Copyright (c)  All Rights Reserved.
 
banner1
 

お知らせ

「ホーム」TOP画面に、新着情報(リンク)とクイックメニューを掲載しました。
 

卒業生数

◆ 卒業生数*(H31.3.8現在)
  家政科  3,535名
  普通科 13,262名
  体育科  1,856名
  合 計 18,653名
*上記の数は千葉県立八千代高等学校(昭和41年4月独立)の卒業生数です。総卒業生数は、千葉県立佐倉第二高等学校大和田分校(昭和27年4月から)、千葉県立佐倉東高校大和田分校(昭和36年4月から)、同校八千代校舎(昭和37年4月から)の卒業生数が加わります。

◆ 草創期の卒業生数
 佐倉第二高等学校大和田分校
 佐倉東高校大和田分校
 普通科(定)87名 
 〈S31.3~S35.3まで〉
 短期家庭科(定)116名 
 〈S34.3~S37.3まで〉
 

アクセスカウンタ

トータル164437

学校公式HPのQRコード

携帯用QRコード
 

千葉県防災ポータル他

 〇 非常時の情報収集に便利です
・「web171」「j-anpi」は、web上で安否確認が出来るサイトです
・「八千代市防災ブログ」や公式Twitterも参考に御利用ください

 *予告なく変更になっている場合があります
 

受動喫煙が危ない 禁煙教育 1学年

 1学年は、11/8(木)禁煙教育について学校医の粟飯原 靖司 先生から御講話をいただきました。
 「タバコに関する不都合な真実 ~大人になってもタバコは吸わない!~」をテーマに、生活習慣としてこれまで喫煙文化が一般化してきたものの、喫煙者本人だけではなく、なんと喫煙者の着用している服からも発がん性物質が揮発している、実はとんでもない危険性を持った物であることが分かりました。
 目を背けてはいけない真実に、多くの生徒が啓発されました。
 粟飯原先生は、八千代市・あいはら歯科医院の院長のかたわら、昨年度までは八千代市歯科医師会会長に就かれ、現在も千葉県警察嘱託歯科医として検死業務やタバコ問題を考える会・千葉(TMKC)教育部講師として県内各校で禁煙教育を実践されています。
 粟飯原先生のホームページと当日配布された資料を掲示します。

 ▶ あいはら歯科医院ホームページ
 
 ▼ 禁煙教育-タバコと健康.pdf
 

食育(朝食)のアンケートを実施しました(6/29)

 本格的な夏に向かって、自己の健康管理の目的も含めアンケートを実施ました。朝ご飯をきちんと摂っいてるかを回答する簡単なものですが、全県で実施しますので本校のデータも気になるところです。
さて、文部科学省で作成された「早寝早起き朝ごはん」中高生等向け普及啓発資料及び指導者用資料を掲示します。
生活リズムが乱れやすい環境にある中高生を中心とした子供の生活習慣づくりに関する普及啓発のため、最新の科学的知見を踏まえた普及啓発資料及び指導者用資料です。ご参考にしてください。
 ▶早寝早起き朝ご飯ー生徒向け資料.pdf
 ▶早寝早起き朝ご飯ー指導者資料.pdf
 

集団検診終了 競技力向上・学力向上に欠かせない歯科衛生

 先週の眼科・耳鼻科検診で年度始めの集団検診が終了しました。所見のあった生徒は、受診後に保健室へ報告をお願いします。
 歯科検診では、1・3年生が歯科衛生士さんからの指導がありました。中には、歯垢で糸ようじも入らない生徒がいたそうです。
 歯の健康は、集中力の低下から学力や競技力の低下につながると、歯科医の先生から御注意をいただきましたので、御家庭でも御留意ください。その内容をまとめた保健だよりを掲載します。 
 ▶保健だより-歯科検診.pdf
 

スマート・サイクルちば 八千代警察署&風紀委員会

 スマート・サイクルちば 八千代警察署&風紀委員会
  自転車マナーアップデー
  平成30年5月14日(月)8:00~ 登校時間
 〇
登校時間にチラシやグッズを配布し、自転車利用のマナーアップを呼びかけます。特に、本校の正門前や近くの道路は交通量が多いにもかかわらず、道路は狭く歩行者にも注意しなければなりません。自転車を利用している生徒さんは、交通安全に心がけてください。
「スマート・サイクルちば」の画像検索結果


◀ 風紀委員会の生徒たちもチラシやグッズの配布に協力してくれました。










◀ 八千代署の方からは、風紀委員会の生徒への感謝と「自転車は生活に欠かせないものだからこそ、安全に注意してください。」の言葉をいただきました。
 

ネットトラブル防止 春の一斉行動行動キャンペーンのポスター

 便利なインターネットですが、ツイッターやブログなどSNSでの個人情報の流出や、些細な内容ながら不適切な言葉による「炎上」が問題となっています。
 御家庭でも身近な話題に取り上げるなど、御配慮と御指導をお願いいたします。