームを使って,宇宙エレベーターに見立てた
ロボットで課題に取り組む大会です。

理数工学研究部は,理数工学科が誕生してできた部活動です。これからの活躍に期待してください。
なお,ロボットの写真は,別会場でこれから予選大会が行われるため,秘密とさせて頂きます。


記念写真 大会ポスター
12:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2019/07/27

理数工学科 学校説明会 忘れ物(レポードパッド)

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科

学校説明会に多数,来校頂きありがとうございました。

図書室で行われました理数工学科の学校説明会で,
おそらく,中学生の保護者の物と思われる,
忘れ物(A4レポードパッド・方眼罫)がありました。
学校までご連絡ください。
16:40 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 今日の出来事
2019/07/03

理数工学研究部 千葉大学主催 国際研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科

6月29日(土),理数工学研究部の生徒が,高校生とASEAN諸国の大学院生や千葉大の留学生と英語による
研究交流を行うことを目的とした「国際研究発表会」に参加しました。
理数工学研究部や課題研究の授業で研究している内容を,工業科や英語科の指導を受けて精一杯発表しました。


(発表内容)
・カラフトフクロウの可聴周波数
・教育用デバイスを使用した軌道エレベーターの研究

(生徒感想)
・今回の発表会を通じて,自分が今までつけてきた英語力で,どの程度対人コミュニケーションできるのか知るきっかけになった。
 また,実際に海外の方と話すことができ,英語の重要さが分かった。ちょっとした単語でも海外の人は親身に聞いてくれたので嬉しかった。

・発表会当日はとても緊張しました。全ての会話が英語なので質疑応答がとても難しかったです。
 ポスター発表は特に練習していたので練習の成果を出せました。
・発表は練習通りできたが質問を聞き取ることが難しく,答えられなかったのがいくつかあった。

国際研究発表会1 国際研究発表会2

カラフトフクロウの可聴周波数  軌道エレベーターの研究


18:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2019/06/30

理数工学科 産業工学研究(3)

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
理数工学科「産業工学研究」は月に一度,大学や専門学校の先生に来校頂いておりますが,
今回3年生は,千葉職業能力開発短期大学校(ポリテクカレッジ千葉)で授業を行いました。
また,理数工学科卒業生の岡田 侑大さんが,学校生活を紹介してくれました。

令和元年 6月22日(土)
(3年生・第2回)

<4班編制の特別授業>
電子情報技術科「電磁界計算シミュレーションの世界」渡邊 正和 先生 
住居環境科「単純梁の力学実験」三好 和人 先生 松村 亮 先生
生産技術科「実践CAD実習」高橋 麗 先生 
電気エネルギー制御科「将来のエネルギー展望」川守田 聡 先生

(生徒感想)
・難しい内容も先生や先輩方がわかりやすく教えてくださりとても良い体験ができました。
・コンピュータでシミュレーション計算を行って,波の波形を見た。
  家のパソコンでは出来ないことだったし,プログラムが複雑で見てて面白いと感じました。

千葉職業能力開発短期大学校の皆様,対応ありがとうございました。

千葉職業能力開発短期大学校1 千葉職業能力開発短期大学校2
千葉職業能力開発短期大学校3 千葉職業能力開発短期大学校4
20:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2019/06/30

理数工学科 産業工学研究(2)

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
理数工学科「産業工学研究」の講義の実施にあたり,日本自動車大学校様からカスタムカー「NATS RX-STANCE」
ホンダ テクニカル カレッジ 関東様からスポーツカー「NSX」を本校に展示していただきました。

令和元年 5月25日(土)・6月22日(土)
(2年生・第1・2回)

日本自動車大学校 郷古 実 先生
「めざせグローバルエンジニア」

生徒感想
・英文として見ると日本語と違う構造をしていて複雑に見える英文だが、先生のように区分けし並べることでわかりやすく,
 英文を作れるようになった。
・英語の復習ができて良かった。わかりやすかった。車かっこよかった。

令和元年 5月25日(土)
(3年生・第1回)
ホンダ テクニカル カレッジ 関東
森岡 武 先生
夢への挑戦、そして数々の困難を乗り越えてつかんだ成功
〜 Honda Jet / F1 / ASIMO 開発の軌跡〜

・森岡先生の経歴を辿りつつ,その中でF1復帰に関することやF1に携わることによって得たことを聞けました。
 一番印象に残ったのはHonda Jetの開発です。様々な試行錯誤には本当に驚きました。
・難しい内容だったけど航空機のエンジンの仕組みや森岡先生の開発についてなど面白かった。

渥美 淑弘  先生
自動車産業を取り巻く環境
〜 すべての人に、"生活の可能性が広がる喜び"を提供する〜

生徒感想
・自動車は成熟産業ではなく成長産業であり,いまも成長しているのは努力をしている技術者方々がいるからだと気づくことができました。
 また,「自分の得意技で世の中に喜びを提供する。」という言葉に感銘しました。
・NSXを実際に見て最新のスポーツカーはすごいなと思いました。


講師としてご来校いただいた先生方,ありがとうございました。

日本自動車大学校1 
日本自動車大学校2
日本自動車大学校3 日本自動車大学校4
ホンダ テクニカル カレッジ 関東1 ホンダ テクニカル カレッジ 関東2
ホンダ テクニカル カレッジ 関東3 ホンダ テクニカル カレッジ 関東4


20:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
12345