〒273-0046 千葉県 船橋市 上山町 3-507
   TEL    : 047-439-5811
   FAX    : 047-438-9948
   E-mail : funabashi-sh@chiba-c.ed.jp
 

学校概要

1 名 称  千葉県立船橋特別支援学校

2 校 長  國井 光男

3 所在地 〒273-0046 千葉県船橋市上山町 3-507

4 校地・校舎
  校地面積  16,526.00㎡
  校舎面積   5,347.09㎡
 

学校経営方針

1 学校教育目標
(1)教育目標
         『より、元気に 豊かに 主体的に』
   元 気 に :健康安全、日常生活の指導・支援、自立活動・体育活動の充実、心身の活性化、
          医ケアの充実、自然や季節に応じた環境づくり
   豊 か に :豊かな心(感激・感動・感謝・笑顔・友だちや仲間への思い等)、やさしさ、
          コミュニケーション力の向上と実践、道徳的判断力
   主体的に:自ら成長しようとする力、自分から自分で取り組む思い・力、個別の教育支援
        計画、個別の指導計画の充実・実践及び、PDCAを生かした改善・工夫
(2)めざす子ども像
   元気で豊かな心をもち、主体的に学び取り組み、たくましく生きる子ども

2 学校経営方針
  ○児童・教職員ともに安全で健康的で、元気と笑顔が溢れる学校生活づくりに努める。
  ○『すべては子どもたちのために』の思いのもとに、児童一人ひとりのさらなる成長を期
   して、すべての教職員が思いと力を合わせて、学校運営に取り組む。
  ○教職員の専門性の向上及び実践力・実行力のより一層の強化を図り、それらを結集して
   よりたくましい学校力を培う。
  ○地域との連携及び地域への支援により積極的に努めて、信頼と互恵の関係を深めつつ、
   地域とともに特別支援教育の充実発展に尽力する。
  ○伝統を引き継ぎつつ、進取の精神をもって創意工夫に努めながら、新たな学校づくりを
   めざす。

3 本年度の努力目標
  ○児童一人ひとりを大切にした丁寧な指導・支援及び保護者との信頼関係の深化
  ○子どもたちのより豊かな教育活動及び学校生活づくり
  ○摂食指導の実施及び歯と口の健康の促進
  ○医師、看護師、保護者との連携に基づく医療的ケアの実践とより一層の充実
  ○研究活動のより一層の推進~授業力の向上をめざして※『ミニ公開研』の実施
  ○地域支援のより一層の充実・推進
   *「からだ」「きこえ」(聴覚)に加えて「見え方」(視覚)の支援も
  ○行政機関や専門機関等と連携に基づいた学校力のさらなる向上
  ○新たな学校づくり~伝統を受け継ぎつつ、創立40周年記念都年に向けて
  ○船橋夏見特別支援学校とのより一層の有機的な交流(子どもたち)及び連携(教職員・
   PTA)※法典小学校との交流の推進も
  ○教職員一人ひとりが心身ともに元気に生き生きと取り組み、日々、楽しみや意欲をもっ
   て持てる良さと力を発揮できる職場づくり
 

校歌

千葉県立 船橋特別支援学校 校歌

                      作詞:鈴木 公子
                      作曲:檜垣 美恵

海へ出よう 白い船に乗って
友だちと一緒に 海へ出よう
ワン ツー スリー
青い青い 海原(うなばら)
夢をさがそう
夢をさがそう

虹をわたろう 大空かけめぐり
友だちとかたくみ 虹をわたろう
ワン ツー スリー
なないろの かいだん
しあわせつかもう
しあわせつかもう

まちを歩こう 車いすにのって
友だちとうたおう 声をあわせて
ワン ツー スリー
みどりいろの そよかぜ
あくしゅをしよう
あくしゅをしよう
 

校章

校章の由来
船橋の「ふ」と初雪の寒さにもめげずに咲く花、船橋市の花でもある「さざんか」をかたどって、障害と共存して、強く美しく生きる子どもの顔にデザイン化したものである。
(昭和55年制定)