Copyright (c)  All Rights Reserved.
 
banner1
 

お知らせ

「ホーム」TOP画面に、新着情報(リンク)とクイックメニューを掲載しました。
 

卒業生数

◆ 卒業生数*(H31.3.8現在)
  家政科  3,535名
  普通科 13,262名
  体育科  1,856名
  合 計 18,653名
*上記の数は千葉県立八千代高等学校(昭和41年4月独立)の卒業生数です。総卒業生数は、千葉県立佐倉第二高等学校大和田分校(昭和27年4月から)、千葉県立佐倉東高校大和田分校(昭和36年4月から)、同校八千代校舎(昭和37年4月から)の卒業生数が加わります。

◆ 草創期の卒業生数
 佐倉第二高等学校大和田分校
 佐倉東高校大和田分校
 普通科(定)87名 
 〈S31.3~S35.3まで〉
 短期家庭科(定)116名 
 〈S34.3~S37.3まで〉
 

アクセスカウンタ

トータル107735

学校公式HPのQRコード

携帯用QRコード
 

千葉県防災ポータル他

 〇 非常時の情報収集に便利です
・「web171」「j-anpi」は、web上で安否確認が出来るサイトです
・「八千代市防災ブログ」や公式Twitterも参考に御利用ください

 *予告なく変更になっている場合があります
 

カリキュラムの特色とポイント

 各教科の科目の設定は、入学年度や学科、履修する学年、コース選択によって変わり卒業までの履修単位も異なります。ガイダンスなどで詳しい説明がありますが、「教育課程表」で確認してください。また、使用する教科書や副教材等も異なりますので、教科担当の先生などに必ず確認してください。

〇 普通科のポイント
 ・1年次は、芸術科目で「音楽」「美術」「書道」の選択があり、2年次も同科目の選択となります。
 ・2年次は、大学での学びを想定し、大きく分けて理系と文系に分かれます。なお、大学入試改革が始まりましたので、国公立の大学志望に限らず、今後のガイダンスや大学の情報に留意してください。
 ・3年次は、各自の進路希望に応じて、国公立文系・理系、私立文系・理系の4つのコースに分かれます。また、さらに深く学びたい生徒のために「日本史特講」や「数学研究」など学校設定科目が用意されています。
 *2年次の1学期と2学期に希望調査があります。大学の学部選択や大学院での専攻分野の選択も大切ですが、大学を卒業した後の進路について、早い段階から考えておきたいと思います。

〇 家政科のポイント
 ・大きく分けると、フードデザイン(調理・栄養)とファッションデザイン、保育や福祉の分野に分かれます。
 ・「被服製作技術検定4~1級」「食物調理技術検定4~1級」の取得を目標に、専門知識と実技を磨きます。
 ・2年次に、各自の希望で調理系と被服系の選択があります。また、多様な職業について学ぶ「生活産業基礎」という科目もあります。
 ・3年次には、「子どもの発達と保育」という科目も入り、幼児教育や福祉分野の学習も加わります。
 *家政科には、代々続く全員加入の「家庭クラブ」が設定されており、ボランティア活動も含めた実践的な活動に取り組みます。

〇 体育科のポイント
 ・1年次から、各自の得意とする専門種目の競技力向上を目指せるよう、またスポーツ指導者となるよう「スポーツⅠ~Ⅵ」や「スポーツ総合演習」「スポーツ専攻」があります。
 ・3年次には、いわゆる『卒業研究(卒論)』の公開研究発表会があり、長期間にわたる調査や実験、文献調査に基づいた研究報告書を発行します。大学での学びを想定した学修です。
 ・また、3年次に4単位分の選択があり、「日本史B(4)」、又は「生物研究(2)」と「スポーツ指導実践研究(2)」、「数学α(2)」と「スポーツⅡ(2)」の科目を選択します。*( )の数値は単位数
 ・野外実習が必須であり、1年次はキャンプ実習、2年次にはスキー実習、そして3年次には遠泳実習に取り組んでいます。何れも、普段にない体験から深く学ぶプログラムが用意されています。

【教科書購入について】
 教科書は、前年度に必要冊数を報告し、その冊数だけ学校に届きます。余分はありません。普通科の場合、自ら選択したコースに必要な教科書が正しく選択されているか、十分確認してください。

【海外での学習と留学制度について】
 学校では、グローバル社会に向けて、EU連合の大使や外務省大使館勤務経験者、著名ジャーナリストの講演会などを開催し、また、カナダでの「海外短期留学」を特別活動として実施しています。部活動では、ドイツ・オランダ遠征や世界大会に出場した選手もいます。高校や大学での学びを活かし世界で活躍する卒業生を輩出しています。
 高校では、海外の正規学校に1年間学んだ場合、その実績を当該学年の修得単位として評価する制度があります。
 たとえば、2年次に1年間、海外の高校に編入し、帰国後は本校の3年生に進級、本校を卒業できるシステムです。これまで、アメリカやオーストラリア、イタリアなどに留学し、帰国後、本校を卒業した例や、海外の高校に転校した例があります。留学を許可するための手続きがありますので、早めに相談してください。
 

カリキュラム