校章千葉県立若松高等学校
〒264-0021 千葉県千葉市若葉区若松町429
TEL 043-232-5171  
FAX 043-234-1260
 
ようこそ 若松高等学校のホームページへ!

当ホームページは,千葉県立若松高等学校公式ホームページです。
コンテンツに用いられている画像や文の著作権は本校にあり,転載を禁じます。
 

お知らせ

国際交流事業
ニュージランドのローガンパーク高校と姉妹提携を結び、短期留学と長期留学の制度があります。

〇短期留学
 夏休みに2週間の留学。事前指導として、1ヶ月かけて、英会話、ニュージランドの文化や生活、日本文化の紹介プレゼン等の指導を英語科職員が中心に行います。ニュージランドでは、オタゴ大学のランゲージセンターで語学研修も受けることができます。ローガンパーク高校では、本校の生徒1人1人にバディーがついて、留学のホローをしてくれます。生活は、ニュージランドの家庭にホームステイです。地域の小学校と交流会もあります。令和元年度は、8人参加しています。


留学後の報告です(文化祭にて)
 


〇長期留学
1年生の3学期、1月から2年生の2学期、12月までの1年間の留学になります。平成30年は、2人留学しています。
留学先は、ニュージーランド・ダニーデンにあるローガンパーク高校です。

以下は2017年の様子です。

 

 

 


平成27年度分のそれをまとめたページはこちらになります。
https://www.chiba-c.ed.jp/chb-wakamatsu-h/27ryugakunew.html

留学後「サザンクロス」という冊子をつくっています

平成28年度以降は下記の記事を参照して下さい

 

留学の様子

長期留学・短期留学 >> 記事詳細

2018/07/27

2018年短期留学②

Tweet ThisSend to Facebook | by Palais-peninsule

7月25日(水) 8日目 午前はUOLC 午後はLPHS
 
今日は随分と冷え込み、現地のスタッフによれば、これがNZの冬だよと言っていました。
しかしながら、雪は年に数回で積もることはないようで、UOLCやLPHSはしっかりと寒さ対策がしてあるので、全く問題はありません。
 
昨日とほぼ同じ日程でした。
生徒からは残り数日の滞在を惜しむ声もあれば、早く帰りたいという声もあります。
UOLC、LPHSのどちらの授業も楽しいようですが、生活面に慣れるのに時間が必要なようです。
特に食事やシャワーのことなど、今までの日本の生活が恵まれていることを実感しているようです。
本当に日本食が恋しいようで、日本に帰ったらあれが食べたい、これが食べたいと話しています。
しかし、ダニーデンには本当に多くの日本食の店があり、スーパーにも日本食が置いてあります。
 
午前のUOLCの授業は、少人数ということもあり、とても和やかで楽しい雰囲気でした。
最初の頃と比べると、だいぶ英語だけで進む授業に慣れてきたようでした。

 
午後はLPHSでバディと一緒に授業を受けてきました。
1年生のある生徒は、英語で微積の授業を受けてきました。
「ついて行くのが大変だったけど、バディも真剣に取り組んでいるから頑張ろうと思った。英語でバディに助けを求めたりして、必死だったけど楽しかった、もっと学びたい。」と笑顔でとても楽しそうに話してくれました。
 
何かを学ぶ時に、その内容の理解は必ずしも日本語である必要はないのかもしれません。
英語を学ぶ短期留学ではあるものの、学ぶということや何かを知るということを
改めて、体験的に学んでいるようでした。
 
また、バディとだいぶコミュニケーションが取れてきているようで、LPHSからの帰り道は、自分のバディ自慢?紹介?で盛り上がっていました。
UOLCでホストを待つ間は、週末に何しようかと相談したりしていました。

 
明日も今日と同じ日程の予定です。
午前の授業は、現地先住民族のマウリについて学ぶ予定で生徒たちは楽しみにしていました。
 
 
7月26日(木) 9日目 午前はUOLC 午後はLPHS
 
少し1年生のリーダーが体調を崩してる気味なくらいで、他は問題ありません。
ほとんどの家庭が、やはり夜が寒いようです。
生徒の半数が、オークランドのホテル泊が楽しみで、バスタブに浸かりたいと言っています。
やはり、湯水のごとくと言う表現がある文化の出身は、ニュージランドの生活は大変なようです。
 
日程としては昨日と全く同じです。
午前の授業は、マオリの歴史やハカについての講義と実際にYoutubeを見たりしました。
私個人はとても興味深いものでしたが、生徒たちはやや何ともという感じでした。
こちらのESLの授業は、少人数(最大でも12人程度?)で、視覚的教材を使うことが普通のようです。
教員にもよりますが、ほとんどの教員はPCを使って授業をするそうで、ホワイトボードを使っての板書や、それをノートテイクするような講義形式は少ないようです。
ここでの授業は、英語を聞いて、話すとことに重点を置いていることがはっきりしています。
今回、若松の生徒を担当してくれる教員は、多くの日本人を教えてきた経験があり、日本人はペーパーワークとの相性がいいと思っているようでした。
 
マオリ学習の後は、ペアで、1人が絵を説明して、もう1人がそれを完成させるものでした。
生徒は楽しそうに取り組んでおり、表現方法などの分からないことを積極的に質問していました。
とても明るい雰囲気での授業で、気付けば90分休憩なしに取り組んでいました。
また、休憩中はUOLCの横にあるカフェへみんなで買い物を楽しんだりしていました。
最初は紙のお金(NZドル)の使い方が分からない、不安と言っていた生徒は、今では慣れた様子で買い物ができるまでに成長しました。
 
午後は、LPHSへ行きました。
今日が最後の授業だと伝えると、バディに会えなくなるのを寂しがっていました。
授業後には、どの生徒もバディとたくさん写真を撮ったと楽しそうにしていました。
 
さらに、1人の1年生の男子生徒は、英語で数学を学んだことがきっかけで、
数学が楽しい、LPHSでもっと学びたい、長期留学をしようか真剣に考え始めました。
この留学を通して、この留学中に、世界観が大きく変わって行く瞬間がありました。
そのような友達と話しながら、1年生の女子生徒も長期留学を考え始めたようでした。

 
明日は、1日、UOLCでESLを受ける予定で、こちらでの最後の英語の授業となります。


7月27日(金) 10日目

1日、UOLCでAnnの授業を受けました。
いくつかの英語の映画を鑑賞しました。
Annによると、英語の初学者にとって、話が簡単な映画を見ることは良いようで
生徒たちにとって、母語を介さずに楽しむことが大切だそうです。


生徒たちはとてもリラックスしていました。
もっと授業を受けたいと言う生徒もいれば、もう帰りたいと言う生徒もいましたが、一様に、英語を聞き取る力はついてきたようです。
全員、最後の授業を楽しんでいたようです。

30日は、午後はLPHSでさよなら会を行い、オークランドへ向かいます。


 |報告によると、留学生が、ホストのために、おせんべいを焼きました。
 |すると、オーブンから煙が出て、火災報知器が鳴るという騒ぎがあったそうです。
 |誰も怪我をせず、何も壊れずにすんだということです。
 |
 |7月31日は帰国日です。
 |様々な思いを持って日本に戻ってくることでしょう。

 


 



09:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)