クリックでトップページへ戻ります
 

令和5年度入学者選抜の評価方法

令和5年度入学者選抜の評価方法を掲載いたしました。
評価方法はこちら↓

入学者選抜情報 - 千葉県立泉高等学校 (chiba-c.ed.jp)
 

NEWS & TOPICS

令和4年度 NEWS & TOPICS >> 記事詳細

2022/07/08

サッカー部新チーム始動!

| by chb-izumi-h
ミーティングの一部抜粋になります!
新チーム、ここからまた積み重ねていきます!


新泉高校サッカー部 ミーティング

1.スローガン

  「一体感 ~楽しむ、成長する~ 」
まずはサッカーを楽しむこと。どんどんチャレンジし、ひたむきに取り組むことを楽しむ。チャレンジをした先にサッカー選手としての成長が待っている。
また、選手、スタッフ全員が「泉高校サッカー部」の看板を背負っている、チームの一員である自覚をもち、考え、行動しよう。自分ひとりの問題ではない。誰かのためにピッチ内外で行動できるように。人として大きく成長しよう。このチームのゴールは「最高の仲間に恵まれた」と言えるようになることです。最高の仲間との思い出を楽しもう。

 

ルール作り
「チームの約束事を消化することで、犯してしまったことが許されるわけではない。」

→信頼を失った分は、失敗したその瞬間から取り返す必要がある。

 

① 遅刻、欠席 全員そろってはじめて一体感。一番信頼を失う行為です。

 バディとともにサイドライン間をダッシュ。遅刻は5本、無断欠席は10本。

 やむを得ず欠席する場合は前日までに顧問に直接言う。

 当日体調不良になった場合に限り、集合時間30分前までにグループLINEに連絡をいれる。

 

② バディルール
    のダッシュやアップメニューにおいて常にパートナーとなり、お互いの信頼・責任を預け合う存在。

 

・ビブスの番号が同じ者がバディーとして、ボールも同じ数字の者を管理する。(写真参照)

→ビブス、ボールの番号を統一することで道具の管理を徹底する!

・簡単に自分に負けて休む・遅刻や寝坊をしたら、パートナーは基礎練を含めた2人組を行う事が困難。

(正当な理由、所定の手続きを踏んだ欠席に関しては先生が臨時パートナーです。

→自分という存在がいかに影響を与えるかの自覚作り

 

「 設定理由 」

この新チームの最大の弱点は、寝坊や遅刻といった自分を甘やかしてしまう傾向があること。

また、その行為がチームに迷惑をかけているという認識が薄い。

みんなが揃った時の一体感や雰囲気は素晴らしいものがある分余計に勿体無い。

それを解消すべく、最小単位のグループ。2人組による道具の管理の徹底、また、起こしたミスで仲間(バディ)にまで影響を及ぼす事を理解してもらいたい。

自分のためには頑張れなくても、仲間のためにチームのために頑張れる選手を育んでいきたい。




17:38