異常事態発生時の授業措置

異常事態発生時の授業措置

 異常事態とは、気象状況や交通機関の支障により安全に通学することが困難な事態を示す。

(1)午前6時の時点で、JR総武線及び京成電鉄本線の両方が不通の場合には、自宅待機とする。
(2)午前6時の時点で、JR総武線または京成電鉄本線のどちらかが不通で、さらに東武鉄道野田
           線、新京成電鉄、東京メトロ東西線、JR京葉線、JR武蔵野線のうち1線以上が不通の場合
           、自宅待機とする。
(3)午前6時から始業時間(午前8時30分)までに、(1)または(2)で示した状況になった
           場合は、原則として自宅待機とする。ただし、この時点で登校の途中にある場合、またはすで
           に登校している場合には、安全に十分に配慮した行動をとる。
(4)午前10時の時点で、(1)または(2)で示した状況が解消されない場合は、臨時休校と
           する。また、この時点までに(1)または(2)で示した状況が解消された場合には、始業を
            遅らせて授業を行う。
(5)(1)または(2)に記載された以外の交通機関の運行に支障が生じた場合は、平常通り授業
            を行う。