千葉県立津田沼高等学校
                                    校長室の窓
since 2013.4.30
 

アクセスカウンタ

トータル17838

携帯サイト

 

コラム

コラム >> 記事詳細

2013/11/27

No.32 自分の頭で考える

Tweet ThisSend to Facebook | by tsudanuma-h
 高校にとって最重要のステークホルダー(利害関係者)は生徒です。生徒の今だけでなく大学受験だけでもなく将来にとって最良を考えた教育をすべきです。
 暗記だけの知識はすぐに忘れて役立たなくなります。仕事に必要な知識や技能は刻々と変化し、今の即戦力はすぐに陳腐化してしまうかもしれません。
 生徒に身につけてほしいのは、どんなに社会が変化してもそのもとで有能であり続ける力です。すなわち、課題を見極め、仮説を立て、客観的な方法で検証し、結論を導く力。つまり、自分の頭で考えることです。
 もう一つは、グローバル化への対応です。言語や文化的背景の異なる人々とコミュニケーションをとるには、外国語と同時に、論理の力と異文化に接し自らを相対化していくことが大切です。
 社会に出ると、環境の変化に柔軟に適応し、目の前の課題を自ら判断して解決していく能力が求められます。そのため、生徒・学生のうちに自分の限界を決めつけてしまわず、できるだけたくさんの経験を積むことで、将来の自分の可能性につながる「基礎人生力」をつけておくとよいと思います。

Be curious, be innovative, and be reflective. Try your best and never give up until the very end. 
14:32
No.1 About learning English☆
 I'm writing about learning English today. Before I begin we will take a look at some of the common questions that often arise when talking about learning the English language, and more importantly, learning it as a foreign language.
 So, the first question must be ... "Why do we need to learn English?" Of course one of the reasons why we need to be able to speak English nowadays is because the world is becoming smaller. Thanks to the internet and our developing global economy, more and more people are using English as a common way to communicate with each other.
 So now it has become unavoidable that companies and large businesses will need to employ people, who can speak more than their own native language, that is where English comes in. It is now officially considered as an international language.

 Be curious, be innovative, and be reflective. Try your best and never give up until the very end.