校長挨拶

2学期の学校生活
 9月1日、始業式を行いました。児童生徒のいない学校は静かですが、さみしい感じがします。みんなの笑顔が戻り、学校も活気を取り戻しました。さて、本校の児童生徒の学校生活は3期制となっていますが、通知表の配布は、年2回となっています。そのため、児童生徒の学校での様子などは、9月末に家庭に配布いたします。
 本校の2学期は、宿泊を伴う活動があります。小学部と高等部の修学旅行と宿泊学習を実施します。友だちや先生方と楽しい思い出をたくさんつくってほしいです。また、普段経験できないことなどにもたくさん挑戦してほしいと思います。素敵な旅行等になることを願っています。
 県下の特別支援学校が参加して行う「スポーツ大会」や「駅伝大会」には、中学部と高等部の生徒が出場します。1学期から大会に向けて、練習などに取り組んできました。大会当日には、これまでの活動の成果を十二分に発揮してほしいです。みんなで応援しています。
 11月には、児童生徒、教職員が一丸となって取り組む「もくせい祭」(学校祭)があります。本校の全校行事の一つです。児童生徒会の役員が中心となって、テーマを募集し、決定もしました(もうすぐ、発表となります。とても楽しみです)。
 他には、高等部の「産業現場等における実習」があります。高等部3年生にとっては、卒業後の生活に向けて、大事な実習となります。体調等を整えて、もてる力を発揮して進路決定してほしいと思います。
 今学期も、「たくましく主体的に生きる、心豊かな児童生徒」を育てる教育に教職員一同、取り組んでいきます。よろしくお願いいたします。

                                          校長  小出 敬一
 

ログイン

お知らせ