千葉県立千葉特別支援学校の教育

1 千葉特別支援学校の教育の基本

本校の校歌に織りなす、ここ大日の地に培い伸ばしゆく「知恵の輪・夢の輪」、いそし

み広げゆく「友の輪・愛の輪」の心が本校教育の礎である。これまでに培われてきた校風

を大切に、教師自ら研修に努め、一人一人の児童生徒の適切な教育環境を整え、学校・家

庭・地域の連携を密にし、地域社会の中でよりよく生きられるよう、心身ともに調和のと

れた、たくましく主体的に活動する、心豊かな児童生徒を育成する。

2 教育目標

○たくましく主体的に活動する、心豊かな児童生徒の育成

3 めざす学校像

○児童生徒の生きる力を育み、地域・家庭に信頼され協働して、自立と社会参加を目指す学校

4 めざす児童生徒像

(1)自ら学び、自ら考え課題を解決できる児童生徒

(2)自己とともに他者を尊重し、豊かな心をもつ児童生徒

(3)健康・安全で活力ある生活を送るための健やかな体をもつ児童生徒

5 めざす教師像

(1)児童性生徒の思いに共感し、寄り添うことができる教師

(2)心豊かな人間性を育む教師

(3)自ら研修に励み、授業をとおして児童生徒の成長をうながす教師
6 経営方針

(1)基本方針

○ 学校教育目標を達成するために、全校職員の英知を結集し、教職員がチームとしての意識をもち、児童生徒及び保護者と協力して、明るく楽しい、子どものための学校づくりに努める。
○ 子ども主体の指導・支援の充実を図り、教職員が授業力を高める学校づくりに努める。

(2)経営の重点と具体的方策

①全教職員が役割を認識し、相互に信頼し合い、その教育力を発揮し、明るく楽しい学校づくりを目指す。

・教育目標を踏まえた各部、各分掌の具体的な目標の設定

・全教職員の学校課題への共通認識と自己役割の明確化

②児童生徒一人一人の良さと課題の理解に努め、自立と社会参加を目指した教育実践に取り組む。

・個別の教育支援計画及び個別の指導計画に基づいた適切な指導と評価の実施、 PDCA サイクルを機能させた授業改善の充実

・週指導計画の活用による指導・支援の充実

③キャリア教育及び移行支援を充実するとともに、卒業後の就労先や通所施設等の確保に努める。

・教職員が一丸となって取り組む進路開拓

・進路指導主事を中心とした、移行支援の充実

④学習指導要領を踏まえた各学部の教育課程と教育内容の見直しを行い、根拠に基づいた教育実践及び研究活動に全職員で取り組み、カリキュラム・マネジメントを推進する。
・学習指導要領が示す各教科等の目標や内容を基にした指導内容を設定し、求められる資質・能力の計画的、体系的な育成
・学習指導要領が示す各教科等の目標に準拠した評価の在り方の検討
・学習評価を重視したPDCAサイクルの構築及び授業改善

⑤交流及び共同学習の充実に努める。

・児童生徒に応じた居住地校交流の充実
・学校間交流の内容の工夫・改善
・障害者スポーツを通した交流内容の実践

⑥児童生徒が健康で安全に生活できる教育環境の整備と充実に努める。

・防災備蓄品の見直し及び児童生徒に応じた備蓄品の整備と安全・安心な学校づくりの推進

・児童生徒の健やかな体づくりに向け、食に関する指導と性に関する指導の充実

⑦地域や関係諸機関との連携を密にし、社会に開かれた教育課程の実現を図る。

・開かれた学校づくり委員会との連携と協同
・ホームページを活用して情報発信を行ったり、地域の人的・物的資源を活用したりして、教育目標の共有と連携

⑧センター的機能充実のため、学校公開・教育相談・地域支援・研修会・情報提供の啓発活動を推進する。
・小・中学校等と関係機関との連携及び協働の充実
・高等学校への積極的な支援
⑨働き方改革の意義を理解し、業務改善、教職員の意識改革を図る。
・スクラップアンドビルドの視点を持った行事、年間計画及び事務作業の精選、見直し、スリム化
・教職員の働き方への意識改革及び各会議や打ち合わせの持ち方等の工夫による教育活動の質の向上と総残業時間の短縮
⑩創立30周年式典等の事業及び公開授業研究会に向けた準備活動を計画的、効率的に取り組む。
・創立30周年事業実行委員会及び研究分掌を中心とした組織的な取組の推進
・明確な役割分担や具体的なスケジュール等の提示による情報共有及び協力体制の構築