学校校章    千葉県立千葉盲学校
    本校は県内唯一の視覚障害(見えない・見えにくい)に特化した特別支援学校です。
        ようこそ、本校のWebサイトへ!
 

寄宿舎紹介


正門から見た寄宿舎

教育目標

    集団生活という寄宿舎の特性を発揮し、以下の2点に重点を置く。
 1.自立する力を培う。
   ・自ら生活力の向上を目指し、課題を解決しようとする姿勢を育てる。
 2.豊かな人間関係を培う。
   ・人間関係の拡大を図り、思いやりの気持ちで接する心を育てる。

概要
 
   本校の寄宿舎は、学校から300m東に位置し、食堂などがある管理棟の南北に女子棟と男子棟があります。自宅が遠方のために通学が困難な児童・生徒はもちろん、生活力の向上などを目的とした児童・生徒など、小学生から成人までのたくさんの児童・生徒が生活しています。
 平成16年度には居室がリニューアルされました。寄宿舎から学校へは、歩行練習を兼ねて登校していますが、小学部の児童や障害を併せ持つ中・高等部の生徒は、職員と一緒に毎日登校します。高等部の生徒は、できるだけ自力で登校することをめざして、練習をします。理療科の生徒は一人で外出や買い物などにも出かけます。