千葉県立津田沼高等学校
                                    校長室の窓
since 2013.4.30
 

アクセスカウンタ

トータル17852

携帯サイト

 

H29/7/24 お知らせ

夏休み中です
 

コラム

コラム >> 記事詳細

2013/11/11

No.31 ひとは失敗を経験することによって成長する 

Tweet ThisSend to Facebook | by tsudanuma-h

 生徒が失敗しそうになるたびに教師が「だめ、だめ、危ないよ」と手を貸してやったりすると、いつまでたっても生徒は成長できません。まして「こうすれば失敗しないよ」と事前にあれこれ教えるなんてのは、生徒の成長を抑えつけるようなものです。
 「老婆心切」という言葉があります。その意味は必要以上に世話を焼くことです。「老婆心」は老女が子や孫をいつくしむ心、転じて過度の親切、「切」は切実です。先回りをして親切に面倒をみてあげると、生徒はどんどん指示待ち人間になっていきます。
 生徒を主体的に活動できるようにするには、ときには教師の忍耐力と優しさに裏打ちされた厳しさが必要です。生徒が自分で考え行動する力を身につけるには、ときには辛い思いをしながらも、自ら乗り越える経験をすることが大切です。
 「小慈は大慈を妨ぐ」といいます。「失敗してもいいから、とにかく自分の頭で考えてやってごらん」といって子どもたちを大きく育てましょう。それが生徒の自信につながり、明日への活力になります。
 
Be curious, be innovative, and be reflective. Try your best and never give up until the very end. 


 


15:39
No.1 About learning English☆
 I'm writing about learning English today. Before I begin we will take a look at some of the common questions that often arise when talking about learning the English language, and more importantly, learning it as a foreign language.
 So, the first question must be ... "Why do we need to learn English?" Of course one of the reasons why we need to be able to speak English nowadays is because the world is becoming smaller. Thanks to the internet and our developing global economy, more and more people are using English as a common way to communicate with each other.
 So now it has become unavoidable that companies and large businesses will need to employ people, who can speak more than their own native language, that is where English comes in. It is now officially considered as an international language.

 Be curious, be innovative, and be reflective. Try your best and never give up until the very end.