いじめ防止基本方針

学校いじめ防止基本方針

千葉県立柏高等学校

いじめの防止等のための対策に関する基本的な方針を以下のように定める。

(目的)全ての生徒が、安心して学校生活を送り、様々な活動に取り組むことができるよう、いじめの防止と対処等について定め、いじめのない学校づくりを進めるとともに、いじめの根絶を目指す。

(定義)この基本方針においていじめとは、生徒に対して、当該生徒が在籍する学校に在籍している等当該生徒等と一定の人的関係にある他の生徒等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった生徒が心身の苦痛を感じているものをいう。例えば次のようなものがある。

・冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる。
・仲間はずれ、集団に無視される。
・軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりする。
・ひどくぶつかられたり、叩かれたり、蹴られたりする。
・金品をたかられる。
・金品を隠されたり、盗まれたり、壊されたり、捨てられたりする。
・いつも買い物をさせられたり、多くの荷物を持たされたりする。
・嫌なことや恥ずかしいこと、危険なことをされたり、させられたりする。
・パソコンや携帯電話等で、誹謗中傷や嫌なことをされる等

 

1 いじめについての基本的な考え方は、次のとおりである。

(学校)学校の教育活動全般を通じて、全ての生徒に「いじめは決して許されない」ことの理解を促し、豊かな道徳心を育むとともに、自己の存在と他人の存在を等しく認め、お互いの人格を尊重し合える態度を育成する。
 また、いじめを未然に防ぐための方策を行うとともに、いじめの早期発見に取り組み、生徒、保護者の意見を取り入れ教育相談体制を整えるなどいじめを訴えやすい環境を整える。

また、学年集会、LHR、学校便り、PTA常任理事会や「いのちを大切にするキャンペーン」等でいじめ防止の啓発を日常的に行う。

なお、いじめの案件が生じた場合には、速やかに対応し、被害者の心情等を考慮し、正確な説明を丁寧に行う。重大な案件においては関係機関と連携するなど、適切に対応する。

(生徒)いじめは、決して許されないことを理解し、お互いの人格を尊重する。いじめの事案があった場合は必ず相談する。いじめを訴えることは正義に基づいた勇気ある行動であることと認識し、他人がいじめられていると認められる場合にも放置せずに必ず通告する。

(教職員)いじめのない学校を目指して、日々の教育活動を行う。わかる授業の展開に努め、自己有用感、充実感を得られるような活動を進める。また、日頃からささいな兆候を見逃さず、早い段階から的確に関わりを持つなど、全教職員の共通理解のもと早期発見並びに事態の把握に努める。

2 学校におけるいじめの防止・早期発見・対処等、組織的な対応及び措置を実効的に行うため、「いじめ対策委員会」(以下、委員会とする)を置く。

(委員会構成)委員会は、次の構成から成る。

生徒指導主事、生徒指導部職員、学年主任、養護教諭、(スクールカウンセラー)

(事務局)委員会が日常的な業務を行うため、事務局を定める。事務局の構成は、次のとおりとする。ただし、必要に応じて職員を加えることができる。

生徒指導主事、生徒指導部職員

(緊急会議)いじめの疑いに係る情報があったときには緊急会議を開くものとし、委員会の構成員のほか、当該事案に係る教員を加えて開催する。

(業 務)委員会は、学校が組織的にいじめの問題に対応するため、次のことを行う。

(1)いじめに関する取組の実施及び年間計画の作成・実行・検証等

(2)いじめの相談・通報窓口との連携

(3)いじめの疑いに関する情報や児童生徒の問題行動などに係る情報の収集と記録、共有

(4)いじめの疑いがあった場合の会議の招集

(相談窓口)いじめ相談・通報窓口として保健厚生部の職員を配置し、生徒・保護者に向けて周知を図るとともに、相談・通報があった場合には、情報共有を図り、速やかに対応する。

3 学校におけるいじめ防止等の措置を、次のように講じる。

(いじめ防止)いじめの未然防止を図り、いじめのない学校づくりを目指す。

(1)生徒が心の通じ合うコミュニケーション能力を育み、規律正しい態度で授業や行事に主体的に参加できるような授業づくりや集団づくりを進める。

(2)わかる授業の展開に努め、生徒の自己存在感や自己有用感を高める授業づくりを進める。

(3)教職員の体罰や不適切な発言など、いじめを助長する要因となる事柄を排除するとともに、暴力や暴言のない雰囲気づくりに努める。

(4)競争意識を必要以上に高めたり、極端な勝利至上主義など、必要以上に生徒のストレスを高めないように努めるとともに、ストレスに適切に対処できる力を育む。

(5)生徒会活動など、生徒の自発的な活動を推進する。

 

(早期発見)いじめの早期発見に努め、迅速に対応する。

(1)いじめは、大人が目に付きにくい場所で行われたり、悪ふざけを装って行われるなど、大人が気付きにくく判断が難しいことも想定されることを認識し、ささいな兆候であっても、早くから生徒と的確に関わりを持つ。特に、授業時以外の人間関係を定期的に観察する。

(2)日頃から生徒の観察を行い、信頼関係の構築等に努め、生徒の変化や危険信号を見落とさない。

(3)定期的に生徒と面談を実施し、いじめの兆候等について把握に努める。

(4)生徒対象のアンケートを、毎年7月に1回実施する。また、保護者に対してもアンケートを実施し、これらアンケートの調査結果や分析に基づいた対応を行うとともに学校評価項目に加えて評価する。

 

4 いじめ事案が発生した場合には、次のように対応する。

(事実確認)事実関係を被害者・加害者等に対して行い、緊急会議を開き、調査結果について、被害生徒と保護者、加害生徒と保護者に迅速に情報提供する。

(被害者対応)いじめの被害者の心情を考慮し、スクールカウンセラーとの相談を実施したり、安心して学校に通えるよう学校との連絡体制を整える等配慮する。特に、被害者を徹底して守ることを本人・保護者に伝えるなど、保護者への支援や今後の対応も含めて丁寧に対応する。

(加害者対応)加害者に対しては、特別指導も視野に入れて、適切な指導を行うとともに被害者や通報者に精神的圧力がかかることを防止するよう連絡を密にとる。保護者に対しては事実確認と指導及び今後の支援について丁寧な説明を正確に行い、被害生徒の心情を説明し、被害生徒に圧力等がかからないよう監督を依頼する。また、いじめが行われている際に、傍観者の立場をとっている生徒についても必要な指導を行う。

なお、加害者や周辺の生徒に対する聞き取りに関しては、次の点に留意する。

(1)必ず複数の職員で対応し、暴言や威圧的態度等不適切な聴取を行わない。

(2)聴取時間の長期化や食事・休息の時間について配慮をし、聴取場所も他の生徒との接触等に配慮する。

(3)記録は正確に行い、手書きとワープロのものを保存する。

(犯罪的事案)いじめの内容に犯罪性が認められる場合には、緊急会議を経て、学校安全保健課への報告と警察等関係機関と連携を密に行う。

(重大事案)国のいじめ防止対策推進法で定める重大事案とは次のものをいう。

(1)いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき

(2)いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき

 

5 その他

(1)この基本方針は、毎年度見直しを行う。

(2)この基本方針は、学校のホームページで公開する。