千葉高ノーベル賞

 本校の総合学習の取り組み
        ~千葉高ノーベル賞~

 千葉高ノーベル賞とは,総合学習の時間に生徒ひとりひとりが自分なりにテーマを見つけ,1年生から約2年間をかけて個別に調査・研究をしてまとめたものの中から,最も優れた作品に与えられる賞です。平成15年度よりスタートした総合学習ですが,平成17年9月6日に初めての発表会が,4つの分野(人文科学・社会科学・自然科学・スポーツ芸術)に分かれて行われました。翌年から毎年,同じ時期(9月最初の総合の時間)に発表会が行われています。

              
 

令和2年度千葉高ノーベル賞受賞作品及び優秀作品

【人文科学分野】
千葉高ノーベル賞        
 日本の耳 ~「君が代」とJ-POPを通して~                        
 優秀作品 古典教育の意義       
 優秀作品 茨城県は本当に魅力が無いのか                   
【社会科学分野】
 千葉高ノーベル賞         日本にディズニーリゾートをもう一つ作るとしたら                        
 優秀作品千葉県市町村間の人口移動様態への重力モデルの適用についての応用分析                    
 優秀作品 統一したい
【自然科学分野】
 千葉高ノーベル賞         昆虫食の未来について ~昆虫に対する心理的嫌悪感を払拭する~
 優秀作品 日本でバナナを栽培する     
 優秀作品 ハビタブルゾーンについて                        
【スポーツ・芸術分野】
 千葉高ノーベル賞         電子音楽におけるグルーヴの特性
 優秀作品 「ドラゴンクエスト」におけるゲーム音楽の記号化                        
 

「千葉高ノーベル賞論叢」の発刊について


  3年間の研究成果は,毎年『千葉高校ノーベル賞論叢』という冊子にまとめられ,研究してきた3年生にはもちろんですが,全校生徒に配られています。
 以下は,令和2年度の冊子の巻頭言から抜粋したものです。

                令和2年度千葉高ノーベル賞 論叢第16集に寄せて
                         ~ 学問とその社会的意義 ~
                                                     校長 加藤 俊文 
                                                                            
 大学における講義や研究発表には、それぞれが持つ意義や目的が存在することは当然のことであるが、それを聞く人又は読む人を納得させたり、時には感動を覚えさせるにはいったい何が必要となるのだろうか。

 アメリカのイェール大学が卓越した講義を紹介しているシリーズの一冊で、シェリー・ケーガン教授による23年連続人気講義を著した”DEATH 「死」とは何か”の訳者である柴田裕之氏はそのあとがきで、著者の考える講義の目的について次のように紹介している。
「大切なのは、みなさんが自ら考えることだ。突き詰めれば、私がやろうとしているうちで最も重要なのは、死をしっかりと凝視し、私たちのほとんどがけっしてしないような形で死と向き合い、死について考えることを促すことだ」
「もしみなさんが本書の終わりに来たときに、あれやこれやの点で私に同意しなくでも、かまいはしない。・・・・・みなさんが最終的に同意するかどうかよりも大切なことがある。それは、この機会にみなさんが自分の信念を批判的に検証できたかどうか、つまり、何が真実であることが自分が望んだり、願ったり、当然と思ったりしているかだけではなく、何が実際に擁護できるかも自問することができたかどうだ」
 つまり、講義を受ける学生が既に持っている概念との批判的対話を起こすことを目的としている。講義なのだから当たり前のことながら、そこに、「聞く者の存在」があり、その先に「社会」とつながっていると言える。このことが、明確に意識されていないと独りよがりとなってしまうのだろうし、意識されていることが23年間連続の人気講義となる秘訣なのかもしれない。
 私は大学で体育・スポーツ経営学を専攻し、うろ覚えだが「スポーツ接近行動と所得の関係性について」を卒業論文のテーマとした。指導教官には「このテーマを研究した末に何かが分かったとして、意味があるのか?」という問いに上手く答えられなかったことを思い出す。そのころの私には、研究とその意義、とりわけ社会的意義にまで思いが及んでいなかったのである。

 まだ暑い8月末の「全体発表会」の一部を聞かせていただいた。それぞれの興味関心をベースにこだわりと熱意のあるプレゼンテーションに感動すら感じるものがあった。 一方で、それぞれの研究がさらに聞く者に「納得」や「腑に落ちる」という感覚を持ってもらうためのポイントは、その結果・成果が社会との関わりの中でどのような意味を持つのか、可能性を秘めているのかといった社会的意義に着目し、しっかりと表現することにある感じた。
 3年間の思いの強さがそれぞれあり、その差が優秀作品・千葉高ノーベル賞となった。自分自身がこだわりも持って取り組んだ過程や結果から学んだことが、自らの才能の開花のきっかけに、ひいては社会への貢献につなっがっていくことを期待する。
 

令和元年~平成29年度千葉高ノーベル賞受賞作品及び優秀作品

令和元年度
【人文科学分野】
 千葉高ノーベル賞         名探偵コナンについて考える探偵コナンについて考える   
ーフィクションの観点から 
                         
 優秀作品 芥川賞受賞作品と直木賞受賞作品文体の違いについて
 優秀作品 セルフハンディキャッピングと自虐風自慢
 優秀作品 ディズニープリンセス・レッスン ~ストーリー展開の変遷とアメリカ女性の社会進出との関係~
 優秀作品 楽器演奏から見る日本・西洋の「からくり人形」
【社会科学分野】
 千葉高ノーベル賞         住みやすい都市とは                          
 優秀作品
 川廻し
 優秀作品 原爆投下の正当性について
 優秀作品 近郊都市中心部の分立
 優秀作品 たべものMOTTAINAI! ~食品ロスの影響と改善策~
 優秀作品 大人になれない私たち ~法定年齢の改正から考える大人の素質とは~
【自然科学分野】
 千葉高ノーベル賞         どら焼きに合う飲み物は何か
 優秀作品 空中を走ることのできる条件を探る                          
 優秀作品 女性特有の症状・疾患について
 優秀作品 携帯会社の通信戦略
 優秀作品 きれいな声を身につける
【スポーツ・芸術分野】
 千葉高ノーベル賞         鳥獣戯画をよむ ~平安時代の動物観と擬人化~
 優秀作品 童謡「ふるさと」を主題にしたベートーヴェンの交響曲を作曲する                          
 優秀作品 音楽と美術の関係性
 優秀作品 Jリーグの応援の特異性 ~外国人選手のチャントを通して~


平成30年度
【人文科学分野】
 千葉高ノーベル賞         人肉食という文化
 優秀作品 銚子と極東新聞                          
 優秀作品 コンピュータは人の心を解するか ~自然言語処理の可能性~
 優秀作品 生きる言葉 ~生きるもの、残るもの~
 優秀作品 天皇の価値を測る
 優秀作品 宗教哲学の視点による無信仰の考察
【社会科学分野】
 千葉高ノーベル賞         医療機関の利用についての空間分析 ~千葉県市川市を例にして~
 優秀作品 若者の政治参加と主権者教育                          
 優秀作品 路線バス、公共交通機関から見る内房の現状と将来の展望
 優秀作品 千葉市における中心部の移動現象に関する考察
 有数作品 日本人にできる国際貢献
 優秀作品 オリエンテーリングで富津市活性化
【自然科学分野】
 千葉高ノーベル賞         両利きになろう
 優秀作品 フィボナッチ数が生み出す美しい形                          
 優秀作品 理想の紙飛行機
 優秀作品 死んだふり クマムシ 最強伝説
【スポーツ・芸術分野】
 千葉高ノーベル賞         知られざる人間の演奏の秘密
 優秀作品 帰納法は歌う ~分類学からアプローチする~                          
 優秀作品 音楽に国境はあるのか ~音楽が社会にもたらす力~


平成29年度
【人文科学分野】
 千葉高ノーベル賞         経済学で愛を解く
 優秀作品 関東地方の古墳から見る大和政権について                          
 優秀作品 第二の故郷に迫る
【社会科学分野】
 千葉高ノーベル賞         夏のゆるキャラとは何か
 優秀作品 JR急行を考える                          
 優秀作品 京阪電気鉄道のダイヤを考える
【自然科学分野】
 千葉高ノーベル賞         バイオミメティクス
 優秀作品 人工知能に関する研究と製作                          
 優秀作品 土壌中の硝化作用にミミズが及ぼす影響について
 優秀作品 最も怖いジェットコースターを造るためには
【スポーツ・芸術分野】
 千葉高ノーベル賞         藝術の定義への試み ~音楽を中心に~
 優秀作品 ヨーヨー・マはなぜ優れたチェリストなのか                          
 優秀作品 ブラームス 生涯と作品
 

平成28年以前の最終ノミネート作品と千葉高ノーベル賞受賞作品



        平成28年度
            最終ノミネート作品 と 千葉高ノーベル賞受賞作品(作品名の前にで表示)

                  
人文科学分野 「あなたの知らない姫路城」
          「日本神話から探る日本人の思考と文化」
 「信頼について考える」
社会科学分野  「足尾銅山の発展とその影響」
 「日本国債返還計画」
 「見つめる・見つける学校づくり」
自然科学分野 「竜巻の仕組みとその被害の検証について」
  「低カリウム 水耕栽培と食事」
スポーツ・芸術分野  「ユダヤ人画家への問い~芸術はナショナリズムを超えるのか」
 「発展途上国からパラリンピックメダリストを輩出する方法」


        平成27年度               

                    
人文科学分野 「音楽と心の関係」
 「食育ー共感性の獲得と近代の超克ー」
 「秘匿と開示 ~叙述トリックの文学的構造~」
  「千葉高校構成員の『千葉高』をめぐる認識に対する諸考察」
 「明智光秀という男」
社会科学分野 「振り込め詐欺をなくすためには」
 「平和と戦争-非対称性を架橋する身体性-」
  「英語教育 初等での導入に対する提言」
 「地図から読み解く太平洋戦争」
自然科学分野 「RSA暗号の仕組み・安全性・限界について」
  「静止摩擦係数を変化させる要因とそれに対する考察」
スポーツ・芸術分野
  「ハイドンの四重奏曲の研究」
 「Giselle 第二幕~初演時の文献による考察~」
 「行進曲『軍艦』はなぜ耳に残るのか?」
 「時代背景から見るヨーロッパ絵画の目」
 「日本の『文字』文化」


       平成26年度               

         
人文科学分野 「航空機と操縦士から見る戦争」
 「古典文学における自然現象」
 「屋号の歴史と地域社会の変遷」
 「ボランティア活動を通して高校生ができることを考える」
 「プーさんとダッフィー -競争と共存のかたち-」
社会科学分野 「ヒートアイランド現象からみた千葉市の都市計画の課題」
 「高校生でもアフィリエイトで稼ぐことは可能なのか」
  「成田闘争 -時代の狭間で揺れた農民達-」
 「産婦人科医療崩壊 -崩壊を防ぐ7つの提言-」
 「消費者にうける商品広告」
自然科学分野 「紫外線の特徴に基づく効果的な対策」
 「VOCALOIDはどこまで人間の歌声に近づけるか?」
  「燃料電池における触媒」
スポーツ・芸術分野 「マーラーの死生観 -大地の歌と交響曲第9番における「死」と「永遠なるもの」-」
  「ショパン「ピアノソナタ第3番 第1楽章」その構成と演奏方法について」
 「住みやすい家とは」


        平成25年度
           

人文科学分野 「友達」
  「コミュニケーション能力を向上させるには・・・?」
 「カフカ『訴訟』をめぐる考察」
社会科学分野 「軍医療面から見た旧日本軍の衰退」
 「監視システムの効果と課題」
 「エネルギー(発電)」
自然科学分野  「検非違使忠明」
 「ペットボトルロケットの研究」
 「Nscripterによる文章表現とプログラミング」
 「ストレスによるアサリの貝殻の模様変化の探究」
スポーツ・芸術分野  「ベートーヴェンのピアノ・ソナタ『悲愴』の独創性に対する彼の心理の分析」
 「日本民謡」
 「お絵かき      

  
     平成24年度
           

人文科学分野 「自分(心・自我)とは何か?」
 「幼児の知能発達について」
「老人ホームでのボランティア」
 「ソシュール言語学と構造主義」
社会科学分野 「『天国』と『地獄』に見るキリスト教の強さ」
 「小江戸について」
「千葉県内における鉄道運賃が高額な路線と地域の関係性」
 「邪馬台国はどこにあったか」
自然科学分野 「展開図から折り紙を見る」
 「テンセグリティ」
 「風洞実験に基づいた飛行機の開発」
スポーツ・芸術分野 「絶対音感について」
 「効率のよい泳ぎ方について」
 「速さへの挑戦」


        平成23年度
            

人文科学分野 「ボランティア」
 「古代ギリシアのポリス論」
「古典文学に見る日本の野鳥」
 「漢方」
社会科学分野 「中国の民族問題」
「スウェーデンの福祉から,日本の社会保障を考える」
 「千葉市の戦跡について-陸軍歩兵学校の石碑をめぐって-」
 「通学電車で座るには~H.V.理論から見る効率的かつスマートな座り方~」
自然科学分野 「宇宙の誕生」
 「C言語によるシューティング・ゲームプログラミング」
 「身近な数学」
スポーツ・芸術分野 「民族音楽」
 「水泳の高速化」
 「ハロウィン~ローリー・ストロードの青春~」


        平成22年度               

          
人文科学分野 「欧州・中国・日本の『シンデレラ』」
 「『源氏物語』における愛のかたち -『宇治十帖』をめぐって」
「音楽が拓く”グローバリズム”の可能性~フジ子・へミングに導かれて~」
 「選択肢の心理学」
社会科学分野 「スウェーデンと日本の財政と福祉」
「総合学習の意義とは」
 「『女人禁制』について」
 「少年法厳罰化の考察」
自然科学分野 「クモの力をヒトの力に」
「錯視から見た書の成立」
 「天体の位置計算」
 「弾幕という表現方法」
スポーツ・芸術分野 「ロボットアニメにおける”萌え”と搭乗型ロボットの変遷」
 「モーツァルト効果」
 「ブラームス『交響曲第一番ハ短調』における序奏部の効果とそれに関連する考察」
「大相撲の仕組みと人気低迷・諸問題から考える未来」

       平成21年度                

          
人文科学分野「ヒーロー化による惰性的な生からの脱却を考える」
 「平安時代の貴族女性の生活について」<結婚編>
 「実に不可思議なる漢字」
 「故郷」
社会科学分野 「何故江戸幕府は滅亡したのか」
 「夢と睡眠」
 「姫路城とそれに関係する人物について」
「名字の地域性と地名との関係」
自然科学分野「セイヨウタンポポとカントウタンポポ」
 「脳とひらめき」
 「系外惑星探査」
 「黄金比」
芸術分野 「調性崩壊からの現代音楽への流れ」
「一枚の絵、アクアリウム」
 「腹話術の歴史と技術」

        平成20年度
            

人文科学分野 「生活の中に手話を ~優しいこころを育てよう~」
 「歴史と私達とのつながり ~太田實中将を通して~」
社会科学分野 「見たい夢を見るための研究」
 「使いやすいキッチンについて」
「裁判員制度 ~陪審・参審と違う日本の司法参加制~」
 「迫害と殺戮のユダヤ人」
自然科学分野 「ウェーブマシンとの闘い」
 「クオリアと意識について」
「プロジェクト コケ X」
 「多重振り子の解析」
芸術分野 「ポロネーズ第5番(ショパン作曲)演奏」
「フィガロの結婚『恋とはどんなものかしら』独唱」

       
                  平成19年度
           

人文科学分野 「空の境界」・・・作品分析から自己と世界について考察
 「宇宙の「外側」なるものについて考察する」
 「差異から考える」・・・精神の世界、主観の世界の中にあらわれる差異」
   「いじめをなくすために今、私達が出来ること」
社会科学分野 「男らしさ・女らしさとその環境要因」
 「死海文書について」・・・キリスト教と聖書とのつながり
   「日本が戦争を始めた理由」
 「関ヶ原~東の共通点、西の共通点」
自然科学分野「メキシコサラマンダーの生活における諸文献との差異」
 「地球温暖化について」
 「ロボットとヒトにおける運動能力の長所と短所」
 「三峡ダムにおける問題点」
 「航空機について」
芸術分野 最終ノミネート作品なし

   
             平成18年度
            

人文科学分野 「昭和史再考」・・・東条英機を例として
 「漫画の神様・・・手塚治虫の言葉」
 「自然・宗教と人間の関係」
社会科学分野「現代社会と日本文化から考える児童虐待」
 「千葉県の県民性・地域性について」
 「パレスチナ問題」
自然科学分野「カエデの果実の形態に関する研究」
 「勝浦の海洋生物について」
 「メダカにおけるBPAの影響」
 「常微分方程式とその物理的応用」
芸術分野「イタリア歌曲の独唱(一人語り)」
 「お菓子作りの調理理論」
 「バッハの音楽」


 

千葉中のWebページへ


 
COUNTER15579
 次のQRコードを読み取るとスマートフォン等で本校のWebサイトをご覧いただけます。              
 携帯用サイトになってしまい見づらい場合は、携帯用サイトの左下方にある次のアイコンをタップしてください。