今週の予定

【全日制】 
6月21日(水) 夏休み技能講習申込み受付(昼休み)
22日(木) LHR(1・2年:文化祭) 通学路清掃(3年)
23日(金) 情報技術検定

【定時制】 
6月20日(火) 夏休み技能講習申込み受付締切
21日(水) 定通野球大会
22日(木) 定通野球大会
23日(金) 定通野球大会(予備日)
 

カウンタ

来場者数351326
 

メール配信システム

 千葉工業高等学校では、災害時の連絡や重要なお知らせを、保護者の皆様に向けて、一斉メールで配信するシステムを採用しております。配布済の「メール配信システム登録の御案内」を参照して登録して下さい。
 

所在地

住所:千葉県千葉市中央区今井町1478
〒260-0815
TEL:043-264-6251
FAX:043-268-5524

アクセスマップはこちら
 

オンライン状況

オンラインユーザー9人

応急手当普及協力事業所

   
     本校は応急手当普及
     協力事業所であり
     AEDが設置されております
     場所は次の2か所です
   【1階 事務室前】
  【体育館前 自販機内】
  
 

理数工学科とは

 理数工学科の特徴として大きく2つあげられます。
 1つ目は、「理工系 大学進学」を目指す学科です。普通高校と同等の 「英語・数学・理科の授業時間数」の確保をし、一般入試の他,推薦入試やAO入試にも対応できる指導を丁寧に行い、進路実現を目指します。また、定期的に模擬試験 「スタディーサポート」「進研模試」を実施しています。
 工業科目では,機械・建築・電気電子・情報技術などの基礎を幅広く学び、大学進学後も即戦力となる技術の習得をします。
 2つ目は、全員 「タブレット ipad の購入」です。朝自習で利用したり、あらゆる授業でタブレットによる情報の検索や小テスト、テキストの配信、動画の配信等、様々な場面で利用します。
  
 

iPadの必要性

 千葉工業高校では、8:25~8:35 まで朝自習の時間を設定しています。
理数工学科は全員 iPad を持っていますので、朝自習はプリントではなく(他学科はプリント)、データを配信しています。担当教員が厳選した、国語、英語、数学を中心とした問題をテスト形式で配信をします。
 使用しているソフトはクラウド型学習支援システム「classi (クラッシー)」です。生徒自らクラウド上にある「Web ドリル(5教科)」を学習することもできますし、先生からのテスト配信や動画配信も見ることができます。
 また、大学進学を実現させるため、授業の補完としてクラウド型動画学習システム(某予備校と同じ) ウィングネット(5教科 有料)の受講を勧めています。受講者は、放課後 教室・図書室や自宅で勉強しています。
   
 

活動記録

理数工学科
12345
2017/05/27

産業工学研究 1回目(2年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
今年度初めての産業工学研究です。2年生のメインは「英語」になります。
今日は日本自動車大学校の英語教授の郷古先生にお越し頂きました。
先生は、世界を股に掛け活躍されパスポートを何冊も持っています。また、英語に関する本を何冊も出版されています。
今回と次回で「めざせグローバルエンジニア」を勉強します。今日は、楽しく英文を作ろう!と題して、いろいろな品詞(名詞、形容詞、動詞、副詞、現在分詞、過去分詞など)の色分けされた、たくさんのカードから英文を作る作業をしました。
たくさんのカードから英文を作るのは、なかなか難しそうでした。慣れてくると英作文が作れるようになりました。
        
13:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/05/26

工場見学(2年生)に行きました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
2学年全体は「工場見学」の日で、理数工学科2年生は、楽しみにしていた茨城県つくば市にある「JAXA(筑波宇宙センター)」に行きました。「宇宙兄弟」に出てくる場所です!
バスで学校からJAXAに行きました。着いてから、見学ツアーの受付をします。さすがセキュリティが厳しく身分証の提示があります。
受付を済ませてから「JAXA]についてのビデオを見ました。その後バスで移動し「きぼう 運用管制室」や「宇宙飛行士養成エリア」を見ました。スケールの大きさにビックリです!最後に展示館「スペースドーム」も見ました。お土産の自動販売機に興味津々です。
見学終了後バスで「筑波エキスポセンター」に移動し、昼食・見学をして帰ってきました。
とても楽しい1日でした。
           
15:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/05/02

スポーツテスト

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
スポーツテストを全校生徒で一斉に実施しました。
50m走、立ち幅跳び、ハンドボール投げなどの計測を行いました。
全力で取り組み、生徒たちは昨年度の記録と比べ一喜一憂していました。

   
15:53 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/04/27

2年生 コンピュータの実習です。

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
毎週木曜日の1~3限は「実習」です。
 コンピュータ室で、Excelの使い方について学習しました。セルに数値を打ち込む基本的な表づくりから、マクロVBAを使った表計算まで、幅広い使い方を学びました。
 「VBA」とは、Excelに備わっている拡張機能の一つであり、これを使うことによってほぼ無限大の関数計算をすることが可能です。複雑なプログラムゆえに扱いが難しく、ほとんどの生徒がVBAどころかExcel自体を初めて扱ったので授業では苦戦している生徒が多く見られました。
     
16:57 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/04/24

1年生「産業工学研究」が始まりました

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科

1年生の「産業工学研究」の授業が始まりました。授業は、月1回、土曜日の午前中に行われます。
第1回目は
千葉工業大学の先川原正浩先生と、本校の卒業生で元京葉工業校長の渡邊裕治先生に来ていただきました。
先川原先生から『ロボットと共生する社会』、渡邊先生からは『大学進学』のお話でした。
工学の面白さ、ものづくりの楽しさを感じることができました。

  


13:33 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/04/21

1年生「工業技術基礎」

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
1年生の「工業技術基礎」が始まりました。
電圧の大きさと、回路に流れる電流の大きさを調べ、オームの法則が成り立つ事を確かめました。
 
13:58 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/03/22

「コンピュータ室」完成しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
遂にコンピュータ室が完成しました。4月から2年生が実習で使います。
今日はお披露目でLHRの時間を使って、小惑星探査機「イトカワ」の映像を見ました。
  
14:28 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/03/08

今日は「卒業式」です。

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
今日は「卒業式」がありました。理数工学科は1年生だけなので先輩はいませんが、2年後、理数工学科で初めての卒業生となります。そして全員が希望する進路に決まるといいですね。

12:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/02/25

「産業工学研究 最終回」です。

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
いよいよ産業工学研究も最終回(10回目)になりました。
今回は「ものつくり大学」の先生にお越し頂きました。
題名は「コンピュータを活用した人間社会」で携帯電話の歴史やアンテナの仕組みなど身近にある工業製品について詳しくお話をされ勉強になりました。
また、「3Dプリンター」で作った「IOT」がデザインされたキュービックを全員に配布してくれました。
初めて3Dプリンターで作られた物を手で触って感動しました。

全10回の「産業工学研究」は、将来工業人となる生徒にはとても役立つ授業でした。
     
12:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/02/21

「情報技術基礎」の授業2

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日制理数工学科
 ICT教育の一環として、「LEGO MINDSTORM(レゴ マインドストーム)」を使ったプログラム実習を行いました。
LEGO MINDSTORMは、レゴブロックにプログラム動作を付け足した物で、C言語などの詳しい知識が無くても、フローチャート方式なのでで直感的に数値を打ち込むことができ、楽しくプログラムを学ぶことが出来ます。授業では、チームごとに決められたコースを自分でプログラムしたレゴで走らせ、どのチームが正確かつ早くゴールできるかを競いました。
 理数工学科ではC言語の基礎をすでに習っていますが、今回の授業でより一層プログラムの原理と活用について理解を深められたと思います。
     
12:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345