千葉県立津田沼高等学校
                                    校長室の窓
since 2013.4.30
 

アクセスカウンタ

トータル17853

携帯サイト

 

H29/7/24 お知らせ

夏休み中です
 

コラム

コラム >> 記事詳細

2014/04/18

No.39 異文化理解

Tweet ThisSend to Facebook | by tsudanuma-h
 異文化理解は、時におもしろいけれども、誤解の原因になることもあります。
 中国では、結婚後に住む家を男性が準備するのが当たり前だそうです。これにびっくりした日本の若者が「どうしてそうなのか」と聞くと、今度はその質問に中国の若者が驚いたそうです。中国においてはあまりに当たり前のことなので、相手が疑問を持つ理由が分からないということらしいのです。
 一方、日本人ほど頻繁に「すみません」という言葉を連発する民族はいません。どうしてこうなったのか、外国人に説明するのは至難の業です。
 「自分の意見を堂々と述べさえすれば、誰でも納得させられる」的な言動をときどき耳にします。なぜなら自分は絶対に正しいと思っているからでしょう。しかし、自分にとってあまりに当たり前のことであっても世界ではそうではないことも多いですよ。自戒したいものです。
 
Be curious, be innovative, and be reflective. Try your best and never give up until the very end. 
 
 

09:56
No.1 About learning English☆
 I'm writing about learning English today. Before I begin we will take a look at some of the common questions that often arise when talking about learning the English language, and more importantly, learning it as a foreign language.
 So, the first question must be ... "Why do we need to learn English?" Of course one of the reasons why we need to be able to speak English nowadays is because the world is becoming smaller. Thanks to the internet and our developing global economy, more and more people are using English as a common way to communicate with each other.
 So now it has become unavoidable that companies and large businesses will need to employ people, who can speak more than their own native language, that is where English comes in. It is now officially considered as an international language.

 Be curious, be innovative, and be reflective. Try your best and never give up until the very end.